ニュース
» 2009年11月26日 14時52分 UPDATE

Microsoft、「USB版Windows 7」作成ツールのオープンソース化に遅れ

MicrosoftはWindows 7関連ツールのソースコードを先週公開する予定だったが、今は「数週間以内」の公開を目指している。

[ITmedia]

 米Microsoftは、USB版Windows 7作成ツールをオープンソース化する作業が遅れていることを明らかにした。

 同社は先週、Windows 7入りのブータブルUSBメモリを作成するツール「Windows 7 USB/DVD Download Tool(WUDT)」のソースコードをGPLライセンスの下で公開する予定だったが、まだテストとローカライズの作業が残っていると説明している。現在は「数週間以内に、同じ日にすべての言語で公開する」ことを目指しているという。

 同社は11月半ばに、このツールにGPLコードが含まれていることを認めて謝罪し、同ツールをオープンソース化することを約束した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -