ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

  • 関連の記事

「3次元仮想空間」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「3次元仮想空間」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

製造マネジメントニュース:
ソニーGはメタバースとモビリティへ成長領域展開、自動車は3つの対象分野を設定
ソニーグループは2022年5月18日、経営方針説明会を開催し、「人に近づく」を経営方針とした事業運営のここまでの成果を訴えるとともに、新たな成長領域として「メタバース」と「モビリティ」を位置付け、事業創出に取り組んでいく方針を示した。(2022/5/19)

メタバース経験者の約7割が男性:
メタバースの認知度は4割 興味のあるジャンルは「ゲーム」が最多
MMD研究所は、「メタバース(仮想空間)に関する調査」を実施した。メタバースを全く知らない人は56.6%となった。(2022/5/19)

Marketing Dive:
「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高額な手数料設定の背景にはどのような事情があるのか。(2022/5/19)

「メタバースを利用したことがある人」は5.1% 経験者の7割が男性 MMD調査
MMD研究所は、メタバース(仮想空間)に関する調査結果を発表した。メタバースの利用経験があると回答した人は、全体の5.1%。認知度は43.4%だったとしている。(2022/5/18)

Metaが手掛けるスパコン開発【第4回】
Meta(旧Facebook)が“メタバース王”になれる条件とは?
独自開発のスーパーコンピュータ「AI Research SuperCluster」(RSC)を武器に、メタバース市場で覇権を握ろうとするMeta Platforms。同社が市場で主導権を握るためには、何が必要なのか。(2022/5/18)

国内産業分野の5G市場、今後10年で商用導入が拡大 ローカル5Gの低価格化やメタバースの普及がけん引――IDC予測
IDCによると、国内の産業分野向け5G市場は、ローカル5Gの低価格化などにより着実に進展しつつあり、メタバース利用やロボット/AIと人の協働の日常化などへ活用拡大が進む見通しだ。(2022/5/17)

吉本興業がメタバース事業、第一弾は兵庫県養父市で地方創生
吉本興業がメタバース事業に着手した。6月末に兵庫県養父市の観光名所を再現したメタバースを開始する。所属タレントの3Dモデルを作成し、オンラインイベントを開催したり、広告商材として活用したりする。(2022/5/16)

“メタバース向け保険商品”開発へ 損保ジャパンとANA NEOが提携
メタバース向け保険商品開発などで、損害保険ジャパンとANA NEOが提携。ANA NEOは、バーチャル空間で旅行や買い物が楽しめる3D空間を開発中だ。(2022/5/13)

Marketing Dive:
メタバースネイティブとしての「α世代」 攻略の鍵は?
「α世代」は結局のところ「Z世代」以前の世代とはどう違うのか。ブランドはなぜこのコホート(世代)を理解する必要があるのか。α世代攻略が生死を分ける3つの産業を例に解説する(2022/5/12)

メタバースの可能性はB2Bにあり? マネタイズへの道をソフトウェアの歴史から振り返る
B2C分野での盛り上がりを見せるメタバース市場。一方で、過去のビジネスシーンを踏まえると、今後B2B分野でも同様の盛り上がりが起きる可能性もある。この動向がSaaSビジネスに与える影響を、SaaS企業に特化したアナリストが分析する。(2022/5/10)

医療機器ニュース:
メタバースを活用した医療サービスの研究開発のため、産学共同講座を開設
順天堂大学と日本アイ・ビー・エムは、メタバース技術を活用した医療サービスの研究開発に向け、「メディカル・メタバース共同研究講座」を設置した。メタバース空間の構築や、メンタルヘルスなどの疾患改善への効果検証などに取り組む。(2022/5/9)

猫のメタバース「ネコバース」登場もいきなりの名称変更、「ネコデース」へ
「ハトバース」を運営するファクトリーは5月1日、新たに猫のメタバースの配信を始めた。しかし2日には名称変更を発表した。(2022/5/2)

Yuga Labs、仮想不動産NFT販売で3.2億ドル相当獲得 “ガス代急騰”の影響に謝罪
「Bored Ape Yacht Club」を手掛けるYuga Labsが新メタバース「Otherside」の仮想不動産NFTを発売した。約24時間で完売し、総売上高は約3億2000万ドル(約416億円)。“ガス代”が急騰し、一時イーサリアムブロックチェーンがクラッシュした。(2022/5/2)

“同人ハード”が「CES」で賞を取るまで メタバース住人が愛用する「HaritoraX」誕生の軌跡
同人発のハードウェアが大ヒット。商業製品として量産化し、世界的な展示会で受賞して海外展開へ――絵に描いたような夢物語だが、VR用モーショントラッキングデバイス「HaritoraX」が叶えた実話だ。(2022/4/30)

「メタバース」「電子工作」「サーバ管理」を一挙に体験できる“マイクラ”の魅力 そのIT要素を一挙紹介
世界で最も売れたインディーズゲームとも呼ばれる「Minecraft」は、ただの遊びと言うにはIT要素が多い。メタバースや電子工作、サーバ管理などMinecraftで感じられるIT要素を紹介する。(2022/4/29)

Meta、Questやスマートグラスを体験できる実店舗1号店オープンへ
Metaは、メタバース構築部門Reality Labsのキャンパス内に初の実店舗をオープンする。同部門で開発するVRヘッドセットやスマートグラスを体験・購入できる。(2022/4/28)

Meta(旧Facebook)は1桁増収2桁減益 メタバース収益化は長期計画とCEO
Meta(旧Facebook)の1〜3月期決算は、増収減益だった。売上高増が1桁になったのは上場以来初。FacebookのDAUは増加に転じた。(2022/4/28)

「アバターの肖像権」はどうする? メタバースなどで整理すべき課題をまとめたガイドライン公開
KDDIが代表幹事を務め、東急、みずほリサーチ&テクノロジーズ、渋谷未来デザインなどが参画するバーチャルシティコンソーシアムが、“都市連動型メタバース”における課題や論点をまとめた「バーチャルシティガイドライン ver.1」を公開した。(2022/4/27)

ぶっちゃけすぎでしょ! VRゲーム開発会社が「メタバースくそくらえ」をうたった企画をスタート 今のメタバースは「胡散臭い」「本当に残念」
「今の『メタバース』は、何か胡散臭い、ネガティブな言葉として広まりつつあるような気がします」とも。(2022/4/26)

「ビジネス向けメタバース」の光と影【後編】
メタバースでのセクハラを防げ――MicrosoftとMetaが本気で対策
メタバースにおけるハラスメントを防止するために、MicrosoftとMetaはVRサービスのハラスメント対策機能を強化した。具体的な機能を説明する。(2022/4/26)

大和ハウス、「メタバース住宅展示場」公開 オンラインを活用した販売強化
大和ハウスが、アバターを用いて仮想空間上の住宅展示場を自由に見学できる「メタバース住宅展示場」を4月28日から公開する。(2022/4/25)

Social Media Today:
ザッカーバーグ氏が再び世界を仕切る日――メタバース徹底入門【後編】
FacebookからMetaへ、メタバースに全振りのリブランディングを実施したマーク・ザッカーバーグ氏。頭打ち感のあるSNSビジネスの現状を乗り越え、新たな領域に描く未来像とは。(2022/4/23)

乱立するメタバース関連団体 養老氏率いる「メタバース推進協議会」に“不思議さ”を感じるワケ
2021年末以降、メタバースには急速に注目が集まっている。その関係からか、日本国内だけでも、筆者が把握できる限り、すでに4つの関連団体が作られ、乱立との指摘もある。養老孟司氏率いる「メタバース推進協議会」はどんな目的を持って作られたものなのか、会見に参加した筆者の視点から考えてみた。(2022/4/22)

Social Media Today:
「大人ゲーマー」がMeta(旧Facebook)を救う――メタバース徹底入門【前編】
「メタバース」はまだ存在しない。だが、Meta(旧Facebook)創業者で会長兼CEOのマーク・ザッカーバーグ氏には次の世界が見えているようだ。それがどのようなものかというと……。(2022/4/22)

大和ハウスが「メタバース住宅展示場」 3D空間で見学者案内 デザインやインテリアの即時切り替え機能も
大和ハウスが「メタバース住宅展示場」を公開する。展示場内では、アバターを使って同社担当者と見学者がコミュニケーションしながら建物のデザインや間取りを確認できる。(2022/4/20)

仮想空間で進むハラスメント対策【後編】
「メタバースの過剰な監視」がもたらすのは安心か、それとも“悪夢”か
VR技術を扱うベンダーは、仮想空間内での悪質ユーザーによるハラスメントを防ぎ、安全を確保するための取り組みを推進している。これに対して専門家は、「過剰な監視」による悪影響を指摘する。(2022/4/20)

「メタバース推進協議会」発足 文化形成とルール作り目指す 業界団体は乱立状態
任意団体として活動していた「メタバース推進協議会」一般社団法人として正式に発足した。メタバースを巡る文化やコミュニティーの形成とビジネス促進に向けた業界ルール作りを目指す。(2022/4/19)

メタバース普及へルールづくり検討 推進協会見
3次元の仮想空間「メタバース」の国内普及を目指し、22の企業・団体の参加で3月末に発足した一般社団法人「メタバース推進協議会」が18日、東京都内のホテルで記者会見を開いた。代表理事に就任した医学者、解剖学者の養老孟司氏をはじめ、建築家の隈研吾氏、元観光庁長官の溝畑宏氏らが役員として参画。メタバースによる新たな文化圏、経済圏のあり方、ルールづくりを検討していくことを強調した。(2022/4/19)

社員間ボーナスや仮想オフィス コロナ禍で注目の働き方
コロナ禍でテレワーク導入が急速に広がる中、直接顔を合わせなくても、社員同士のつながりが補完できるオンラインサービスが多様化している。互いの仕事ぶりを褒め合う仕組みや、メタバースを使った仮想職場など、法人向けのサービスも充実してきた。(2022/4/19)

“箱形メタバース空間”、ブイキューブが開発 少人数向けテレワークブースを転用
ブイキューブはテレワークブース内に映像を投影することで、VRヘッドマウントディスプレイなどを使わずにバーチャル空間を体験できる設備「メタキューブ」を開発した。(2022/4/18)

VR店舗・仮想空間で研究……活用進む 感染症対策や効率化 企業に利点多く
VRやメタバースの利用がビジネス分野で広がってきた。これまではゲームや音楽といったエンターテインメント分野での活用が先行してきたが、最近では、感染症対策や効率化の一環で研修やインターネット通販に導入する企業が増加している。(2022/4/18)

防災:
新たな3D仮想都市浸水シミュレーションモデル、東京海上日動火災保険ら
東京海上日動火災保険は、応用地質やTengun-labelと共同で、台風や集中豪雨などによる浸水被害の可視化と即時把握につながる「3D仮想都市浸水シミュレーションモデル」を開発した。今後は、モデルを高度化することで、全国各地の自治体向けに、防災計画や浸水対策、被災後の活動支援を達成する防災・減災サービスを提供することを目指す。(2022/4/18)

サダタローのゆるっと4コマ劇場:
ゲーム好きの漫画家が見い出した「ハトバース」と「デス・ストランディング」の共通点とは?
平和の象徴といわれる「鳩」に誰でもなれるメタバース「ハトバース」。「2分で飽きる」と話題になりましたが、実際にプレイしてみると悪くないと思いました。(2022/4/17)

Gartnerのアナリストに聞く:
マーケターが今知っておきたい「メタバース」に関する7つの質問
Gartnerは、2026年までに4人に1人が1日1時間以上をメタバース空間で過ごすようになると予測している。来たるべきその日に備え、マーケターが知っておくべきこととは?(2022/4/15)

「Metaの偽善が明らかになった」──メタバースでのアイテム販売高額使用料についてApple幹部が批判
Meta(旧Facebook)が発表したメタバースでのアイテム販売の使用料は約47.5%。日頃“30%のApple税”を批判している同社を、Apple幹部が痛烈に批判した。(2022/4/15)

「ハトバース」、鳩のリアリティー追求のためプロを募集
鳩のメタバース「ハトバース」を運営するファクトリーは4日、鳩のリアリティーを追求するために人材募集を始めた。(2022/4/14)

ITワード365:
【ITワード365】エモテット/Web3/GameFi/Amazon Corretto/メタバース/モバイルウォレット/CCoE/チャットコマース/NFT/パワー半導体
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語でけむに巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。(2022/4/14)

株式保有率は4.9%に:
ソニーG、人気ゲーム「フォートナイト」開発元に1250億円追加出資 出資元が「PS5」のSIEでない理由
ソニーグループが人気オンラインゲーム「フォートナイト」の開発などを手掛ける、米エピックゲームズに約10億ドル(約1250億円)を追加出資すると発表した。同社は仮想空間「メタバース」領域での連携強化などを主な狙いとしている。(2022/4/13)

日本IBMがメタバースに病院構築へ 順天堂大と共同研究
日本アイ・ビー・エムと順天堂大学が、メタバース技術を活用した医療サービスの共同開発を始める。「順天堂バーチャルホスピタル」を構築する他、中期的にはバーチャル空間での活動がメンタルヘルスなどの疾患の改善に与える影響などを検証する。(2022/4/13)

ソニーとレゴ親会社がEpic Gamesに20億ドル出資 メタバース開発に向けて
米Epic Gamesは、ソニーグループとデンマークKIRKBIからそれぞれ10億ドルずつの出資を受けると発表した。(2022/4/13)

ログイン戦争、鶏いじめ、投身RTA 平和な楽園「ハトバース」に異変か
「真に平等な世界」「いじめも格差も存在しません」──理想郷のようにみえたメタバース「ハトバース」だったが、鳩の急増により異変が起き始めたようだ。(2022/4/12)

Meta(旧Facebook)、メタバースでアイテムを販売するクリエイター向けテストを開始
Meta(旧Facebook)は、メタバース「Horizon Worlds」で仮想アイテムやエフェクトを販売するクリエイター向けのテストを開始した。売り上げの数十%を手数料として徴収する。(2022/4/12)

ソニー、Epic Gamesに10億ドル(約1254億円)の追加出資
「Fortnite」や「Unreal Engine」で知られるEpic Gamesが20億ドルの資金を調達した。ソニーグループおよびLEGO Groupの親会社KIRKBIが10億ドルずつ出資した。「メタバース構築を加速する」とスウィーニーCEO。(2022/4/12)

2分で飽きると話題のメタバース「ハトバース」にAndroid版 家も建った
ファクトリー10日、鳩のメタバース「ハトバース」のAndroid版の配信を始めた。ダウンロードは無料。(2022/4/11)

Epic GamesとLegoが子どものためのメタバース構築で提携
「Fotnite」のEpic Gamesとレゴブロックで知られるLEGO Groupが、子どものためのメタバース構築で提携した。「子どもの幸福のためにメタバースを設計する」としている。(2022/4/8)

「総務」から会社を変える:
今後はメタバースが主流? 総務は今、多様化するコミュニケーションツールをどう使いこなすべきか
総務領域の第一人者・豊田健一氏の連載。今回は、長引くコロナ禍で多くの企業がなかなか解決策を見つけられていない「コミュニケーション問題」について、総務の視点から解説する。(2022/4/8)

人類には早すぎるメタバース「ハトバース」爆誕 平和と平等を体現しすぎた結果が「参加者全員ハト」「ジャンプをするとプルップゥ」
平和と平等が行き着く先のさらに先のそのまた先ぐらいの極地。【更新】(2022/4/7)

Meta(旧Facebook)、今年は「F8」なし メッセージングとメタバースのイベントをそれぞれ開催する計画
Meta(旧Facebook)は、今年は年次開発者会議「F8」を開催しない。代わりに、メッセージング関連のイベント「Conversations」を5月19日に、メタバース関連の「Connect」を年内に開催する計画だ。(2022/4/7)

Niantic、Magic LeapがリストラしたXRチームのNZXRを買収
Nianticは、ARスタジオのNZXRを買収した。NZXRはMagic Leapがパンデミック中にリストラしたXR(クロスリアリティ)担当チームが立ち上げたスタジオだ。チームは「現実世界のメタバース」開発に参加する。(2022/4/6)

「ビジネス向けメタバース」の光と影【中編】
メタバースがハラスメントの舞台に――専門家が危機意識
MicrosoftやMetaなどのベンダー各社が力を入れ始めた「メタバース」。今後の成長を占う上で避けられないのが、メタバースにおけるハラスメントの問題だ。(2022/4/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。