ニュース
» 2009年11月11日 12時20分 UPDATE

探査機「はやぶさ」エンジン異常 地球に戻れない可能性も

惑星探査機「はやぶさ」で、正常に動いていた2基のイオンエンジンのうち1基が停止。残る1基だけでは地球に戻れない可能性もあるという。

[ITmedia]
photo はやぶさ

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)はこのほど、日本の小惑星探査機「はやぶさ」に搭載したイオンエンジン1基に異常が起きたと発表した。これで4基のエンジンのうち3基が停止。残る1基だけでは推力不足で地球に戻れない可能性があり、対策を検討している。

 はやぶさのイオンエンジンは、2003年の打ち上げ直後に1基の動作が不安定になり停止。07年4月には中和機が劣化したもう1基も停止している。残りの2基のうち1基で今年11月4日、推力を維持する「中和機」が劣化、電圧上昇を起こして自動停止し、再起動できない状態に陥ったことを確認した。

 はやぶさは現在、地球から約1億6000キロ離れた場所を進んでいる。

関連キーワード

宇宙 | JAXA


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -