ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2009年10月19日 07時47分 UPDATE

MSの無償セキュリティソフト:「Microsoft Security Essentials」公開1週間で150万本ダウンロード

世界中の54万台のPCで400万件の脅威を検知したとしている。

[ITmedia]

 米Microsoftは10月15日、9月29日に公開した無料セキュリティソフト「Microsoft Security Essentials」のダウンロード数が、公開後1週間で150万本を超えたと発表した。

 Security EssentialsがインストールされているPCからのリポートによると、約54万台のPCで400万件の脅威を検知したという。国別の検知数が最も多かったのは米国で、次いで中国とブラジルが並んだ。

mse1

 Security EssentialsがインストールされているPCをOS別に見ると、発売前にもかかわらず、Windows 7が最も多かった。またWindows 7の3分の1は64ビット版だった。OS別の検知数ではWindows 7が最も少なく、新しいOSほどマルウェアが少ないことを裏付けているとしている。

yu_mse2.jpgyu_mse3.jpg

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.