ニュース
» 2009年09月28日 07時00分 UPDATE

Google、「世界を変えるアイデア」への投票を開始

Googleが設立10周年記念に開始した「できるだけ多くの人を助け、世界を変える」アイデアコンテストで、一般ユーザーによる投票が始まった。

[ITmedia]

 米Googleは9月24日、「世界を変えるアイデア」を募る10100プロジェクトのユーザー投票を開始した。

 このプロジェクトは昨年、Googleが設立10周年に合わせて開始した。「できるだけ多くの人を助け、世界を変える」アイデアを募集し、優れたアイデアは同社が1000万ドルを掛けて実行するというものだ。

 同社は当初、今年1月にユーザー投票を実施し、その後で諮問委員会による選考で最大5つのアイデアを選ぶ予定だった。しかし15万件を超える応募があったため、Google社内でのレビューに時間がかかり、投票の開始が遅れたという。

 同社は似たアイデアをまとめて、16の候補に絞り込んだ。政府の透明性を高める、アフリカの学生に質のよい教育を提供するといったテーマが選ばれた。ユーザーはProject 10100のサイトで、実現したいアイデアに投票できる。投票期間は2週間。

関連キーワード

アイデア(発想) | Google | コンテスト


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -