ニュース
» 2009年10月20日 07時00分 UPDATE

2009年の「グローバルチャンピオン」、任天堂に

経営コンサルティング企業A.T. KearneyのGlobal Champions 2009ランキングでは、任天堂、Google、Appleが上位に並んだ。

[ITmedia]

 2009年の「グローバルチャンピオン」は任天堂――経営コンサルティング企業A.T. Kearneyがこのような調査結果を発表した。

 この調査は世界の大手グローバル企業2500社を対象に行ったもので、時価総額や売り上げの成長率からランキングを算出した。

 Global Champions 2009ランキングの1位に入ったのは任天堂で、以下Google、Appleと続く。このほかIT系では17位にAmazon.comがランクインしている。

 ランキングのトップ25社はいずれも、過去5年間の年間成長率が平均で約15%と、他社を大きく上回っていた。2500社の平均はマイナス8%だった。

 A.T. Kearneyは金融危機がグローバルビジネスの状況の変化を大きく加速させ、そうした変化に対応できた企業が上位に入ったとしている。「1位の任天堂や3位のAppleは、従来よりもシンプルだがより満ち足りたライフスタイルを望む消費者の新たな需要を満たすことができている」と同社は述べている。

A.T. Kearney Global Champions for 2009
順位 社名
1 任天堂 日本
2 Google 米国
3 Apple 米国
4 Doosan 韓国
5 Hyundai Heavy Industries 韓国
6 GDF Suez フランス
7 MTM 南アフリカ
8 Monsanto 米国
9 Inditex スペイン
10 BHP Billiton オーストラリア
11 Reliance Industries インド
12 Jacobs Engineering 米国
13 World Fuel Services 米国
14 Fouor 米国
15 ABB スイス
16 CNOOC 中国
17 Amazon.com 米国
18 America Movil メキシコ
19 Occidental Petroleum 米国
20 Teva Pharmaceutical イスラエル
21 Mapfre スペイン
22 Petrobraz ブラジル
23 Kuhne + Nagel スイス
24 Sasol 南アフリカ
25 小松製作所 日本

関連キーワード

任天堂 | ランキング | Apple | Google | Amazon


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -