ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年10月21日 07時00分 UPDATE

ビックカメラ、池袋リニューアルで迎撃 初のアウトレット専門店

ビックカメラが池袋3店舗を同時リニューアルし、割安家電を販売するアウトレット専門館をオープン。

[ITmedia]
photo 「ビックカメラ アウトレット」

 ビックカメラは10月22日、東京・池袋の3店舗を同時にリニューアルする。割安なアウトレット品を販売する専門館や、子会社のソフマップによる中古販売も展開。30日にはヤマダ電機の大型店オープンが控えており、リニューアルと新業態の導入で対抗する。

 池袋の5店舗のうち、JR池袋駅東口の本店、本店パソコン館、東口総合館をリニューアルする。

 東口総合館は「ビックカメラ アウトレット」に変更。地下1階〜地上3階では、PCやAV機器、白物家電などのの店頭展示品や外装不良品、型落ち品などを割安に販売する。4〜5階にはソフマップが入り、PCやゲームソフトなど、ハードとソフトの中古品を販売する。

photophotophoto 各店舗のポスター

 本店は、7階に調理家電の実演を行う「キッチンスタジアム」、5階に美容家電を体験できる「フェイシャル体感ブース」を新設する。家電に詳しい専門相談員による買い物サポートも行う。

 本店パソコン館は、地下1階をソフマップによるPCゲーム・アニメ関連商品の新品ソフトフロアにするほか、3階にバッファローの全製品をそろえるという「BUFFALO SQUARE」を新設。本格的PC専門店としてリニューアルする。

 3店舗と、カメラ専門の「カメラ館」、「西口店」と合わせ、池袋5店舗で「専門店の集合体としてお客様にご満足いただける接客とサービスを提供していく」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.