ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2009年11月20日 07時00分 UPDATE

OCNがシングルサインオンに対応 メアドで全サービスログイン可能に

OCNは、ブログサービスなど全サービスに、メールアドレスでログインできるようにする。トップページもリニューアルし、ポータルサイトとしての機能を充実させる。

[小笠原由依,ITmedia]

 NTTコミュニケーションズは11月19日、OCNブランドの全サービスのログインIDを、OCNのメールアドレスに一本化すると発表した。トップページもリニューアル。各サービスにアクセスするアイコンを目立つ位置に置き、ポータルサイトとしての機能を充実させる。

 従来、OCNサービスのログインIDはサービスごとに異なっていた。まずは11月24日から、ブログサービス「ブログ人」でメアドによるログインに対応する。

 トップページも同日リニューアル。メールやブログ、オンラインストレージ「cocoaギガストレージ」といったOCNのサービスにリンクするアイコンを設置し、メアドでログインすればアイコン位置をカスタマイズできるようにする。

 今後、対応サービスを順次増やし、「次期は未定だが」(同社の工藤潤一担当部長)全サービスでメアドによるログインに対応する予定。Cookieを利用し、1度ログインすれば、ほかのサービスをそのまま利用できるようにする。

 NTTグループが2010年3月までに提供予定の、OpenIDに準拠したグループ内シングルサインオンサービスにも対応。対象サービスやパートナー企業のサイトにOCNのメアドでログインできるようにする。

photo リニューアル後のトップページのイメージ

 ブログやメールなど、トップページからアクセスできる各サービスも拡充させる。メールに書かれた住所と「goo地図」を連携させる機能、日時をクリックするとスケジューラーに登録できる機能などを搭載。Webメールの保存容量は従来の10倍の1Gバイトまで増やし、保存期間を無期限にする。ブログ人は新たに「レコーディングダイエットテンプレート」など用途を絞ったテンプレートを提供。容量は1Gバイトに増やす。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.