ニュース
» 2009年09月25日 08時59分 UPDATE

パスワード窃盗ビジネスの実態、McAfeeが報告書で解説

オンラインバンキングなどの普及に伴い、パスワード窃盗は犯罪者にとって魅力的なビジネスとなっている。

[ITmedia]

 セキュリティ企業の米McAfeeは、オンラインバンキングなどのパスワードを盗み出すマルウェアの実態についてまとめた報告書を発表した。

 McAfeeによると、オンラインバンキングやクレジットカードによるネット決済の普及に伴い、銀行などのパスワードを盗み出すことは犯罪者にとって魅力的なビジネスとなり、トロイの木馬などのマルウェアを使って情報を盗み出す手口が世界中で横行している。

 パスワードを盗み出すマルウェアは2007年から2008年にかけて400%近い増加を記録した。請求書や配達通知などを装ったメールに不正なPDFファイルを添付したり、正規のWebサイトをハッキングして不正コードを仕込んだりする手口で感染を広げているという。

 報告書では、実際に出回っているZbot、Sinowal、Steam Stealerといったマルウェアの技術や仕組みを分析。銀行側がセキュリティを強化してもすぐに追いつかれてしまう実態や、犯罪組織が盗んだ情報を転売して利益を上げている実態について解説している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -