ニュース
» 2009年10月16日 15時39分 UPDATE

自作イラストを3Dキャラに スク・エニ「PARTYCASTLE」オープンβ開始

スクウェア・エニックスは、ユーザーが描いた人型のキャラクターを3DCGにして動かせるサービス「PARTYCASTLE」のオープンβテストを始めた。

[ITmedia]
photo 「PARTYCASTLE」公式ページ

 あなたの描いたイラストが3DCGに――スクウェア・エニックスは10月16日、自分で描いた人型のキャラクターイラストを3DCG化し、仮想空間内で動かせるコミュニティーサービス「PARTYCASTLE」(パーティキャッスル)のオープンβテストを始めた。

 専用のクライアントソフトをインストールして利用するサービス。顔などのパーツごとに2Dのイラストを用意し、3D変換用のフォームに貼り付けて微調整すれば3Dモデルを作成できる。


photo 頭身やバストサイズ、髪型や服装を変えて、オリジナルの3DCGを作れる
photo
photo

 頭身やバストサイズ、ウエストサイズなど体型は、スライダー型の調整ツールでプレビューを見ながら設定可能。顔、髪型や服装などのパーツは、自分で作れるほか、同社が用意したものやほかのユーザーが作ったものを利用できる。

photo 仮想空間ではアバターを動かしたり、ほかのユーザーとチャットをしたりできる

 作成した3DCGでポーズを取って写真を撮って公開し、ほかのユーザーから評価やコメントをもらったり、仮想空間内でアバターとして使い、チャットをしたり、ジェスチャーでコミュニケーションすることも可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -