ニュース
» 2009年11月02日 07時49分 UPDATE

Mozilla、「Firefox 3.6」のβ1をリリース

Mozillaの次期Webブラウザ「Firefox 3.6」のβ1が日本語を含む各国版でリリースされた。プラグイン更新アラートやスキンアドオンのサポートなどが追加されている。

[ITmedia]

 Mozilla Foundationは10月30日、Firefox 3.6(コードネーム:Namoroka)のβ1をリリースした。Windows、Linux、Mac OS X向けの日本語を含む各国版がMozillaのサイトからダウンロードできる。

 Firefox 3.6は開発中のレンダリングエンジン「Gecko 1.9.2」を採用しており、β1では新たにスキンアドオン「Persona」を組み込んでWebブラウザの外観を1クリックで変更できるようにしたほか、更新が必要なプラグインがあるとユーザーに警告する機能を追加した。オープンフォーマットのビデオをフルスクリーンで表示できるようになり、オープンなWebフォントフォーマットの「WOFF」をサポートし、新たなCSS、DOM、HTML5技術をサポートした。また、JavaScriptのパフォーマンスと、Webブラウザの応答性と起動時間を改善したとしている。

 α1版リリース段階ではβリリースは9月初頭の予定だったが、大幅に遅れた形だ。今後のスケジュールはFirefoxの議事録によると、11月下旬にRC版(リリース候補版)を公開し、正式版は12月にリリースする見込みとなっている。

 Mozillaは、このバージョンはフィードバックを得るためのβ版であるため、常用Webブラウザとしては利用しないよう求めている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

β版 | Firefox | Firefox拡張機能 | Mozilla | ブラウザ | Gecko | HTML5


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -