ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「宇宙」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
宇宙開発 ― MONOist

地上にはないリスクを想定
「衛星IoTネットワーク」とは? 宇宙で通信する意味と、地上にはない問題
地上でどのようなネットワークでも直面する問題として、ハードウェアの老朽化がある。宇宙空間にある人工衛星を使った「衛星IoTネットワーク」を構築する場合、どのような問題が発生するのだろうか。(2020/2/21)

年内にも人工流れ星放出へ エンターテイメント活用見据え
宇宙ベンチャーのALEは、同社が19年に打ち上げた人工流れ星搭載の衛星初号機が降下を始めたと発表した。2020年中には人工流れ星が見られるという。同社はエンターテインメント関連で活用を見込んでいる。(2020/2/20)

SpaceXの「Crew Dragon」での民間人宇宙旅行、早ければ2021年にも実現
宇宙旅行会社Space Adventuresが、イーロン・マスク氏のSpaceXとの契約により、宇宙船「Crew Dragon」による民間人の宇宙旅行を早ければ2021年初頭にも実施すると発表した。乗船できるのは4人で、最長5日間宇宙で過ごせる。(2020/2/19)

アストロスケール、JAXAと宇宙ごみ除去へ 
宇宙ベンチャーのアストロスケールホールディングスは、故障した日本のロケットの一部など大型宇宙ごみの除去に関する技術実証を、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と連携して実施する。(2020/2/17)

ザクのリモコンでザクを操作!? 宇宙を漂うように動くガンプラがかっこよすぎる
超音波加湿器を応用した仕掛けが噴射しつつ、姿勢やモノアイが動きます。(2020/2/3)

ISSに接続する商業宿泊モジュール「Axiom Station」、2024年立ち上げへ
米航空宇宙局(NASA)が、国際宇宙ステーション(ISS)に接続する商業モジュール構築計画を発表した。ヒューストンのAxiom Spaceが2024年に宿泊も可能な「Axiom Station」を立ち上げる。(2020/1/28)

ドコモ、5Gの次世代「6G」のコンセプト公開 「5Gの10倍」「複数要素の同時実現」「宇宙までのカバレッジ拡大」など
NTTドコモは、第6世代移動通信システム(6G)の技術コンセプトを公開した。5G技術の各要素を発展させつつ、「高速かつ低遅延」のように複数の条件を同時に実現する技術を開発していくという。6Gのサービス提供は、2030年ごろを目指す。(2020/1/22)

LEGO、国際宇宙ステーション(ISS)のレゴを70ドルで2月1日発売
LEGOが国際宇宙ステーション(ISS)のレゴモデルを2月1日に発売する。価格は69.99ドル(約7700円)。2人の宇宙飛行士と、スペースシャトルも付属する。(2020/1/22)

医療技術ニュース:
宇宙の無重力空間で委縮した胸腺は、人工重力で軽減することを解明
理化学研究所は、無重力空間を経験すると胸腺が委縮すること、その委縮は人工的な重力負荷で軽減すること、委縮が胸腺細胞の増殖抑制によって起こるという仕組みを発見した。(2020/1/22)

SpaceXの有人宇宙船、第2四半期に打ち上げるとマスクCEO
NASAとSpaceXが有人宇宙船の最終テストである打ち上げ脱出システムのテストを成功させた。イーロン・マスクCEOは記者会見で、4〜6月期には有人宇宙船を打ち上げる考えだと述べた。(2020/1/20)

目覚めたら首元にモッフモフの子猫ダブル あまりの多幸感に心が宇宙へと旅立った飼い主の漫画に共感の声が集まる
これは宇宙が見える。(2020/1/11)

前澤友作氏、AbemaTVのお見合い番組に出演 交際相手募集へ 「一人の女性を愛し続ける」「宇宙から愛を叫びたい」
前澤友作氏が、「AbemaTV」のお見合い番組に出演し、交際相手を募集すると発表。応募条件は「宇宙渡航とその準備への参加に興味のある方」など。1月下旬に選考を始め、3月末にパートナーを決定する予定。(2020/1/9)

はやぶさ2「初代と比べようもないほど元気」 帰還へ飛行順調
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、探査機「はやぶさ2」について地球帰還に向けた計画を発表し、「初代とは比べようもないほど元気」と飛行が順調であることを明らかにした。(2019/12/23)

「なんかウチ宇宙になりかけてるっぽいんだよね〜」 ギャルがふとしたはずみで宇宙化する漫画が人類には早すぎる
ギャルが日焼けしてるのかと思ったら、宇宙になりかけてた――そんな導入、ある?(2019/12/19)

「きれいだろ? ぜんぶ猫が爪でひっかけた穴なんだぜ………」 子猫が作り出した偶然の産物 “カーテンプラネタリウム”が小宇宙のような美しさ
これぞプラネコリウム。(2019/12/17)

経産省、宇宙ベンチャーと専門人材のマッチングサイト「S-Expert」を開設
経済産業省は、ベンチャー企業と宇宙専門人材のマッチングを支援するWebサービス「S-Expert」を開設した。(2019/12/12)

「ずっと大好きな作品です」 テレビアニメ「宇宙よりも遠い場所」“南極の日”である12月14日にニコ生一挙配信
配信に備えバスタオルを用意するファンも。(2019/12/7)

JAXAのガンプラ打ち上げ計画、東京五輪応援衛星が完成 ガンダムとシャアザクが宇宙からメッセージ
2020年春には富野由悠季監督書き下ろしのメッセージを、7月には東京五輪への応援メッセージを発信する予定。(2019/12/3)

リンゴ1個を基準にして、宇宙と原子の大きさを考えると……
リンゴを基準に大きいものの代表「宇宙」と、小さいものの代表「原子」を比較してみました。(2019/12/2)

ITの過去から紡ぐIoTセキュリティ:
宇宙開発への民間参入が進むと、セキュリティリスクが高まる理由
これまでネットにつながっていなかったモノがつながるようになると、リスクが増大する──IoTや制御システム、Operational Technologyの世界で起こってきた波が、宇宙空間にも及んでいる。(2019/12/2)

はちゅねミク、高度100キロの「宇宙」へ MOMO 5号機個人ペイロードで
この冬に打ち上げ予定の民間ロケット「MOMO 5号」に、はちゅねミクが乗る。(2019/11/26)

何かカッコいいけど、意味が分からない宇宙用語「ガンマ線バースト」の本当にカッコいいところを伝えたい
語感的には「滅びの爆裂疾風弾(バーストストリーム)」みたいなカッコ良さだけども。(2019/11/25)

“猫はわがままで宇宙一かわいい“4コマ漫画が「わかりみが深い」「うちの猫のことだと思った」と共感を呼ぶ
それでも猫は宇宙一かわいい!(2019/11/22)

「からあげクン」宇宙食採用へ前進 宇宙空間向けにフリーズドライの乾燥具合を調整
ローソンの「からあげクン」は10月、「Pre宇宙日本食」に認定された。現在は正式な宇宙日本食認定を目標に、保存性の向上に向けフリーズドライの温度や乾燥具合を調整している。(2019/11/19)

材料技術:
ランボルギーニ、国際宇宙ステーションでカーボンファイバー素材の研究を実施
Automobili Lamborghiniは、国際宇宙ステーションで、5種類のカーボンファイバー複合素材の研究を実施する。ランボルギーニ車と医療分野での将来的な応用を視野に入れ、5種類の複合素材が宇宙空間においてどう反応するかを分析する。(2019/11/13)

宇宙は平坦ではなく閉じている? 国際研究チームが観測データを解析して発表
定説とは異なる結果が観測されたようです。(2019/11/12)

探査機や人工衛星との超高速無線通信技術、NTTとJAXAが共同研究開始
「地上と宇宙をシームレスにつなぐ超高速大容量でセキュアな光・無線通信インフラ」を実現し、災害に強い通信インフラの提供や次世代の宇宙探査を見込んだ自律的なエコシステムの確率を目指す。(2019/11/6)

PR:「近所のかわいい猫を宇宙衛星で探す」 ネットの力で実現できるかもしれないシステムの動画が壮大すぎる
ユニークでちょっと楽しいアイデアを描いたショートムービー。(2019/10/28)

「宇宙食開発したぞ→お湯で戻す方法がないんだが……」でメーカーが考えたまさかの対応策 宇宙食マンガ「宇宙めし!」作者インタビュー
国際宇宙ステーションには設備があるけど、地球上の自社で試食したい。(2019/12/12)

宇宙ではコショウが使えるのに、ごま塩が使えない理由 宇宙食マンガ「宇宙めし!」作者インタビュー
というか、コショウ使えたんだ。(2019/12/9)

JAXAさん、何で「野沢菜の漬物を上手に食べる方法(ただし無重力)」が思い付くんです? 宇宙食マンガ「宇宙めし!」作者インタビュー
考えたことなかった。(2019/12/5)

実在の“宇宙食メーカー”に取材した異色のグルメマンガ JAXA協力で実現した「宇宙めし!」作者インタビュー
宇宙×グルメ(2019/12/2)

リコー、THETAで撮影した宇宙の360度映像を公開
リコーは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同開発した小型全天球カメラで撮影した宇宙空間の360度写真と映像を公開した。(2019/10/17)

Virgin GalacticがUnder Armourと共同開発した宇宙服を披露
Virgin Galacticが宇宙服開発でUnder Armourと提携したと発表した。2020年に開始予定の民間宇宙旅行向け。創業者のリチャード・ブランソン氏が宇宙服を着て披露した。(2019/10/17)

“瞬間移動”を来春にも提供開始、ANAホールディングス
アバターを介してエベレストや南極、宇宙など幅広い旅行体験を将来的に実現させる考えだ。(2019/10/16)

NASAとSpaceX、2020年初頭に米国製宇宙船でISSに人を輸送すると発表
NASAとSpaceXの2015年の契約で進められている「Crew Dragon」による宇宙飛行士のISSへの輸送計画について、NASAの長官が「2020年初頭には打ち上げる」と語った。2017年に予定されていた打ち上げは大幅に遅れている。(2019/10/11)

グラスのいらないカプセル入りの“食べるカクテル” スコッチウイスキーの老舗が限定リリース
宇宙旅行に持っていけそう!(2019/10/11)

NASA、リアルな月の3Dモデルを簡単に作成するための「CGI Moon kit」を公開
NASAが、月のリアルな3Dモデルを作成するためのツールキット「CGI Moon kit」を公開した。月周回無人衛星「LRO」のデータを元に、ゴダード宇宙飛行センターが開発した。(2019/10/7)

ソニック、宇宙へ 木星氷衛星探査計画「JUICE」研究者に熱望され観測装置のロゴに
研究チームたっての希望を受けて、セガがロゴデザインを提供しました。(2019/10/3)

SpaceXのイーロン・マスクCEO、「半年以内に宇宙船での軌道飛行を実現する計画」
SpaceXのイーロン・マスクCEOが、宇宙船「Starship」のプロトタイプの前で、今後の飛行計画について語った。向こう1〜2カ月以内に軌道外テスト飛行を行い、うまくいけばその半年後に軌道飛行を実施する計画だ。(2019/9/30)

宇宙(そら)へ挑む“ガンプラ” 五輪応援に極限環境対応の工夫詰め込む
2020年東京五輪・パラリンピックの期間中、「ガンダム」と「シャア専用ザク」の小型模型を宇宙に上げる計画が進行している。宇宙からガンダムがメッセージを送るのだ。宇宙は想像を超える過酷な環境で、「市販されているガンダムのプラモデル(ガンプラ)をロケットに載せればいい」とはいかない。4日にお披露目された両機の模型には、「地球連邦軍V作戦」並みの工夫が詰まっていた。(2019/9/19)

宇宙(そら)へ挑む“ガンプラ” 五輪応援に極限環境対応の工夫詰め込む
 2020年東京五輪・パラリンピックの期間中、人気アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するモビルスーツ「ガンダム」と「シャア専用ザク」(シャアザク)の小型模型を宇宙に上げる計画が進行している。宇宙からガンダムがメッセージを送るのだ。宇宙は想像を超える過酷な環境で、「市販されているガンダムのプラモデル(ガンプラ)をロケットに載せればいい」とはいかない。4日にお披露目された両機の模型には、「地球連邦軍V作戦」並みの工夫が詰まっていた。(静岡支局 石原颯)(2019/9/18)

宇宙からアムロとシャアのメッセージが降る 東京五輪×ガンダムコラボに新企画
抽選で10人に、メッセージ動画がTwitterのDMで届きます。(2019/9/4)

市販プロジェクターで“非破壊検査”、宇宙線でピラミッドを「透視」──イノベーション・ジャパン2019で見た注目技術
大学やベンチャー企業のテクノロジー見本市「イノベーション・ジャパン2019」で展示されていた技術を紹介していく。(2019/9/3)

宇宙を感じる「大人用おしゃぶり」レビュー漫画 童心通り越す赤子スタイルに「興味わきました」「これほしいです」と大人からの声
これがバブみか……。(2019/9/3)

石原さとみが「TikTok」初降臨! 宇宙一かわいい“全力顔”に「まさかの本物!?」「かわいすぎて気絶寸前」の声
優勝です。(2019/8/30)

宇宙開発:
リコー「THETA」が宇宙へ踏み出す、JAXAとの共同開発で実現
リコーとJAXA(宇宙航空研究開発機構)は2019年8月28日、宇宙空間を360度全方位に同時撮影できる小型全天球カメラを共同開発したと発表した。リコーが製造、販売する全天球カメラ「RICOH THETA(リコー・シータ)」をベースとして開発したもので、宇宙空間で用いる全天球カメラとして世界最小を実現したという。(2019/8/29)

JAXAとリコー、宇宙空間で使える「THETA」を共同開発 9月に打ち上げ
JAXAとリコーが、宇宙空間で使える小型全天球カメラを共同開発した。宇宙ステーション補給機「こうのとり」で打ち上げ、宇宙空間を撮影する。(2019/8/28)

SpaceXの「Starhopper」、150m上空でのホバリングテスト成功(動画あり)
イーロン・マスク氏率いるSpaceXが、開発中の有人宇宙船「Starship」のプロトタイプ「Starhopper」の打ち上げテストを成功させた。150mの高さまで上がり、1分間ホバリングした後無事着陸した。(2019/8/28)

製造IT導入事例:
ビジネスジェット機の開発に3DEXPERIENCEプラットフォームを導入
Dassault Systemesは、フランスの航空機メーカーのダッソー・アビエーションが同社の「3DEXPERIENCEプラットフォーム」を採用したと発表した。航空宇宙産業向けソリューションをビジネスジェット機「ファルコン」の全開発プログラムに導入した。(2019/8/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。