ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「仮想世界」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「仮想世界」に関する情報が集まったページです。

BIM:
BIMで歴史的木造建造物の軸部材を仮組みする手法を開発、安藤ハザマら
安藤ハザマとアールテックは、大正時代に建てられた木造歴史的建造物の柱材補修をする前に、採用されていた軸部材のBIMモデルを利用し、仮想空間上で仮組みを構築する手法を開発した。(2021/6/16)

製造業を革新するデジタルツインを実現:
PR:製造業のDXには何が必要なのか
3Dスキャン技術を使って設計・製造データをデジタル化し、仮想空間で組み立て検証などを行うデジタルツインを中心に、製造業でもDXが加速している。だが、その第一歩でつまずいてしまう例が多い。ハードル解消のポイントは何か。(2021/6/4)

進化する仮想空間活用 歌舞伎公演やショッピング 技術革新で未来の基盤に
新型コロナウイルス感染拡大で大規模な集客が困難になる中、イベントなどでの仮想空間の活用が本格化している。5G通信の登場を背景に、通信各社のサービスでは実際の劇場や街並みを仮想空間に再現。買い物や参加者同士の交流の機会につなげている。(2021/5/25)

進化する仮想空間活用 歌舞伎公演やショッピング IT技術革新で未来の基盤に
新型コロナウイルス感染拡大で大規模な集客が困難になる中、イベントなどでの仮想空間の活用が本格化している。通信各社のサービスでは実際の劇場や街並みを仮想空間に再現し、参加者同士が交流することも可能。(2021/5/24)

ANAが仮想旅行アプリ 2022年に世界提供、需要喚起へ
ANAが仮想空間での旅行体験を提供するサービスを2022年に開始すると発表。”仮想旅行”を実際の旅行需要の喚起につなげ、コロナ禍後に本業の航空事業回復に結びつけるという。(2021/5/21)

「バーチャル渋谷」に「原宿」追加 VR空間で店舗や音楽イベントを展開
KDDIなどは、仮想空間を使った渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」を拡張し、新エリア「原宿」を5月25日に公開すると発表した。VR空間内にショッピング可能な店舗を設置する他、音楽イベントなども開催するとしている。(2021/5/10)

製造業を革新するデジタルツインを実現
製造業のDXには何が必要なのか
3Dスキャン技術を使って設計・製造データをデジタル化し、仮想空間で組み立て検証などを行うデジタルツインを中心に、製造業でもDXが加速している。だが、その第一歩でつまずいてしまう例が多い。ハードル解消のポイントは何か。(2021/5/10)

現実を超える仮想空間の「分身」 自分に代わり仕事、未来も予測
 (2021/4/19)

メカ設計ニュース:
NVIDIAがリアルタイム3D設計コラボ基盤「Omniverse Enterprise」を発表
NVIDIAはユーザーイベント「GTC 2021」において、複数の3Dアプリケーションを使い分けて作業する地理的に分散した3D設計チームが、それぞれの場所にいながら共有の仮想空間内でリアルタイムなコラボレーションを実現できるプラットフォーム「NVIDIA Omniverse Enterprise」の一般提供を開始すると発表した。(2021/4/14)

DNP、実在の公共施設をVR空間に再現する事業「PARALLEL CITY」をスタート
大日本印刷が、VR技術を活用して仮想空間に実在の公園などの公共施設を再現する事業「PARALLEL CITY」を始める。現実の施設が持つ機能を拡張し、生活者に新しい価値を提供して地域創生につなげる。(2021/3/23)

仮想都市と人流をAIでシミュレート 5G基地局や自動運転ルートの検討に活用 KDDIらが開発へ
KDDIが、AIを活用し、実在の街を模した仮想都市や人流を作り出す「次世代型都市シミュレーター」を開発すると発表。人が移動する時間や手段を可視化でき、5G基地局の配置場所や自動運転車が走行するルートの検討などに役立つという。(2021/3/19)

三菱地所が「バーチャル丸の内」公開へ VRイベントの場として提供
三菱地所が、丸の内を再現したバーチャル空間を2月21日にオープンする。まずはVRで再現した丸の内ビルのイベントスペースを公開。仮想空間上で行うイベントやカンファレンスの場として提供する。(2021/1/20)

メカ設計ニュース:
仮想世界で共同作業できるプラットフォームのオープンβ開始
NVIDIAは、オープンでクラウドネイティブなプラットフォーム「NVIDIA Omniverse」のオープンβを開始した。NVIDIAのWebサイトから直接ダウンロードでき、NVIDIA RTX対応GPUで実行できる。(2021/1/8)

“VR松屋”でアルバイトの研修 仮想空間で調理、接客、トラブル対応など学ぶ
牛丼チェーン「松屋」での接客を体験できるVRコンテンツが登場。松屋でのアルバイトスタッフの教育を効率化する狙い。受講者がVR空間で、牛丼などの調理やトラブル対応を体験できる。(2020/12/22)

サンリオピューロランドでMR(複合現実)アトラクション ハローキティやシナモロールの仮想世界を体験
かわいい。(2020/12/16)

仮想空間「バーチャル渋谷」でクリスマスイベント、12月20日から スクランブル交差点に巨大ツリーなど
KDDIが渋谷区公認の仮想空間「バーチャル渋谷」を使ったクリスマスイベント「バーチャル渋谷 au 5G X’mas」を開催すると発表した。開催期間は12月20日から12月25日まで。仮想空間内にクリスマスツリーやイルミネーションなどのフォトスポットを設置する。(2020/12/8)

「バーチャルメイド喫茶」誕生 「あっとほぉ〜むカフェ」が運営
メイド喫茶「あっとほぉ〜むカフェ」の運営元が、バーチャル空間にメイドカフェをオープン。メイドと利用者が互いにアバターを使い、仮想空間で会話やゲームなどを行う。(2020/11/20)

「バーチャル渋谷」ハロウィーンイベント、アクセス集中で一部延期に KDDIが主催
仮想空間のイベント「バーチャル渋谷ハロウィーンフェス」の一部が、公式サイトへのアクセス集中により延期に。KDDIによると、10月28日午後8時に改めて開催するという。(2020/10/27)

「背もたれを戻していない乗客」までVRで再現 JAL、客室乗務員のVR訓練を実験
JALは、航空機内を再現した仮想空間内で、客室乗務員が機内の安全確認をする訓練を実験的に行う。専用施設での訓練と異なり、乗客の姿までVRで再現可能だ。(2020/9/30)

ついに「VR出社」が現実に? VR空間に本社を移転するIT企業あらわる 会議の様子が完全にSF
執務室もミーティングルームも、全部仮想空間へ。(2020/9/10)

登記上はどうする?:
VRで出社? 本社オフィスを仮想空間に移転、ベンチャーが挑戦
ベンチャーのロゼッタが、本社機能をVR(仮想現実)空間に10月1日から移転する。現行法ではVR空間上のオフィスは認められないため、登記上は現住所のままにする。(2020/9/7)

VR空間に構築:
“仮想伊勢丹”誕生、「リアル百貨店の弱み」克服へ 社内起業した男の夢
伊勢丹が仮想空間のイベント「バーチャルマーケット4」で、アバター向けのファッションを販売。三越伊勢丹ホールディングスの仲田朝彦氏は「VR空間の仮想店舗は、現在のリアルな百貨店が抱える課題を解決してくれる」と力説する。(2020/8/28)

「マリカーみたい」 プロが本気でアイテムを狙う「バーチャル ツール・ド・フランス」
前代未聞の「バーチャル ツール・ド・フランス」進行中。ゲームのような仮想空間でプロ選手たちがアイテムゲットを狙う。リモート環境という思わぬ敵も出現。(2020/7/14)

HTCの元CEO、ピーター・チョウ氏が5G対応VR HMD「XRSPACE MOVA」披露
HTCの元CEO、ピーター・チョウ氏が立ち上げた新興企業XRSPACEが、5G対応のスタンドアロンVRヘッドセット「MOVA」と全身アバターで体験できるバーチャルワールド「MANOVA」を発表した。MOVAは599ドルで発売の予定だ。(2020/5/27)

BIM:
設計から維持管理まで一気通貫のBIM連携を新築ビルで実現、鹿島のデジタルツイン構想
鹿島は、建物の企画・設計から、施工、竣工後の維持管理・運営までの建物情報を全てデジタル化し、仮想空間上にリアルタイムに再現する「デジタルツイン」を大阪市中央区のオービック御堂筋ビル新築工事で実現した。(2020/5/19)

そろそろ会議やめませんか:
テレワーク全盛の中で見るVR会議「桜花広場」の今――仮想空間を使うがHMD必須としない理由
VR会議システム「桜花広場」が、Oculus Go/Oculus RiftといったHMDを使わないPC版に注力しているという。いきさつを開発者の桜花一門氏に聞いた。(2020/3/31)

医療機器ニュース:
仮想空間での身体接触を体感できる、布状2次元通信システムを開発
慶應義塾大学は、布状の2次元通信システムと、その技術を応用したハプティクス(触覚)スーツを開発した。この2次元通信ハプティクススーツは、簡単に装着可能で、外部からの接触を疑似的に体験できる。(2019/11/29)

製造業から活躍の場を拡大:
災害や機械の障害を仮想空間で予測 「デジタルツイン」の秘めるビジネス価値とは
デジタルツインとは、現実世界で動いているモノを仮想環境上に高精度モデルとして再現し、現実では実際に得にくい情報を取得するための手法だ。サイバネットはCEATEC 2019の講演において、デジタルツインを「スマートな社会の実現を支える技術」として、具体的な活用方法を紹介した。(2019/10/16)

製造IT導入事例:
ワクチン製造時の無菌操作をVRで習熟、NECが提供
NECは、感染症ワクチン製造工程における無菌操作トレーニング向けVRソリューションを武田薬品工業に提供する。無菌室内の設備を再現した仮想空間上で、機器を用いた無菌操作を体感学習できる。(2019/9/11)

製造マネジメントニュース:
仮想空間上で工程情報の作り込みが容易に、富士通のデジタル生産準備ツール
富士通は2019年8月5日、デジタル生産準備ツール「VPS(Virtual Product and Process Simulator)」の新バージョンを発売すると発表した。(2019/8/6)

福田昭のデバイス通信(194) 2019年度版実装技術ロードマップ(5):
IoT用無線モジュール技術と仮想・拡張現実感技術
前回に続き、第2章のテーマ「情報通信」の後半部分を紹介する。今回のキーワードは、LPWA(Low Power Wide Area)無線ネットワークと、現実空間と仮想空間を融合させるクロスリアリティーだ。(2019/7/29)

サマーウォーズの仮想空間「OZ」を再現、3Dアバターで探検 ピクシブが企画
ピクシブとスタジオ地図が「サマーウォーズ」の仮想空間「OZ」を再現する企画を発表した。スマートフォンアプリ「VRoidモバイル」で、ユーザーは自作した3Dアバターを使ってOZの世界を体験できるという。(2019/7/4)

過去のVRイベントを追体験できる「VRアーカイブ機能」 仮想空間「cluster」が提供
cluster内で開かれた過去のVRイベントを繰り返し体験できる、VRの「アーカイブ機能」をクラスターが正式リリース。世界初のサービスだとしている。(2019/6/5)

データサイエンスな日常:
「満員電車で快適に過ごすための動き方」を物理シミュレーションで解き明かす
満員電車での“理想的な振る舞い”を、仮想空間における物理シミュレーションを駆使して解き明かす(2019/5/22)

VR:
Web上で不動産物件の“ウォークスルー”体験を可能にするVR内覧、LIRが全支店に導入
不動産仲介・販売企業のリストインターナショナルリアルティ(LIR)は、VR内覧システム「マーターポート3Dリアリティーキャプチャープラットフォーム」を2019年1月から全支店で導入した。現在は扱う物件のうち、60件でVRシステムを導入。Webブラウザ上やスマートグラスなどで、部屋の隅々までリアリティーある仮想空間上で確認することができる。(2019/1/30)

初めてのVR体験でハプニング……! 仮想空間で“手榴弾”を落とした女性、パニックからの壁ゴツン
注意しましょう……。(2019/1/12)

平成最後のお正月をバーチャル空間で 輝夜月の仮想空間で“卍運勢”も占える「バーチャル初詣」が開催決定
お正月でもおはよー!(2018/12/29)

VRニュース:
エヌビディアがAIでビデオ映像を3Dモデル化する技術を開発
NVIDIAは、ビデオを自動学習して映像を3Dモデル化するAI技術について発表した。この技術により、仮想世界を迅速に構築できるようになる。(2018/12/14)

仮想世界の都市、AIが自動生成 ゲーム開発のコスト軽減 NVIDIAが新技術
米NVIDIAが、現実世界の映像を学習させたAIに、都市の3Dモデルを自動生成させる技術を公開。(2018/12/4)

スマホで“人工生命”を育成 ドワンゴ、「ARTILIFE」プロジェクト発表
ドワンゴが、仮想空間で自律的に動く“人工生命”を観察・育成するプロジェクト「ARTILIFE」を発表した。強化学習を用いた人工生命のモーションを自動生成する技術を活用した。(2018/10/25)

建設×VR/AR/MR:
サービス付き高齢者向け住宅の販売センターにVRシステム導入、入居検討者に仮想空間で住まい提案
兵庫県西宮市で建設が予定されている国内最大規模のサービス付き高齢者向け住宅「エレガーノ西宮」の販売センターに、福井コンピュータアーキテクトが開発した高性能VRシステムが導入された。販売センターには、サービス付き高齢者向け住宅では全国初となるVR体験スペースを常設し、入居検討者やその家族にVRを活用して住まい提案の支援を行っていく。(2018/9/19)

仮想空間サービス「cluster」事業拡大へ KDDIなどから4億円調達
VR空間にイベントスペースを立ち上げられるサービス「cluster」を運営するクラスターが、事業拡大に向けてKDDIなどから総額約4億円を調達した。(2018/9/12)

作品を間近で鑑賞できる“VR美術館”、DNPが開発 美術館などに提供へ
大日本印刷がVR(仮想空間)空間に作られた美術館で、絵画や彫刻を実際に手に取っているかのように鑑賞できるシステムを開発した。美術館や出版社などに提供する。(2018/9/10)

「ガンプラバトル」が現実に バンダイ、3Dスキャナでガンプラをゲームに取り込む
自分のガンプラが仮想世界に現れ、バトルを繰り広げる——アニメ「ガンダムビルドダイバーズ」や漫画「プラモ狂四郎」のような「ガンプラバトル」が実現に近づいている。(2018/7/21)

仮想空間「cluster.」に有料ライブ機能 第1弾はVTuber「輝夜月」、チケット代5400円
仮想空間「cluster.」で有料イベントを開けるチケットがβ公開。第1弾として、人気VTuberの輝夜月の音楽ライブを8月31日に開催する。チケット代は5400円。(2018/7/13)

製造ITニュース:
AIで磁性体のエネルギー損失を最小にする形状設計を自動化する技術
富士通と富士通研究所は、AIを活用し、エネルギー損失を最小にする磁性体形状を自動で設計する技術を開発した。コンピュータ上の仮想空間において、磁性体形状の試作開発を自動化できる。(2018/6/14)

メルカリ、仮想空間で面接 VRエンジニア選考で 「物理的に会う必要性を問う」
メルカリは、VR技術のエンジニア採用の選考で、一次面接を仮想空間で行う。「VRChat」や「cluster.」を活用し、採用までに複数回も物理的に会う必要があるかを問う。(2018/4/24)

「サマーウォーズ」は現実に起こるか 内閣サイバーセキュリティセンターに聞く
インターネット上の仮想空間がサイバー攻撃を受け、現実のインフラや医療機器、人工衛星にまで被害が及ぶ――アニメ映画「サマーウォーズ」のそんなシーンが、もはや架空の話ではなくなるかもしれない。内閣サイバーセキュリティセンターに可能性を聞いた。(2017/12/20)

データは都市をどう変える?:
シンガポールが国土を丸ごと「3Dデータ化」する理由
国土の全てを3Dデータ化し、本物そっくりの都市を仮想空間上に再現するプロジェクトがシンガポールで進んでいる。市民向けサービスの改善が目的だというが、具体的にどのようなことが可能になるのか。(2017/10/27)

東洋ビジネスエンジニアリング MOTION VR-DR:
仮想空間で姿勢や動きを検証、デザインレビューに役立つVRソリューション
東洋ビジネスエンジニアリングは、仮想空間で人の姿勢と動作を検証することでデザインレビューを支援するソリューション「mcframe MOTION VR-design review」の提供を開始した。(2017/10/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。