ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年10月22日 07時00分 UPDATE

日本IBM「LotusLive」新サービス コラボレーション機能をクラウドで安価に

日本IBMがパブリッククラウド「LotusLive」でコラボレーションスイート「Engage」を提供。割安な料金ながら、社内外との共同作業を安全に行えるという。

[ITmedia]

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は10月21日、パブリッククラウド「LotusLive」の新サービスとして、コラボレーションスイート「LotusLive Engage V1.0」の提供を始めた。ユーザー1人当たり月額500円程度と割安ながら高いセキュリティ機能を持ち、安全な環境で利用できるとしている。

 Engage V1.0は、SNS的なコラボレーション機能とオンライン会議機能を備える。ファイル共有機能などを活用し、社内外との共同作業が安全に行えるとしている。各機能の個別提供も行う。

 料金は、Engage V1.0が年間7万9000円から(115人用オンライン会議室1部屋とファイル投稿者1人分)、ファイル共有やタスク管理などの機能を個別提供する「Connections V1.0」が年間1万6800円から(ファイル配信者1人当たり、ゲストユーザー無制限)など。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.