ニュース
» 2009年11月02日 07時00分 UPDATE

グリーンピース「環境に優しいメーカー」1位はNokia 最下位はまた任天堂

環境保護団体のグリーンピースが、恒例の「環境に優しいメーカーランキング」を発表。1位はNokia、最下位は任天堂だった。任天堂は07年の初登場以来ずっと最下位。

[小笠原由依,ITmedia]
photo 環境に優しい電機メーカーランキング。10点満点評価で、右に名前がある企業ほど評価が高い

 環境保護団体Greenpeace International日本支部のグリーンピースジャパンは10月30日、世界のトップ家電メーカー18社を対象にした、環境に優しいメーカーランキングを発表した。1位はフィンランドのNokia、最下位は任天堂だった。

 2006年8月にスタートしたランキングで、独自の指標で環境保全意識・対策を評価。製品に有害物質を使っていないか、古くなった製品の回収・リサイクルを世界規模で行っているか、温室効果ガスの削減に務めているかなどを調査し、10点満点で評価。四半期ごとに結果を発表している。


photo Greenpeace International エレクトロニクス・キャンペーン部門ヘッドのゼイナ・アルハッジさん

 日本勢では、東芝が最高評価の4位。7位にシャープ、8位にソニー、10位にはパナソニックが入った。

 任天堂は07年12月の初登場以来ずっと最下位。「製品や廃棄物に対する責任を負っておらず、有害物質を含まない製品はほとんどない。他メーカーとは環境問題に対する意識について定期的に話し合うが、任天堂は面会の呼びかけにも一切答えてくれない」と、Greenpeace Internationalのゼイナ・アルハッジさん(エレクトロニクス・キャンペーン部門ヘッド)は話す。

 1位のNokiaは、84カ国に約5000カ所の使用済み携帯電話回収場所を設置し、引き取りの仕組みを自主的に作り上げたことや、塩化ビニールなどの有害物質を2010年以降全製品から取り除くという目標を立てたことが高評価につながった。2位のSamsungも2007年11月以来、液晶パネルの新機種すべてから塩化ビニールを排除したことなどが評価されている。

 日本でランキングの発表会を開いたのは初めて。「温室効果ガスの25%削減を公約として実現しようとしている新政権に対して、世界中の環境保護団体、各国政府から期待が高まっており、グリーンピースとしても温室効果ガスを確実に削減できるよう支援していきたい」と、グリーンピースジャパンの佐藤潤一ポリシーアドバイザーは話している。

順位 メーカー名 得点
1位 Nokia 6.9
2位 Samsung 6.5
3位 Sony Ericsson 6.5
4位 Philips 5.9
5位 東芝 5.7
6位 Motorola 5.3
7位 シャープ 5.1
8位 ソニー 5.1
9位 Apple 4.9
10位 パナソニック 4.9
11位 LG Electronics 4.7
12位 Dell 4.7
13位 Acer 4.5
14位 Hewlett-Packard 4.5
15位 Microsoft 2.7
16位 富士通 2.7
17位 Lenovo 2.5
18位 任天堂 1.4

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -