ニュース
» 2009年10月09日 07時00分 UPDATE

東芝がNetbookシェア1位に 国内メーカー初

BCNの調査によると、Netbookのメーカー別販売台数シェアで、東芝が国内メーカーで初めて首位に立った。

[ITmedia]
photo

 BCNの調査によると、Netbookのメーカー別販売台数シェアで、国内メーカーとして初めて東芝が首位に立った。

 9月28〜10月4日の販売台数シェアは、東芝が前週比1.6ポイント増の16.7%、台湾ASUSTek Computerが同0.4ポイント増の15.9%、日本エイサーが同3.3ポイント減の13.7%だった。

 東芝が4月に発売したNetbook「PAUX23JNL」の売れ行きが好調な一方、ASUSやエイサーの売り上げが鈍化。「日本メーカーはNetbook市場に遅れて参入したが、徐々に上位に食い込み始め、日本エイサーやASUSのシェアを圧迫している」という。

 Netbookの機種別販売台数シェアは、東芝の「PAUX23JNL」がトップ(12.6%)で、ソニーの「VPCW119XJ」(6.7%)、富士通の「FMVLMD15」(6.4%)と、国内メーカーの製品がトップ3を占めた。

順位 メーカー名 機種名 台数シェア
1 東芝 PAUX23JNL 12.6
2 ソニー VPCW119XJ 6.7
3 富士通 FMVLMD15 6.4
4 NEC BL300/TA6 5.8
5 日本エイサー AOD250-B_83 5.0
6 シャープ PC-Z1 4.5
7 ASUS EPC1000HE-X 3.9
8 日本エイサー AOD250-B_83F 3.6
9 東芝 PAUX24JNS 3.3
10 工人舎 PM1_X16SA 3.2

photo

 ノートPC全体のうちNetbookの販売台数・金額構成比率は、台数シェアで27.1%、金額シェアで13.9%。台数、金額構成比ともに最もシェアが大きかった今年6月に比べ、販売台数で5.6ポイント、金額で2.9ポイント減少している。

関連キーワード

Netbook | 東芝 | 販売台数 | Acer | ASUS


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -