ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「goo」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「goo」に関する情報が集まったページです。

goo Simsellerが「ZenFone 7/7 Pro」発売 特価+割引で5万8800円(税別)からに
NTTレゾナントは、10月23日11時からASUSの5G対応スマホ「ZenFone 7」「ZenFone 7 Pro」を発売。11月4日まで特価販売を行い、各種割引の適用で5万8800円(税別)から購入できる。(2020/10/21)

「Xperia 10 II」、10月1日にIIJmio、goo Simseller、mineo、nuroモバイルが発売
IIJmio、goo Simseller、mineo、nuroモバイルが、ソニーモバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「Xperia 10 II」を10月1日に発売する。(2020/9/25)

goo Simseller、限定カラーの「Redmi Note 9S」を特価販売 割引併用で1800円に
NTTレゾナントは、8月17日から同社運営「goo Simseller」でXiaomi製スマートフォン「Redmi Note 9S」の限定カラーを発売。特価販売を実施し、割引を併用すると4GB/64GBモデルを1800円(税別)で購入できる。(2020/8/14)

goo Simsellerの「TCL 10 Lite」、8月17日まで記念特価1万3100円で販売
NTTレゾナントは、同社運営の「goo Simseller」でTCL製スマートフォン「TCL 10 Lite」を発売。販売開始を記念し、8月17日まで通常2万100円を1万3100円(税別)で提供する。(2020/7/28)

文章を書きながら推敲できるメモ帳アプリ 校正や単語の言い換えをボタン1つで
NTTレゾナントが、ボタン1つで文章を校正したり、ある単語の別の表現を検索したりできるメモ帳アプリ「idraft by goo」をリリース。ブログや資料の文章をより表現豊かにできるという。(2020/7/28)

App Town 仕事効率化:
辞書検索や校正機能付き SNSやブログの文章作成に使える「idraft by goo」アプリ
NTTレゾナントは、スマホ向け文章作成アシストアプリ「idraft by goo」のiOS版を提供開始。辞書検索、文章の下書き、校正・単語の言い換え機能を備え、ブログやSNSでの文章作成をサポートする。Android版は2020年8月頃に提供となる予定だ。(2020/7/27)

goo Simseller、「TCL 10 Pro」を2万3400円〜3万6400円で販売
NTTレゾナントは、同社運営の「goo Simseller」で6.47型有機ELディスプレイを搭載したTCL製スマートフォン「TCL 10 Pro」を発売。販売開始を記念し6月15日まで通常3万6400円を2万9400円(税別)で提供する。(2020/5/29)

IoT電球のオン/オフで家族を見守る「goo of thingsでんきゅう」発売
NTTレゾナントは、3月23日に「goo of thingsでんきゅう」の一般販売を開始。gooのIoTサービス「goo of things」のIoT電球対応アビリティで、電灯のオン/オフ情報を元に異常があった場合はアプリへアラートを通知する。(2020/3/23)

スポーツマーケティング最前線:
2位渋野日向子、3位羽生結弦、4位大谷翔平 「2019年度に注目されたアスリート」ランキング1位は?
世界で活躍するスポーツ選手の知名度を利用して、CMやイメージキャラクターに起用する企業のトレンドが続いている。NTTレゾナントが「gooウェブ検索」において検索ログを用いて調査した「2019年度に注目されたアスリート」ランキングでは、2位渋野日向子、3位羽生結弦、4位大谷翔平と続いた。1位は?(2020/3/9)

TCL製スマホ「PLEX」がgoo Simsellerで販売 3月25日まで一括9000円
FOXは、2月21日にNTTレゾナントが運営する「goo Simseller」でTCL製スマホ「PLEX」を販売開始。通常価格は2万100円だが、3月25日11時まで一括9000円で販売する(2020/2/21)

「Xperia Ace」の販路拡大 IIJmio、mineo、goo Simseller、nuroモバイルが取り扱い
MVNOサービスのIIJmio、mineo、goo Simseller、nuroモバイルが、「Xperia Ace」を取り扱う。カラーはブラックとホワイトの2色。いずれもSIMロックフリーで販売される。(2019/9/24)

AIが「対話できるキャラクター」を現実に、“大人の究極のごっこ遊び”の第一歩
顧客やファンのエンゲージメントを高めるチャットbotを提供してきたgooは、チャットbot作成プラットフォーム「goo botmaker」を提供開始した。プロジェクト第1弾の壽屋との取り組みを取材した。(2019/9/11)

MVNOも「ZenFone 6」を取り扱い 最安はgoo Simsellerの5万5800円
ASUSの最新スマートフォン「ZenFone 6」は、ASUSの公式ストアや量販店の他、MVNOも取り扱う。ASUS JAPANが案内している希望小売価格(税別、以下同)は、128GBモデルが6万9500円、256GBモデルが8万2500円。ここでは、現在判明しているMVNOの価格をまとめた。(2019/8/21)

短歌の5文字を入力→残りの「7・5・7・7」自動生成 5000首学んだ「恋するAI歌人」現る
短歌の最初の5文字を入力すると、残りの26文字をAIが自動生成するサービス「恋するAI歌人」が登場。NTTレゾナントのAI対話エンジン「gooのAI」を活用している。(2019/8/8)

「みんなでキャラクターを育てる」 NTTレゾナント、誰でもチャットbot作れる「goo botmaker」開発へ
NTTレゾナントが、エンドユーザー向けのチャットbot作成サービス「goo botmaker」を発表。今年度中の公開を目指し、壽屋と共同プロジェクトを開始した。(2019/4/16)

“AI社員”にいつでもOB・OG訪問 JALがLINEでチャットbot公開
LINEトーク上で、就活生の質問や疑問に答えるAIチャットbotを日本航空が採用。NTTレゾナントのAI導入支援サービス「goo AI×DESIGN」を活用した。(2019/3/4)

goo Simseller、「AQUOS sense2 SH-M08」を2万1800円(税別)でセット販売
NTTレゾナントは、12月25日に通販サイト「goo Simseller」で、シャープ製SIMフリースマホ「AQUOS sense2 SH-M08」のセット販売を開始。「OCN モバイル ONE(音声対応SIM)」とのセットを2万1800円(税別)で提供する。(2018/12/25)

Zabbix Conference Japan 2018レポート:
PR:約4000台の仮想マシン基盤を2〜3人で監視――gooでおなじみのNTTレゾナントが「Zabbix」を選んだ理由
Zabbixのユーザーやパートナーが集う毎年恒例のイベント「Zabbix Conference Japan 2018」が11月16日に開催された。本稿では、当日の模様をレポートする。(2018/12/12)

goo Simseller、「HUAWEI Mate 20 Pro」と中古「iPhone X」を10セット限定で販売 約10万円
NTTレゾナントは、11月28日に通販サイト「goo Simseller」で、ファーウェイ製「HUAWEI Mate 20 Pro」と「OCN モバイル ONE(音声対応SIM)」を8万4800円(税別)でセット販売開始。さらに中古の「iPhone X」を加えたセットを9万9800円(税別)で限定抽選販売するほか、公式Twitterアカウントでは端末プレゼントキャンペーンも行う。(2018/11/28)

楽天モバイルとgooSimseller、SIMフリー「AQUOS sense plus SH-M07」発売
NTTレゾナントと楽天は、シャープ製スマートフォン「AQUOS sense plus SH-M07」を6月21日から順次発売。gooSimsellerでの取り扱いは「OCN モバイル ONE」とのセット販売で一括価格2万9800円(税別)、楽天モバイルの一括価格は3万2800円(税別)となる。(2018/6/21)

goo Simsellerがトリプルスロット&DSDS対応5型スマホ「FLEAZ BEAT」の販売を開始 一括6800円から
NTTレゾナントはの通販サイト「goo Simseller」でコヴィア製SIMロックフリースマートフォン「FLEAZ BEAT」の販売が始まった。限定色「インディゴ」を含む2色展開で、「らくらくセット」での一括購入価格は6800円(税別)となる。(2018/6/8)

「自分が読むべきニュース分かる」 AI活用で「gooニュースアプリ」が進化
NTTレゾナントが、スマートフォンアプリ「gooニュースアプリ」にAIを活用したインフォグラフィック機能を搭載する。ユーザーが目指す理想の自分と現状のギャップをAIが分析し、今自分が読むべきニュースをレコメンドするという。(2018/4/19)

実際のURLへのリダイレクトは継続:
Google、短縮URLサービスを終了、「Firebase Dynamic Links(FDL)」を推奨
Googleは、短縮URLサービス「Google URL Shortener」(goo.gl)の終了計画を発表し、同社の「Firebase Dynamic Links(FDL)」などを推奨する方針を明らかにした。(2018/4/3)

「goo.gl」で始まるGoogleのURL短縮サービスが終了へ 既存のリンクは引き続き有効
匿名ユーザーなどは、4月13日から新しい短縮URLが作れなくなります。(2018/4/2)

Google、URL短縮サービス「goo.gl」を2019年3月30日に終了へ
Googleが2009年から提供してきたURL短縮サービス「Google URL Shortener」(goo.gl)を終了する。同社は自社のスマートURL「Firebase Dynamic Links」あるいはBit.lyやOw.lyなどの他社サービスへの移行を勧めている。(2018/4/2)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
3万円で買えるデュアルカメラ! 「HUAWEI nova lite 2」「gooのスマホ g08」で撮りまくる
「HUAWEI nova lite 2」と「gooのスマホ g08」は、3万円あればお釣りが来る価格で購入できるデュアルカメラスマホ。前者はアウトカメラ、後者はインカメラという構成なのだが、とりあえず撮ってみるのである。(2018/3/27)

「gooSimseller」のSIMフリースマホはなぜ安いのか? NTTレゾナントとNTTコムに聞く
アグレッシブな価格設定で最新のSIMフリースマートフォンを販売している「gooSimseller」。なぜ、他社よりも圧倒的に安く販売できるのか? 独自ブランド「gooのスマホ」の狙いは?(2018/3/20)

gooSimseller、中古スマホと開通済みSIMのセット販売を開始 7800円のiPhone 6も
NTTレゾナントは、2月27日に通販サイト「goo Simseller」で中古スマホのらくらくセット販売を開始。開通済みのSIMカードと端末をセットで届け、端末が手元に届き次第すぐに利用を開始できる。販売開始を記念し、市場価格から63%オフとなる特別価格販売を台数限定で行う。(2018/2/27)

5.7型HD+液晶や4GBメモリ搭載で6800円から gooの最新スマホ「g08」発売
NTTレゾナントが、「gooのスマホ」の新機種「g08」を発売。ウイコウ・ジャパンと共同開発したミッドレンジのスマートフォン。発売記念特価として6800円で購入できる。(2018/2/23)

gooSimsellerでメーカー認定整備済「iPhone 6s」発売 限定特価で一括2万9800円(税別)から
NTTレゾナントは、1月25日に通販サイト「goo Simseller」でメーカー認定整備済のiPhoneと「OCN モバイル ONE」のセット販売を開始。らくらくセットの一括購入価格は、iPhone 6s(16GB)が3万6800円(税別、以下同)、iPhone 6s(64GB)が4万9800円で、16GBモデルは台数限定で2万9800円で提供する。(2018/2/8)

gooSimseller、18:9液晶のSIMフリースマホ「Wiko View」発売 SIMとセットで1万円台
NTTレゾナントは、1月25日に通販サイト「goo Simseller」でSIMフリースマホ「Wiko View」を発売。18:9のディスプレーを採用し、自然なセルフィーを撮影できる1600万画素のインカメラを搭載している。らくらくセットの一括購入価格は1万7400円(税別)。(2018/1/25)

gooSimseller、NFCリーダー内蔵で約1万円のSIMフリースマホ「FLEAZ Que +N」発売
NTTレゾナントは、12月15日に通販サイト「goo Simseller」でSIMフリースマホ「FLEAZ Que +N」を発売。4.5インチディスプレイにNFCリーダー、高性能ジャイロセンサーを搭載している。(2017/12/15)

gooSimseller、スペック強化&新色を追加した「g07++」発売
NTTレゾナントは、12月4日に通販サイト「goo Simseller」で「g07++」を発売。液晶パネルの改善、カメラの高解像化など「g07+」より大幅に強化している。(2017/12/4)

gooSimsellerが「AQUOS sense lite SH-M05」を発売 限定色「Blue」もラインアップ
NTTレゾナントの通販サイト「goo Simseller」で、シャープのSIMロックフリースマートフォン「AQUOS sense lite SH-M05」の販売が始まった。同通販限定色である「Blue」を加えた4色を展開する。(2017/11/30)

今年の流行語大賞はデータで分かる? NTTが検索ログから予想
NTTレゾナントが、2017年の流行語大賞を予想。gooやdメニューの利用動向から、あの“SNS用語”が大賞になりそうだという。(2017/11/28)

gooSimsellerで中古スマホ販売開始 「グラム買取キャンペーン」も
NTTレゾナントは、11月7日に「gooSimseller」で中古スマートフォンの取り扱いを開始。iPhoneやXperiaなどのハイエンド機種を中心にラインアップし、独自に設けた厳しい基準により安心して利用できる。中古端末の購入者を対象とした「古いの重いの大歓迎!でんわ何でも グラム買取キャンペーン」も行う。(2017/11/8)

検索型UIを全て対話型UIに変える覚悟:
gooが20周年でAI戦略を発表、「世界が驚愕する日本の“おもてなし”要求を取り込んで外資勢に対する競争優位を獲得する」
ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナントは2017年9月20日、メディアカンファレンスを開催し、2017年度下期事業展開として、AIを応用した2つの取り組みを開始すると発表した。(2017/9/22)

不要語が多くなる音声検索をサポート:
NTTレゾナント、AI型ECサイト内検索「goo Search Solution」に新機能「不要語の除外」を搭載
NTTレゾナントは日、AI型ECサイト内検索「goo Search Solution」において、新機能「不要語の除外」を提供すると発表した。(2017/9/15)

goo Simseller、ダブルレンズカメラ搭載&DSDS対応スマホ「FR7101AK」発売
通販サイト「goo Simseller」が、FRONTIER製Androidスマートフォン「FR7101AK」の販売を開始した。一眼レフのような写真を撮れるダブルレンズカメラを搭載し、デュアルSIM/デュアルスタンバイ(DSDS)に対応する。(2017/8/24)

ターゲティング広告の精度向上に貢献:
「goo」のビッグデータを活用したユーザーインサイト可視化ツール、クロスリスティングが提供
クロスリスティングはNTTレゾナントと連携し、「goo」の検索データや「教えて!goo」の行動データを活用したユーザー理解・キーワード発掘ツール「MindPick」の提供を開始した。(2017/8/10)

メモリとストレージを増量 gooの4型スマホ「g06+」、OCNのSIMセットで7800円
NTTレゾナントが、スマートフォンの新製品「g06+」を発売。「OCN モバイル ONE」のSIMカードとセットで7800円。「g06」からメモリやストレージを増量させた。(2017/7/31)

API活用で実現 地下と地上をシームレスにガイドする「札幌地下街透過マップ」
NTTレゾナントは、色づけや立体化で分かりやすい地図を作る「gooラボ 地図API」の活用例として、「札幌地下街透過マップ」を公開。札幌の地下街と地上をシームレスに案内する。(2017/6/26)

ITライフch:
au対応でパワーアップしたSIMフリースマホ「g07+」 デュアルSIM デュアルスタンバイ時の注意点は?
NTTレゾナントが3月に発売した、“gooのスマホ”の最新版「g07+」。低価格ながらミッドレンジの性能をもつ「g07」にいくつかの改良が施されている。その一つ、DSDSに着目して、実際の使用感を検証します。(2017/4/27)

「何となく旅行したい」――人工知能が気分を推察、旅行プランを提案 gooが新サービス
AIがユーザーと対話を繰り返しながら、気持ちを推察し、旅行プランを提案。AIは「教えて!goo」「gooブログ」「goo旅行」などのデータを学習しているという。(2017/3/27)

NTTレゾナント、「HUAWEI nova lite」+SIMを1万4800円(税別)で販売
NTTレゾナントは、通販サイト「goo Simseller」でファーウェイのSIMロックフリースマートフォン「HUAWEI nova lite」を1万4800円(税別)で販売開始。5.2型フルHD液晶や1200万画素の高性能カメラを搭載している。(2017/2/24)

NTTレゾナント、1万円代のVoLTE対応エントリースマホ「Tommy」販売開始
NTTレゾナントの通販サービス「goo Simseller」において、Wiko(ウイコウ)のSIMフリースマホ「Tommy」の販売を開始した。販売価格は「OCN モバイル ONE」のSIMカードとのセットで1万3200円(税別)となる。(2017/2/22)

SIM通:
充実の性能で19,800円!「gooのスマホ」の新機種「g07」が登場
NTTレゾナントは「gooのスマホ」の第7弾となる「g07」を発表した。gooのスマホシリーズでは初のアルミボディを採用。DSDSに対応していながら、19,800円の価格を実現している。(2016/12/30)

NTTレゾナント、DSDS対応の「gooのスマホ g07」を発売 SIMカード付きで直販価格1万9800円
NTTレゾナントが販売する「gooのスマホ」の第7弾が登場する。gooのスマホとしては初めて「DSDS(Dual SIM Dual Standby)」に対応し、2枚のSIMカードで同時に音声通話・SMSの待受ができるようになっている。(2016/12/14)

NTTレゾナント、月額1980円から利用できるスマホ&音声SIMセットを販売開始
NTTレゾナントは、オンラインショップ「goo Simseller」でSIMロックフリースマートフォンと音声SIMのセット販売を開始。利用料金は月額1980円(税別)から、最低利用期間6カ月で利用できる。(2016/10/17)

SIM通:
LTE対応スマホ最安値!新しい「gooのスマホ g06」最速レビュー
NTTレゾナントの「gooのスマホ」第6弾となる「g06」。最近では珍しい4インチのコンパクトサイズのLTE対応端末で、価格は7,800円。今回は、実機を使って実際の使い心地を試してみました。(2016/9/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。