ニュース
» 2009年11月06日 12時42分 UPDATE

Twitter、公式RT機能を限定公開

8月に立ち上げた公式RT機能プロジェクトが最終段階を迎え、一部のユーザーのタイムラインにRTアイコンが追加された。

[ITmedia]

 米Twitterは11月5日、ツイート(つぶやき)を引用する「retweet」機能の公式版を一部のユーザーに向けて限定的に公開したと発表した。

 Twitterの公式ブログによると、retweet(RTと略される)は「特定のつぶやきを多くの人に知らせたいときに、そのつぶやきを自分の投稿ウィンドウにコピペして、発言者のアカウント名を@とともに明記することで参照元を明らかにし、そしてそれが引用であることを示すという行為」。この行為は草の根的に普及したが、手間が掛かるため、8月に使いやすい公式機能にするプロジェクトを立ち上げた。

 タイムライン上の各ツイートにカーソルを置くと表示されるアイコンをクリックするとRTできるようにする計画だ。

retweet 8月13日付の公式ブログに掲載されたコンセプト図

 限定公開でのフィードバックに基づいて必要があれば修正し、一般に公開するという。サードパーティーの開発者に対しては既に機能の詳細とAPIを提供しているため、RT機能はTwitterホームだけでなく、アプリでもほぼ同時期から利用可能になる見込みだ。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

Twitter | 投稿 | テスト


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -