ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2009年10月06日 09時18分 UPDATE

Hotmailの数千のアカウント情報が流出、フィッシング詐欺が原因か

Microsoftは流出先のサイトにアカウント情報の削除を求め、被害に遭ったユーザーにアカウント情報の変更を呼び掛けている。

[ITmedia]

 米Microsoftは10月5日、先週末に数千のWindows Live Hotmailアカウント情報がサードパーティーのWebサイトに流出したことを明らかにした。同社はこの流出をフィッシング詐欺によるものとしている。

 Microsoftは該当するWebサイトに対してすぐに情報の削除を求め、原因究明に当たったという。その結果、原因はMicrosoftのデータにはないことが分かり、現在Hotmailユーザーがアカウントのコントロールを取り戻すための作業を行っているとしている。

 同社はHotmailユーザーに対し、フィッシング詐欺に遭わないようメールの添付ファイルやリンクをクリックするときには十分注意し、セキュリティソフトを常に更新するよう注意を促している。またフィッシング詐欺に遭った場合は、すぐにアカウント情報とパスワードを変更するよう呼び掛けている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.