ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビックカメラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ビックカメラ」に関する情報が集まったページです。

Apple、能登半島地震の被災者に特別修理対応 正規サービスプロバイダで受け付け
Appleは、令和6年能登半島地震で被災したユーザー向けの特別修理サービスを実施。Apple配送修理サービス、または該当地域のApple正規サービスプロバイダであるカメラのキタムラやビックカメラで受け付ける。(2024/1/18)

ビックカメラグループが「新生活応援セール」 冷蔵庫・洗濯機のセットが4万9800円〜
おすすめ商品をまとめ買いすると10%オフになる「まとめ買いキャンペーン」も実施。(2024/1/15)

ビックカメラ.com、「OPPO A55s 5G」を1万5800円で販売 メーカー価格から46%引き
ビックカメラは自社通販サイト「ビックカメラ.com」で、スマートフォン「OPPO A55s 5G」をメーカー価格よりも割安な価格で販売している。メーカー価格は2万9800円だが、ビックカメラ.comでは1万4000円(46%)引きの1万5800円で販売される。記事内は全て税込み。(2024/1/12)

ビックカメラ店舗で「2024年新春福箱」販売 iPadやApple Watchなどを用意
ビックカメラは、2024年1月1日10時からビックカメラの各店舗で「2024年新春福箱」を販売。ビックカメラ.comも含め、2024年1月3日までの3日間限定で特別価格やポイントプレゼント&ポイントアップなども行う。(2023/12/22)

ビックカメラ、「2024年新春福箱」を店頭販売 iPadやミラーレス一眼の福箱を用意
「3日間限りの初夢特別価格!」などの企画も。(2023/12/22)

ビックカメラ、「2024年新春福箱」店舗でも販売、元旦の朝10時から
ビックカメラは22日、「2024年新春福箱」を店舗でも元旦の午前10時から販売すると発表した。限定品や人気商品は整理券を配布する場合がある。(2023/12/22)

「AI PC」を試して触れる! ビックカメラ有楽町店の体験コーナーに行ってきた
Intelが発表したCore Ultra搭載PCが、早速量販店店頭に並び、「AI PC」体験コーナーも設置された。ビックカメラ有楽町店に足を運んだ。(2023/12/18)

ビックカメラ.com、「OPPO A55s 5G」を1万2800円で販売 メーカー価格から57%引き
ビックカメラは自社通販サイト「ビックカメラ.com」で、スマートフォン「OPPO A55s 5G」をメーカー価格よりも割安な価格で販売している。メーカー価格は2万9800円だが、ビックカメラ.comでは1万7000円(57%)引きの1万2800円で販売される。記事内は全て税込み。(2023/12/16)

ビックカメラ.com、「2024年新春福箱」の抽選販売を開始 2万9800円のiPad福箱など
ビックカメラは、12月5日8時からインターネット通販サイト「ビックカメラ.com」で「2024年新春福箱」の抽選販売を開始。2万9800円の「iPad福箱」や「GoProHERO10セット福箱」などを提供する。(2023/12/5)

ビックカメラ、「福箱」抽選販売の受付開始 「iPad福箱」「アップルウォッチ福箱」など全70種
ビックカメラは、12月5日午前8時から通販サイト「ビックカメラ・ドットコム」の特設ページで「2024年福箱」抽選販売の受け付けを始めた。(2023/12/5)

ビックカメラで「2024年福箱」の抽選申し込み開始 iPad福箱から布団やお酒まで70種類
iPad福箱は2万9800円、アップルウォッチ福箱は2万4800円〜。(2023/12/5)

ビックカメラ、「ブラックフライデーセール」実施へ ポイント最大20%還元 18日から
家電量販店のビックカメラが、大型セール「ブラックフライデーセール」を11月18日から実施する。特別価格の台数限定商品や、最大20%のポイント還元対象商品などを用意。オンラインの「ビックカメラ・ドットコム」では、店舗に先駆け17日午後10時からセールを開始する。(2023/11/13)

ビックカメラのブラックフライデー、今年は店舗でも開催 エアコンやファンヒーターが特別価格に
最大20%のポイントアップサービスも実施。(2023/11/13)

ビックカメラで「ブラックフライデー」キャンペーン 最大20%ポイント還元など、11月18〜26日
ビックカメラは、11月18〜26日に「ビックカメラのブラックフライデー」を開催。エアコン、冷蔵庫、掃除機、ファンヒーターなどを特別価格で販売し、指定商品は通常10%のところ最大20%のポイント還元を行う。(2023/11/13)

Xiaomi Japanが「Redmi 12 5G」発表 2万9800円のエントリーモデル、auとUQ mobileも販売へ
Xiaomi Japanは新型スマートフォン「Redmi 12 5G」を発表した。国内通信事業者としてはKDDIがauとUQ mobileで10月6日から取り扱う。オープンマーケット向けモデルはビックカメラやヨドバシカメラなどの量販店が10月19日以降に販売予定だ。(2023/9/27)

ソフマップのラクウル、iPhoneの買取額を最大1万円増額 10月31日まで
ビックカメラグループのソフマップは買い取りサービスの「ラクウル」で、iPhoneの買取額を増額するキャンペーンを10月31日まで実施している。買い取りの手続きはWebかアプリから行う。例えば、2年前の2021年9月24日に発売されたiPhone 13(256GB)の買取額が通常8万2000円のところ、5000円増額の8万7000円で買い取ってもらえる。(2023/9/23)

ビックカメラ.com、「Xiaomi Redmi Note 10T」を1万4800円で販売
ビックカメラ.comは「Xiaomi Redmi Note 10T」のセール販売を実施している。Redmi Note 10Tのメーカー価格は3万4800円(税込み、以下同)となっているが、ビックカメラ.comでは57%引き(割引額にして2万円引き)の1万4800円で販売している。 さらに、10%還元により1480ポイントがたまる。(2023/9/16)

ビックカメラ、iPhone購入で2000ポイント還元 アップグレードプログラムの利用が条件
ビックカメラは「iPhoneアップグレードプログラム」への申し込みと利用を条件に、2000ポイントを還元するキャンペーンを実施している。期間は9月15日から10月1日までとなっている。還元は商品到着後の翌月25日までに行われる。(2023/9/16)

「東が西武で西、東武」はもう聞けない! ビックカメラ新CMソングの”激変”が話題…… 変えたワケは
驚きの変化です。(2023/8/5)

ビックカメラ「AWS移行、内製化宣言」を裏付けた「ITXプログラム」が新体系に
アマゾン ウェブサービス ジャパン(AWSジャパン)は2023年6月26日、「AWS ITトランスフォーメーションパッケージ」の新たなラインアップを発表。会場ではITXプログラムで内製化を進めるビックカメラのデジタル戦略部長がシステムモダナイゼーションの現状、今後の構想も紹介した。(2023/7/4)

3.5mm to USB Type-Cイヤフォン変換ケーブル発売 ビックカメラから
ビックカメラは、6月29日にプライベートブランド「HashTAG」から3.5mm to USB Type-Cイヤフォン変換ケーブルを発売。オーディオ用の有線イヤフォンやマイク付きイヤフォンを変換し、5色で展開する。(2023/6/28)

ビックカメラ、dポイント最大15%還元キャンペーン開催 5月19日〜6月4日
NTTドコモとビックカメラは、5月19日〜6月4日にdポイント最大15%還元キャンペーンを開催。期間中にエントリーし、dポイントカードなどを提示することが条件となる。(2023/5/15)

ビックカメラ.comで「iPad Air(第5世代)」「Apple Watch Series 8」などを割引 5月7日まで
ビックカメラは5月7日まで「GWオンラインSALE」内でApple製品の割引を実施している。「iPad Air(第5世代)」が1万1000円引き、「Apple Watch Series 8」が4840円引きなど、大きく値引きを行っている製品もある。(2023/5/1)

BIC SIMで最大1万2000ポイント還元 5月31日まで店頭申込限定
BIC SIMは、全国のビックカメラグループ対象店舗でBIC SIMギガプランの音声通話機能付きSIMを申し込んだユーザーへビックポイントをプレゼント。MNPは1万2000ポイント、新規契約は2000ポイントを付与する。(2023/5/1)

ビックカメラが教える「会場別 双眼鏡倍率選びの目安」が参考になる 武道館や東京ドームなど全国14会場を図解
これは助かる!(2023/4/12)

AirPods Pro(第2世代)を超えるノイキャン性能 BOSEのワイヤレスイヤフォン「QC Earbuds II」を試す
完全ワイヤレスイヤフォンAirPods Pro(第2世代)とQuietComfort Earbuds II、どちらの何がすごいのか。実機を用いて、比較していく。ビックカメラとヨドバシカメラでの価格(税込み)はAirPods Pro(第2世代)が3万9800円、QC Earbuds IIが3万9600円。(2023/4/8)

BIC SIM、店頭申込限定で最大1万5000ポイント還元 4月30日まで
全国のビックカメラグループ対象店舗でBIC SIMギガプランの音声通話機能付きSIMを申し込むと、ビックポイントをプレゼントするキャンペーンを開催。MNPは1万5000ポイント、新規契約は4000ポイントがもらえる。(2023/4/3)

最新「AirPods」が5000円近くオフ ビックやヨドバシなどでAppleセール中 MacBook AirやiPadも
ビックカメラやヨドバシ、エディオンなどの家電量販各社でApple製品の新生活セールを3月17日から開催している。期間は3月31日まで。MacBook Airが1万5400円オフになる他、AirPodsの最新モデルを4840円引きで販売する。(2023/3/20)

セゾンアメックス、ビックカメラと成城石井で30%還元
クレディセゾンは3月15日から、セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードをビックカメラや成城石井で利用すると、利用金額の30%をキャッシュバックするキャンペーンを開始した(2023/3/15)

“10年に1度”の花粉到来:
空気清浄機は「一部屋に一台」の時代に? 花粉対策の売れ筋家電をビックカメラで聞いた
花粉症の流行シーズンが到来した。家電量販店では例年より早く花粉症対策家電の売れ行きが好調だという。ビックカメラ池袋本店の担当者に、トレンドや売れ筋の商品を聞いた。(2023/3/3)

Amazonや量販店でGalaxy製品が最大15%オフの「新生活セール」 3月6日まで
サムスン電子ジャパンは、3月3日〜3月6日にAmazon、ビックカメラ、ヨドバシカメラなどで「新生活セール」を開催。スマートフォンやスマートウォッチなどを約10〜15%で販売する。(2023/3/3)

新宿ビックカメラが“分かる人には分かる”ホラー構造で大盛りあがり 「怖すぎる」「Backroomsだ……」
後ずさりしそうな光景。(2023/2/10)

BIC SIM、対象店舗での音声SIM契約で最大1万4000ポイント還元 2月28日まで
ビックカメラの格安SIM「BIC SIM」は、全国のビックカメラグループ対象店舗でギガプランの音声SIMを申し込むとビックポイントを最大1万4000ポイントプレゼントするキャンペーンを行う。期間は2月28日まで。(2023/2/2)

「AirPods Proセット福箱」が1万9800円など ビックカメラ「新春福箱」を店頭販売へ
ビックカメラは、「2023年新春福箱」を2023年1月1日から店頭販売する。ECでは、12月6日から抽選販売を実施していたが、店頭でも販売する。(2022/12/24)

ビックカメラが「2023年新春福箱」販売 「SIMフリースマホ福箱」が9980円
ビックカメラは、2023年1月1日に各店で「2023年新春福箱」を販売する。また、ビックカメラ各店と「ビックカメラ・ドットコム」では1月1日〜3日限定で「ルンバ i7」など特別価格商品も提供する。(2022/12/23)

ビックカメラ・ドットコムで「2023年新春福箱」の抽選受付 iPadやApple Watchなど全57種類
ビックカメラは、インターネット通販サイト「ビックカメラ・ドットコム」で「2023年新春福箱」の抽選受付を開始。GoProセット、ノートPC、iPadやApple Watch、ワインセットなど全57種類を提供する。受付は12月8日20時59分まで。(2022/12/6)

ビックカメラ「新春福箱」抽選受付を開始 GoPro、ノートPC、iPadなど57種
ビックカメラの通販サイト「ビックカメラ・ドットコム」は6日、恒例の「新春福箱」の抽選販売受付を始めた。「ノートパソコン福箱」(4万9800円〜)など57種を用意。(2022/12/6)

ビックカメラ、「AppleCare+」の月払いプランを提供開始 データ移行のサポートも
ビックカメラグループは、12月1日からApple製品の保証サービス「AppleCare+」の月払いプランを提供開始。購入時の初期設定やデータ移行、点検診断などもサポートする。(2022/11/28)

駅前の再開発:
千葉駅前にビックカメラがオープン ヨドバシの“ほぼ隣”への出店で「切磋琢磨していきたい」
ビックカメラは11月1日、「ビックカメラ千葉駅前店」を開店する。千葉駅東口地区市街地再開発事業の一環で、競合・ヨドバシカメラと隣接している。大型店舗の開業で駅前の活性化を目指す。(2022/11/1)

新連載「その社名、間違えてはいけない!」:
「ビッグカメラ」と「ビックカメラ」 どちらが正しい社名?
ビジネスパーソンとして間違えてはいけない「社名」。そこには企業の精神や歴史、支えてきた人の営みが隠されています。社名の由来や変遷、背景情報までサクッと紹介します。第3回目は大手家電量販店、ビックカメラ。(2022/10/19)

1箱3350円:
ビックカメラ、宅配水サービスに新規参入 リカーリング事業で収益拡大へ
ビックカメラグループのビックライフソリューション(東京都豊島区)は9月1日、オリジナルブランドのウオーターサーバー「puhha(プッハ)」を立ち上げ、宅配水サービスに新規参入すると発表し、同日から申込受付を開始した。山梨県富士吉田市に採水工場を建設し、宅配水の充填設備だけでなく、メーカーとしてボトルやウオーターサーバーの企画開発を実施。継続的に収益を得るリカーリング事業として展開し、収益拡大を図る。(2022/9/2)

ビックカメラ店舗限定で「Apple Watch Series 7」が最大1万円引きに
ビックカメラは、店舗限定キャンペーンとして「Apple Watch Series 7」を最大1万円引きで販売する。期間は8月20日から31日まで。在庫については店舗に問い合わせてほしいとしている。(2022/8/22)

BIC SIM、ギガプランの音声SIMを6カ月間440円割引 ビック光は最大3万8300円還元も
ビックカメラの格安SIM「BIC SIM」は、ギガプランの音声SIMを6カ月間440円(税込み)割り引くキャンペーンを実施。ビック光は月額料金割引に加えて最大3万8300円のキャッシュバックも行う。(2022/8/4)

MacのCTOモデルも5%のビックポイント対象に Bic Styleなどビックカメラグループ店頭注文で
Bic Styleが、Macカスタマイズオーダーも5%のビックポイント対象になると発表。(2022/8/2)

ビックカメラ、聴覚サポートイヤフォン「Olive Smart Ear Plus」のサブスクを販売開始 月額5390円
ビックカメラは8月1日、スマート集音器「Olive Smart Ear Plus(オリーブスマートイヤープラス)」のサブスクリプションサービスの取り扱いを始めた。有楽町店と立川店のコンタクトコーナーにて試験的に取り扱う。期間限定での取り扱いとなっているが、予告なく取り扱いが終わる場合があるとのこと。(2022/8/1)

吊るしM2 MacBook Airを16GBに ビックカメラのオンライン注文で16GBメモリ選択が可能に(通常は8GBのみ)
M2搭載MacBook Airの吊るしの通常販売モデルは8GBメモリのみだが、ビックカメラは16GBの選択肢がある。(2022/7/15)

減収減益のビックカメラ、”エアコン買い替え祭”の効果は?
ビックカメラは7月12日、2022年8月期第3四半期の連結決算を発表した。第3四半期までの累計(21年9月〜22年5月)で、売上高は5965億円(前年同期比6.3%減)、営業利益は152億円(同5.6%減)、経常利益は170億円(同7.2%減)だった。通期計画の経常利益198億円に対し、進捗率は86.4%。(2022/7/13)

ビックカメラ、SalesforceとAWSを全面採用 自社のOMO戦略を3社で推進
ビックカメラは、OMO推進に向けて「DX宣言」を発表した。SalesforceとAWSを採用し、社内システム開発などを経て高度に融合されたOMOの実現を目指す。(2022/6/15)

ビックカメラ、AWSに基幹システム移行 顧客情報の管理と分析に本腰
ビックカメラが基幹システムをAWSに移行する。CRM特化のアプリ開発ツールとRPA作成ツールも同時に導入し、顧客情報の管理や分析を進める。(2022/6/14)

疲労軽減が期待できる:
「よく眠れる」リカバリーウェアBAKUNE ビックカメラ25店舗で販売
TENTIALは6月9日、リカバリーウェアの「BAKUNE」シリーズをビックカメラグループ全国25店舗で販売すると発表した。(2022/6/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。