ITmedia NEWS >
ニュース
» 2009年11月09日 15時00分 UPDATE

周辺情報をレーダー風に表示 ソニー「x-Radar」携帯版

現在地周辺のスポット情報をレーダー風のナビゲーション画面で表示する携帯電話向けアプリ「x-Rader Mobile」が、ドコモ端末向けにリリース。

[ITmedia]
画像

 ソニーマーケティングは11月9日、周辺のスポット情報をレーダー風のナビゲーション画面で表示する携帯電話向けアプリ「x-Rader Mobile」を、NTTドコモ端末向けにリリースした。月額105円。

 携帯電話のGPS機能を使って現在地を特定。半径3キロ以内にあるグルメ、ショッピング、無線LANアクセスポイント情報などを、現在地を中心とした円形のレーダー型の画面にドットで表示する。ドットをクリックすれば、詳細な情報を見られる。

 スポット情報は、地図情報サイト「PetaMap」(ペタマップ)に登録された60万件の情報から検索。自由なキーワードで絞り込めるほか、「無線LAN」「カフェ」「酒場」「ラーメン」情報をそれぞれ表する専用レーダー画面も用意した。

画像

 会員登録すれば、PetaMapに新規スポット情報を登録したり、自分のお気に入りスポットを集めたオリジナルマップを作ることも可能だ。

 モバイルノートPC「VAIO type P」シリーズにPCアプリとして搭載していたサービス。11月下旬にはソフトバンクモバイル、au端末にも11月下旬に対応する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.