ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2009年10月29日 07時55分 UPDATE

Firefoxブラウザ、更新版で深刻な脆弱性に対処

Firefox 3.5.4では合計11件の脆弱性に対処した。このうち6件が危険度「最高」に分類され、一部はSeaMonkeyにも影響する。

[ITmedia]

 Mozillaブラウザ更新版となる「Firefox 3.5.4」「Firefox 3.0.15」がリリースされ、多数の深刻な脆弱性が修正された。

 Mozillaが10月27日付で公開したセキュリティアドバイザリによると、Firefox 3.5.4では計11件の脆弱性に対処した。このうち危険度が「最高」に分類されている脆弱性は6件。ブラウザエンジン、サードパーティ製のメディアライブラリ、GIFカラーマップパーサなどに脆弱性が存在し、任意のコード実行に悪用される恐れが指摘されている。

 なお、GIFカラーマップパーサの脆弱性はMozillaのインターネットスイート「SeaMonkey」にも影響する。同日公開された新バージョンの「SeaMonkey 2.0」で問題が修正された。

 更新版のFirefoxはWindows、Mac、Linux版が用意され、Mozillaのサイト、または自動更新機能を通じて入手できる。セキュリティ問題のほか、安定性に関する問題や、幾つかのバグも修正されている。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

Firefox 3 | 脆弱性 | Mozilla | バグ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.