ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「仮想世界」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「仮想世界」に関する情報が集まったページです。

MetaのザッカーバーグCEO、次世代ヘッドセットで見えるカラーのMR世界を紹介(本体はモザイク付き)
Metaは次世代ヘッドセットでのカラーの現実世界と仮想世界をミックスする「Passthrough MR」の映像を紹介した。ヘッドセットの年内リリースに向けて、開発者に対応コンテンツの開発を呼び掛けた。(2022/5/13)

大和ハウス、「メタバース住宅展示場」公開 オンラインを活用した販売強化
大和ハウスが、アバターを用いて仮想空間上の住宅展示場を自由に見学できる「メタバース住宅展示場」を4月28日から公開する。(2022/4/25)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
マーク・ザッカーバーグ氏自身の“セキュリティコスト”がGAFAのトップの中で突出している件
MetaのCEOにかかる身辺警護のコストはAppleのティム・クック氏の何倍? 今後の仮想世界を牛耳るとされる大ボスは、世界で最も高価で盤石な保安体制を持つCEOになりそうです。(2022/4/25)

仮想空間で進むハラスメント対策【後編】
「メタバースの過剰な監視」がもたらすのは安心か、それとも“悪夢”か
VR技術を扱うベンダーは、仮想空間内での悪質ユーザーによるハラスメントを防ぎ、安全を確保するための取り組みを推進している。これに対して専門家は、「過剰な監視」による悪影響を指摘する。(2022/4/20)

メタバース普及へルールづくり検討 推進協会見
3次元の仮想空間「メタバース」の国内普及を目指し、22の企業・団体の参加で3月末に発足した一般社団法人「メタバース推進協議会」が18日、東京都内のホテルで記者会見を開いた。代表理事に就任した医学者、解剖学者の養老孟司氏をはじめ、建築家の隈研吾氏、元観光庁長官の溝畑宏氏らが役員として参画。メタバースによる新たな文化圏、経済圏のあり方、ルールづくりを検討していくことを強調した。(2022/4/19)

「コンテナ」「仮想マシン」でAIアプリケーションを動かす
「AI」「仮想空間」のインフラにGPUを活用する方法
AI技術の活用を進めるときに課題となるのが、実運用に適したインフラの選定だ。AI専用のハードウェアを用意し、一から構築するのは簡単ではない。GPU仮想化を使って効率的にAI技術用のインフラを用意する方法を説明する。(2022/4/19)

VR店舗・仮想空間で研究……活用進む 感染症対策や効率化 企業に利点多く
最近では、感染症対策や効率化の一環で研修やインターネット通販に導入する企業が増加。“よりリアルな体験”は、ビジネス用途で一気に普及が進みそうだ。(2022/4/18)

VR店舗・仮想空間で研究……活用進む 感染症対策や効率化 企業に利点多く
VRやメタバースの利用がビジネス分野で広がってきた。これまではゲームや音楽といったエンターテインメント分野での活用が先行してきたが、最近では、感染症対策や効率化の一環で研修やインターネット通販に導入する企業が増加している。(2022/4/18)

防災:
新たな3D仮想都市浸水シミュレーションモデル、東京海上日動火災保険ら
東京海上日動火災保険は、応用地質やTengun-labelと共同で、台風や集中豪雨などによる浸水被害の可視化と即時把握につながる「3D仮想都市浸水シミュレーションモデル」を開発した。今後は、モデルを高度化することで、全国各地の自治体向けに、防災計画や浸水対策、被災後の活動支援を達成する防災・減災サービスを提供することを目指す。(2022/4/18)

株式保有率は4.9%に:
ソニーG、人気ゲーム「フォートナイト」開発元に1250億円追加出資 出資元が「PS5」のSIEでない理由
ソニーグループが人気オンラインゲーム「フォートナイト」の開発などを手掛ける、米エピックゲームズに約10億ドル(約1250億円)を追加出資すると発表した。同社は仮想空間「メタバース」領域での連携強化などを主な狙いとしている。(2022/4/13)

仮想空間で進むハラスメント対策【前編】
「仮想空間でのハラスメント」を女性の5割が経験 ベンダーの対策は?
仮想空間での痴漢やストーカーといった迷惑行為は、企業が仮想空間で会議やイベントを実施する際の妨げになる。仮想空間におけるハラスメントの実情と、ベンダーが打ち出している対策を紹介する。(2022/4/13)

VR/AR/MRニュース:
立命館とSOLIZE、対面と同等以上の学習効果が得られるVR教材の実現目指す
立命館大学 教育・学修支援センターとSOLIZEは、VR技術の特徴を効果的に活用した学習教材の開発を共同で開始すると発表した。SOLIZEと連携し、学生が主体となって仮想空間で対面環境と同等以上の学習効果が得られる教材の設計/開発を進める。(2022/4/12)

新たなビジネスになるか:
Zホールディングス川辺、出沢CEOに聞くメタバース、Web3、NFT 「大きなチャンスになる」
前編【Zホールディングス川辺、出沢CEOが語る展望 ヤフーとLINEの相互理解を深めて世界の“第3極”に】では、経営統合のシナジーやメディア事業好調の理由を聞いた。現在、3次元の仮想空間である「メタバース」が、世界的なトレンドになっている。中編では、同社がいかなるビジネス展開を考えているのかを聞く。(2022/3/30)

TechTarget発 世界のITニュース
アバターと働ける「Unlimited Reality」とは? Deloitteのメタバース製品群
Deloitte Consultingの「Unlimited Reality」は、仮想世界「メタバース」の開発や活用をしやすくする製品・サービス群だ。何を実現するのか。(2022/3/28)

CAEニュース:
仮想空間とCAEを融合させたデジタルツイン実現に向けて「Omniverse」活用
プロメテック・ソフトウェアは、仮想空間と数値計算シミュレーションを融合させたデジタルツイン環境の実現に向けて、3Dコラボレーション/シミュレーション基盤である「NVIDIA Omniverse Enterprise」とGPU「NVIDIA RTXシリーズ」を最適にインテグレーションするためのコンサルティングサービスとシステム提供を開始した。(2022/3/2)

「4年後に私たちの4人に1人が1日1時間以上メタバースで過ごす」ガートナーが予測
ガートナージャパンのメタバースに関する展望によると、メタバースは従来型の仮想空間を超えたものになり、可能性とリスクを洞察することが重要だという。(2022/2/10)

ガンダム、メタバースに立つ 開発に150億円 バンナム中期計画
バンダイナムコグループは8日、「機動戦士ガンダム」などのIPを軸とした仮想空間を作り、ファンやパートナー企業がつながる「IPメタバース」の計画を発表した。(2022/2/8)

仮想空間に「もう1つの現実世界」 デジタルツイン活用で社会はどう変わるのか
仮想空間に現実の世界を再現した「デジタルツイン」を街づくりに生かし、社会や生活を進化させようという取り組みが全国各地で始まっている。国土交通省や東京都などは、デジタルツインの基盤となる3Dデジタルマップの作成を主導。これに民間の情報を組み合わせるなどして、仮想空間にデジタルツインを作り上げ、現実世界の代役として自動運転などの先端技術の導入や災害対策の立案などに役立てる構想だ。ただ、デジタルツインの有効性を維持するには、日々変化する現実世界に即した形で3Dデジタルマップの更新を続けなければならない。デジタルツインの可能性を広げていくには、官民挙げた取り組みの必要性が指摘されている。(2022/1/31)

仮想空間に「もう1つの現実世界」 デジタルツイン活用で社会はどう変わるのか
デジタルツインを街づくりに生かす取り組みが始まっている。国土交通省や東京都などは、デジタルツインの基盤となる3Dデジタルマップの作成を主導。現実世界の代役として自動運転などの先端技術の導入や災害対策の立案などに役立てる構想だ。(2022/1/31)

手書き文字からオリジナルフォントを自動生成するAIサービス フォントワークスの実験仮想都市「MOJICITY」で公開
すごい簡単に手書きフォント体験ができちゃいます。(2022/1/27)

男女2200人に調査:
メタバースの知名度25% NEXER調査
日本トレンドリサーチを運営するNEXERは、仮想空間「メタバース」に関する知名度調査の結果を発表した。その結果、知名度は約25%で、そのうち実際にメタバース関連サービスの利用経験があるのは6割程度と判明した。(2022/1/19)

メタバース市場、日本勢が相次ぎ参戦 高性能VRゴーグル、スタジアム仮想化…
インターネット上で現実に近い体験ができる仮想空間「メタバース」の市場に、日本企業が相次いで本格参入している。1月上旬、米ラスベガスで開かれた家電とデジタル技術の見本市「CES2022」では、パナソニックがメタバース事業への参入を発表した。ソニーグループもメタバース上でファンが交流できるサッカースタジアムを再現するサービスを予定するなど、市場開拓へ向けた動きが加速。日本のものづくりやゲーム産業の知見が生かせる分野として期待が寄せられている。(2022/1/18)

メタバース市場、日本勢が相次ぎ参戦 高性能VRゴーグル、スタジアム仮想化…
インターネット上で現実に近い体験ができる仮想空間「メタバース」の市場に、日本企業が相次いで本格参入している。(2022/1/18)

VRニュース:
製造現場の3D CADデータ活用ソリューションの提供を開始
東芝デジタルソリューションズは、製造現場の3D CADデータ活用ソリューション「Meister MR Link」の提供を開始した。物理的な空間の実物に仮想空間の3Dモデルを重ね合わせて表示し、作業を効率化する。(2022/1/13)

パソナがメタバース事業に本格参入 100の“街”で働き方改革や地方支援
パソナグループがメタバース事業に本格参入することが分かった。今春にもメタバース空間を作り、最終的には100程度の“街”のような場を提供。仮想空間で職業体験をしたり、地方創生につなげるような取り組みなどを進める。(2022/1/11)

CES 2022:
NVIDIAが「Omniverse」正式版を一般ユーザーに無料開放 GeForce RTXシリーズのハイエンドモデルも発表
米NVIDIAは1月4日(現地時間)、米ラスベガスで開催中のCES 2022の特別講演で3次元仮想空間再現ソフトウェア「NVIDIA Omniverse」を一般ユーザーに無料で提供すると発表した。また、GeForce RTXシリーズの新型GPUも発表した。(2022/1/5)

デジタルツイン:
「T-iDigital Field」にデジタルツインで建機の接触事故を防ぐ機能を搭載、大成建設
大成建設は、施工中に収集したデータを仮想空間上に集積・統合するシステム「T-iDigital Field」の機能を拡張した。追加された新たな機能は、デジタルツイン技術を用いて建設機械との接触を防止するアプリケーションで、同社は建設現場でその性能を検証した。(2021/12/17)

これからは就活にもメタバース? 就職相談ができる仮想空間サービス
就活関連のWebメディアなどを運営するポート(東京都新宿区)が、Web上の仮想空間内で就職活動の相談ができるサービス「就活メタバース」を開発した。バーチャル空間上で、キャリアコンサルタントと就職に関する面談ができる。(2021/12/16)

Epic、映画「マトリックス」の世界が舞台の「Unreal Engine 5」の仮想都市デモをPS5とXboxで無料提供
Epic Gamesがゲームエンジン「Unreal Engine 5」(UE5)の技術デモ「The Matrix Awakens: An Unreal Engine 5 Experience」をリリース。「PlayStation 5」と「Xbox Series X/S」で無料でダウンロードできる。広大な仮想都市を車やデジタルキャラクターが動いており、カーチェイスも体験できる。(2021/12/11)

CloseBox:
メタバースを走るもう1つの方法 Zwiftは自転車がなくても自分の脚で走れる
Zwiftはサイクリングだけではない。トレッドミルを使って仮想世界を走ることだってできるのだ。実際に試してみた。(2021/11/29)

普及の後押しになるか KDDIらが"都市連動型のメタバース"に向けコンソーシアムを発足
KDDIらは4社共同で都市連動型のメタバースの利活用に向けたガイドライン策定を目指す「バーチャルシティコンソーシアム」を発足した。自治体や管轄省庁と連携し、仮想空間と実在都市を相互的に発展させる計画だ。(2021/11/12)

アバターで会議に参加、マイクロソフトが「Mesh for Microsoft Teams」を2022年に提供開始
Microsoftは「Mesh for Microsoft Teams」の提供を開始する。Microsoft MeshのMR機能とTeamsのツールを融合し、仮想空間の会議にアバターで参加できるという。(2021/11/6)

「Mesh for Teams」を発表:
Microsoft Teamsがメタバース対応、3Dアバターと仮想空間で現実のミーティングを再現
Microsoftがオンライン会議ツールの「Microsoft Teams」を"メタバース対応"させる「Mesh for Teams」を発表した。 3Dアバターと仮想空間を使い、 現実のミーティングや共同作業を再現する。(2021/11/4)

メタバースの原典、『スノウ・クラッシュ』が復刊 早川書房から2022年1月に出版予定
仮想空間サービス「メタバース」の原典として知られる書籍『スノウ・クラッシュ』が復刊されることが分かった。早川書房の編集者がTwitterで明らかにした。(2021/11/1)

山岳トンネル工事:
切羽前方の湧水リスクを事前予測する新システム、清水建設
清水建設は、現場で日々取得される施工データを蓄積・反映した仮想空間上で切羽の地下水環境で生じる経時変化をシミュレーションし、湧水に起因するリスク情報を工事関係者にタイムリーに周知する「地山予報システム」を開発した。地山予報システムは、現場測定データの取得から最終的な作業員へのリスク情報の伝達まで一連の流れを自動化でき、現場管理者の労働負荷を減らせる。また、今後発生しうる湧水の予測を常に実施しつつ施工することで想定外の危険性を削減できる。(2021/11/1)

自動車業界の1週間を振り返る:
プリウスPHVで初採用したソーラールーフは「bZ4X」が継承、年間で1800km分の発電
1週間おつかれさまでした。土曜日ですね。Facebookが社名を「Meta」に変更して話題になっています。Metaは、3D CGの仮想空間を指す「メタバース」に由来します。創業からの事業でもある社名から、これから広げる事業であるメタバースを新たな社名とするのですから、とても攻めた社名変更ですね。(2021/10/30)

Facebookが社名を「Meta」に変更 今後は「メタバース」に注力 社長が「レディ・プレイヤー1」みたいな仮想空間にいるコンセプト映像も公開
まさかの。(2021/10/29)

V6、ファンのための仮想空間イベント「V-Land」を開催 最後の作品「WANDERER」も配信決定
なんだかすごそう!(2021/10/18)

製造ITニュース:
シミュレーションベースのデジタルツイン実現、Ansysとロックウェル製品連携
Ansysは、同社の「Ansys Twin Builder」とRockwell Automationの「Studio 5000 Simulation Interface」が接続し、シミュレーションベースのデジタルツインを活用できるようになったと発表した。仮想空間での設計や試験が可能になる。(2021/10/4)

Facebook、「メタバース」開発に向け55億円を投資 「実現には10〜15年」
米Facebookが、他者と交流できる仮想空間「メタバース」の開発に2年間で約55億円投資すると発表した。メタバースは今後15年以内に実現すると見込む。(2021/9/28)

コロナ禍で盛り上がるバーチャルイベント 普及の鍵は「スマホ参加型」にあり
仮想空間上の「お台場」や「渋谷」で開催したイベントに数十万人が参加した。高価な機材を使うVRと違い、スマホで参加できるバーチャルイベントは今後のイベントの鍵になりそうだ。(2021/9/28)

CloseBox:
VRゴーグル着けてロードバイクで走り抜けるGoogleストリートビューの風景 しまなみ海道からアビーロードまで
仮想空間でロードバイクを漕ぐ「Zwift」はよく知られているが、VRゴーグルをかぶる「VZfit」はどうだろう。Googleストリートビューの空間を自転車で走れるのだ。(2021/9/14)

いまさら聞けない「メタバース」 いま仮想空間サービスが注目される“3つの理由”
最近、仮想空間サービスへの注目が再び高まっている。キーワードは「メタバース」だ。仮想空間サービスに注目が集まる3つの理由を紹介する。(2021/9/6)

「バーチャル秋葉原駅」からVR旅行に出発 車窓は“エモい”仮想世界 「バーチャルマーケット6」はすごかった
VRイベント「バーチャルマーケット6」を体験してみた。JR東日本が出展しているバーチャル秋葉原駅から山手線に乗ると、車窓に仮想世界が映る旅行気分が味わえた。(2021/8/25)

ガンプラの聖地、オンラインにも バンダイ「ガンダムベース バーチャルワールド」試験公開 限定モデルの販売も
BANDAI SPIRITSは19日、オンライン上に“ガンプラの聖地”を作るプロジェクト「THE GUNDAM BASE VIRTUAL WORLD」のトライアルを始めた。約280種類のガンプラを展示販売する。(2021/8/19)

NianticのハンケCEO、「メタバースはディストピア。よりよい現実を構築しよう」
「Pokemon Go」で知られるNianticのジョン・ハンケCEOが、仮想世界に没入するいわゆる「メタバース」はディストピアの悪夢だと警鐘を鳴らした。NianticはARを採用する「現実世界のメタバース」を目指すとして参加を呼び掛けた。(2021/8/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
次に来るのは「メタバース」なのか フェイスブックが動く
フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOが「メタバース(仮想空間)」にチカラを入れていくという。英国のメディアで野心的な話をしたわけだが、なぜメタバースなのか。その背景には……。(2021/8/11)

グリー、ライブ配信を軸に仮想空間「メタバース」事業に参入 3年で約100億円を投資
グリーが、子会社のREALITYを中心に「メタバース」事業へ参入する。3年後までに100億円規模の事業投資を行い、200人強の開発者の採用を計画しているという。(2021/8/6)

導入事例:
清水建設、デジタル技術で1つのオフィスにいるような感覚を仮想空間に
清水建設は、時間と場所を選ばないニューノーマル時代の新たなオフィスの在り方として、デジタル技術で場所と人を結びパフォーマンスの向上に資する「SHIMZ CREATIVE FIELD」を提案した。場所を問わず、1つのオフィスにいるような感覚で一体感をもって仕事ができるという。(2021/8/4)

仮想空間に“もう一つの東京”? 東京都が「デジタルツイン」の3Dマップを作成、GitHubでソースコードも公開
東京都が都内の建物や交通状況を再現した3Dマップ「デジタルツイン3Dビュワー」を公開。今後はAIを使ったシミュレーションの場として、災害や人口減少などの課題解決にも活用するという。(2021/8/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。