ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2009年10月20日 18時05分 UPDATE

「SNSより音楽配信」 「recommuni」が「OTOTOY」に改名

ユーザーが音楽をアップロードするSNSとしてスタートした「recommuni」が「OTOTOY」に改名。「音楽コミュニティーでスケールメリットを追い求めるには時期が遅すぎる」と配信サイトとして生き残る考えだ。

[小笠原由依,ITmedia]
photo 「OTOTOY」

 レコミュニは10月20日、音楽配信とSNSを組み合わせた「recommuni」(レコミュニ)の名称を「OTOTOY」(オトトイ)に改名し、新機能を追加した。「音楽コミュニティーでスケールメリットを追い求めるには時期が遅すぎる」と竹中直純社長は話し、音楽配信サイトとして生き残る考えを示した。

 recommuniは、会員が好きな楽曲をサーバにアップロードし、同社で権利者に対して配信可能かどうかを確認、許可が得られればダウンロード可能になるという仕組みのP2P型音楽配信サイトとして、2004年にスタートした。

 現在は、ユーザーのアップロードを待たず、同社が直接レーベルと契約して楽曲を配信したり、音楽ニュースを更新するなど、音楽配信・ニュースサイトとしての性格が強くなっている。

 レコミュニという名が発音しにくく、つづりも覚えられにくいため、「音」におもちゃをあらわす「toy」を組み合わせた「オトトイ」に改名した。トイには「音楽について問い続けるという『問い』という意味もかかっている」(竹中社長)という。

 「レコード」と「コミュニティー」を足した従来のサービスから脱却したいという意図もある。「SNSが急激に増加し、市場としては大きくなったが、用途を限った音楽コミュニティーでスケールメリットを追い求めるには時期が遅すぎる。ここ1年ほどは、コミュニティー機能よりも音楽情報や配信に力を入れている」


photo 竹中直純社長

 改名に合わせ、新サービスもリリースした。ユーザーが、気に入った楽曲やアルバムを登録できる「イイネ!」機能と、過去にダウンロードした購入した楽曲を、PCの故障などで破損・紛失した場合に、20円で再ダウンロードできる「ライフタイム契約」だ。

 イイネ!には、楽曲やアルバムの詳細情報ページにある「イイネ!」ボタンをクリックして登録。イイネ!登録したユーザーには抽選で、登録した楽曲を1日1曲・1人にプレゼントする。イイネ!登録したアルバムも、1週間につき1枚を1人に無料でプレゼントする。

 ライフタイム契約は、アーティストやレーベルが同意した楽曲について、以前購入したものなら1曲20円で再ダウンロードできるサービス。現在、約50のアーティストとレーベルの楽曲で利用できる。

 MP3形式の音楽データを紛失したが、同じ音源でMP3より高額なWAV形式のデータを購入したいといった場合にも対応。差額プラス20円を支払うことで購入できる仕組みも導入する予定だ。

 「音楽データは簡単になくしてしまうもの。オトトイは買ったことをずっと覚えていて、いつでも音楽を聴き直せるようにしたい」考えて付けた機能。著作権料などの問題で、「本当は、無料にしたかったが無理だった」(竹中社長)という。

関連キーワード

音楽配信 | SNS | コミュニティー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.