ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オープンソース化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!オープンソース開発→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でオープンソース開発関連の質問をチェック
質問!オープンソースソフトウェア→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でオープンソースソフトウェア関連の質問をチェック

リアルタイムOS列伝(6):
買収の果てにオープンソース化した「Micrium μC/OS」、実は使い勝手がいい!?
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第6回は、ミッションクリティカルな用途でも広く用いられている「Micrium μC/OS」を取り上げる。(2020/10/6)

ランタイムのOSS化で自由度拡大
Pythonの知識だけでWebアプリを開発できる「Anvil」
Anvilは、Pythonだけで開発できるフルスタックのWebアプリケーション開発環境だ。ランタイムがオープンソース化されたことで、オフライン環境にもアプリケーションをデプロイできるようになった。(2020/6/26)

日本マイクロソフト COVID-19軽症患者向けの健康管理アプリに技術協力
日本マイクロソフトは、東京都がCOVID-19軽症患者向けに提供する「健康管理アプリケーション」に技術協力した。同社は、他の自治体でも同アプリケーションを利用できるよう「GitHub」にソースコードを公開した。(2020/6/24)

Code for Japan、「濃厚接触確認アプリ」をオープンソース化 政府主導の開発決定でアプリ公開は取りやめ
エンジニアの民間団体コード・フォー・ジャパンは、新型コロナウイルス陽性患者と濃厚接触した恐れのある人に通知を送るアプリ「まもりあいJAPAN」のソースコードをオープンライセンスでGitHub上に公開した。厚労省が主体となって接触確認アプリを作ることになったため、同団体からのアプリ公開はなくなったという。(2020/5/19)

「TensorFlow」や「PyTorch」のラッパー機能を備える:
商用利用可能なPython向け機械学習ライブラリ「SmallTrain」 Geek Guildがオープンソース化
Geek Guildは、Python向け機械学習ライブラリのオープンソースプロジェクト「SmallTrain」を開始する。商用利用が可能な学習済みのAIモデルを備え、ユーザーのデータを学習させることで、独自の学習済みモデルを構築できる。(2020/5/7)

Microsoftサービス契約の是非
Microsoft製品で共有した機密情報は「オープンソース化」される!?
コンサルタント企業Cernoが、Microsoftサービス契約の条項には問題があると主張している。Microsoft製品で他者と共有したコンテンツは全世界に公開される可能性があるという。(2020/4/7)

メルカリがOINに参加 「メルカリ」「メルペイ」関連の特許をオープンソース化
メルカリが、Linux関連の特許管理を手掛ける企業コンソーシアム「Open Invention Network」(OIN)に加盟。「メルカリ」「メルペイ」などで使用している技術の特許をオープンソース化。約3200社の加盟企業とのクロスライセンスの対象にする。(2020/3/26)

東京都の新型コロナ対策サイト“爆速開発”の舞台裏 オープンソース化に踏み切った特別広報チームの正体
東京都の「新型コロナウイルス対策サイト」は、都の公式サイトとしては初のオープンソースなWebサイトだ。このサイトは、元ヤフー社長の宮坂学副知事率いる「特別広報チーム」が、発足から1週間で公開したものだった。(2020/3/18)

ばらばらなOSSツールのUIを統一:
Spotifyが開発者ポータル「Backstage」をオープンソース化
Spotifyは2020年3月16日(米国時間)、社内向けに開発し、活用してきた開発者向けポータル構築プラットフォーム、「Backstage」をオープンソース化したと発表した。(2020/3/17)

完全畳み込みアコースティックモデルを採用:
Facebook、オンライン音声認識に使用可能な推論フレームワークをオープンソース化
Facebook AI Researchは、オンライン音声認識に使用可能な推論フレームワーク「wav2letter@anywhere」を開発し、オープンソースソフトウェアとして公開した。(2020/1/21)

組み込み開発ニュース:
TOPPERSが64ビットRISC-Vに対応、リアルタイムOSカーネルを公開
TOPPERSプロジェクトは、Sipeedが開発した64ビットRISC-Vプロセッサ搭載ボード「Maixduino」に、μITRON系のリアルタイムOSカーネル「TOPPERS/ASPカーネル(Release 1.9.3)」をポーティングし、オープンソース化する。(2019/12/13)

AWSと容易に連携できる:
データサイエンティストに優しいフレームワーク「Metaflow」、Netflixがオープンソース化
Netflixは、データサイエンスプロジェクトの構築や管理のフレームワークとして開発、利用してきた「Metaflow」をオープンソース化した。データサイエンティストに余分な負担を掛けずに利用できるよう設計されており、AWSを通じて大規模に展開しやすい。(2019/12/9)

Google、ダンボールHMD「Cardboard」のSDKをオープンソース化
10月にVR HMD「Daydream View」を終了したGoogleが、段ボールゴーグルにスマートフォンをセットするタイプのVR HMD「Cardboard」の開発関連ツール一式をオープンソース化した。(2019/11/8)

「Bash」と「PowerShell」のどちらを選ぶべきか【後編】
Windows 10で「PowerShell」を使い続ける人、「Bash」に移る人を分ける条件
多様性の面で「Bash」に後れを取っていた「PowerShell」は、オープンソース化でその距離を縮めつつある。両者のどちらを選ぶべきなのか。(2019/10/20)

Google、プライバシーを保護しながらデータセットを解析する「Private Join and Compute」をオープンソース化
Googleが、プライバシー保護の取り組みの一環で、データを暗号化したまま処理するツール「Private Join and Compute」をオープンソースで公開した。(2019/6/20)

検索語に含まれない結果を出力:
Microsoft、Bingの概念検索に使用するAIライブラリ「SPTAG」をオープンソース化
Microsoftは、検索エンジン「Bing」で使用する高速な近似最近傍探索ライブラリ「SPTAG」をオープンソースソフトウェアとして公開した。単純な単語の検索ではなく、関連性の高いベクトル探索が可能になる。(2019/5/17)

docs.microsoft.comにも統合:
Microsoft、「Xamarin」の全APIドキュメントをオープンソース化
Microsoftは、モバイルアプリの開発プラットフォームである「Xamarin」の全てのAPIドキュメントをGitHubでオープンソースとして公開した。(2019/5/13)

ヤフー、分散表現の学習時間を短縮するAI技術「yskip」をオープンソース化
ヤフーが分散表現の学習時間を短縮するAI技術「yskip」をGitHubで公開した。(2019/4/18)

さよならFlash、去らぬ脅威――FireEyeがFlashマルウェア分析ツールをオープンソース化
「Flashの提供終了後はセキュリティパッチが公開されなくなるため、脅威は増大する」とFireEyeは予想する。(2019/4/17)

Microsoft、「Windows電卓」をGitHubでオープンソース化
Microsoftが、Windows付属の電卓アプリ「Windows電卓」をGitHubで公開した。開発者は機能追加を提案したり、自分のアプリに機能を取り入れたりできる。(2019/3/7)

IPビジネスからの移行:
MIPS、オープンソース化で「RISC-V」越えを狙う?
MIPSアーキテクチャのISA(命令セット)をオープンソース化する方針を発表したWave Computing。しかし、オープンソース化を実現するということは、長い間慣れ親しんできた既存のIP(Intellectual Property)ライセンスビジネスであるMIPSから、大きく移行することを意味する。(2019/2/25)

OpenAI、まことしやかなフェイクニュースも簡単生成の言語モデル「GPT-2」の限定版をオープンソース化
非営利の米AI研究企業OpenAIが、人間が冒頭テキストを与えるとコンテキストを判断して首尾一貫した続きの文章を生成する言語モデル「GPT-2」を発表。フェイクニュース生成などの悪用を懸念し、オープンソース化はしない。(2019/2/15)

スマートストア構築支援に向けた取り組みの一環:
日本マイクロソフト、GitHub上でクラウドPOSなどのソースコードを公開
日本マイクロソフトは2019年1月29日、日本独自の取り組みとして、小売業が「スマートストア」構築に使えるキャッシュレス/スマートフォン決済対応POSや、商品マスター/在庫管理システムのソースコードを、GitHub上で公開すると発表した。(2019/1/29)

企業内データを「Google検索」:
Googleが「Cloud Search Connector SDK」をオープンソース化、企業内のあらゆるデータを検索可能に
Googleは、「Cloud Search Connector」の作成を支援する「Cloud Search Connector SDK」と、同社が作成したリファレンスコネクタをオープンソース化して公開した。企業内のユーザーが、企業内のさまざまなデータをGoogle検索のように調べることができるようになる。(2019/1/28)

GoogleとSony Pictures Imageworks、VFX用レンダリング管理システム「OpenCue」をオープンソース化
Google Cloud Platformを利用しているSPE傘下のVFX企業Sony Pictures Imageworksが、Googleと協力して自社のレンダリング管理システムを「OpneCue」としてオープンソース化した。(2019/1/25)

Apple、CloudKitのベース「FoundationDB Record Layer」をオープンソース化
Appleが2015年に買収したデータベース企業FoundationDBは、同社のJava API「FoundationDB Record Layer」をオープンソース化した。「Record LayerはAppleのCloudKitのバックボーンを形成している」としている。(2019/1/15)

サービスとしてのファームウェア(FaaS)に対応:
Microsoftが「UEFI」コアをオープンソース化、「Project Mu」を発表
Microsoftは、「Surface」や「Hyper-V」といったMicrosoft製品で利用されている「UEFI」コアをオープンソース化し、「Project Mu」として発表した。(2018/12/21)

1日に1兆イベントを処理可能:
Microsoft、ストリーミングアナリティクスエンジン「Trill」をオープンソース化
Microsoftは、「Bing」や「Azure Stream Analytics」などで利用している高性能なストリーミングアナリティクスエンジン「Trill」をオープンソース化した。(2018/12/20)

組み込み開発 インタビュー:
低コストFPGAで深層学習、コア技術をオープンソース化したベンチャーの狙い
LeapMindは2018年10月19日、組み込み向けFPGA上でディープラーニングを動作させるソフトウェアスタックをオープンソースで公開した。同社が今まで強みとしてきた技術が、誰でも利用もできるようになった。同社CTO(最高技術責任者)を務める徳永拓之氏に、blueoilとはどのようなもので、何が実現できるのか。そして、オープンソース化した狙いなどを聞いた。(2018/10/22)

Microsoft、OINに参加し、6万件以上の特許をオープンソース化 「Linuxを保護する」
MicrosoftがLinux推進を目指す特許管理会社Open Invention Network(OIN)に参加し、6万件以上のLinux関連特許を2650社以上のメンバー企業に無償で提供すると発表した。(2018/10/11)

LinuxとmacOS利用者も関心を寄せる
「PowerShell」の未来はオープンソース化によってどう変わるのか
Microsoftは同社の「PowerShell」の開発を秘密裏に進めることはなくなった。PowerShellをオープンソースに移行することにはメリットがある。だが、ユーザーもこうした移行の影響に対処しなければならない。(2018/10/9)

TOPPERS:
TOPPERSプロジェクト、教育用プラットフォームをOSSとして提供
TOPPERSプロジェクトが教育用として開発した組み込みソフトウェアプラットフォーム「TOPPERS BASE PLATFORM(ST)V1.3.0」「TOPPERS BASE PLATFORM(CV)V1.0.0」のオープンソース化を発表した。IoT製品の開発に利用できる。(2018/6/28)

気になるニュース&ネット記事:
Swift For TensorFlowのオープンソース化など、GW前後の機械学習関連ニュースまとめ
GWを挟んでここ2週間ほどの、ちょっと気になるお薦めのニュースや記事を集めてみた。(2018/5/7)

ガシャ誤表記問題の「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」 ソースコードを公開する“詫びソースコード”実施
評価する声や「見ても意味が分からない」とする声などさまざま。(2017/11/16)

全ソースコードをコミュニティーに公開
NoSQLデータベース「Riak」をBet365が買収、エンタープライズ版もオープンソース化
BashoからRiakのソースコードや商標権を買収したのは、ソフトウェア企業ではなくブックメーカー企業のBet365だった。(2017/10/27)

米MIT、「読み込みによる動画の再生ストップを減らす人工知能」開発 オープンソース化で視聴が捗るようになるかも
従来のシステムよりも、リバッファの発生率が10〜30%低減。(2017/8/17)

人工知能ニュース:
深層学習プログラム開発用のコアライブラリをオープンソース化
ソニーは、ディープラーニングのプログラム開発を支援する「コアライブラリ:Neural Network Libraries」をオープンソース化した。一連の開発工程を効率的にする同ソフトウェアは、機能追加や移植が容易な設計になっている。(2017/7/10)

新たなAIサービス創出へ ソニー、ディープラーニングの「コアライブラリ」をオープンソース化
ソニーが6月27日、ディープラーニングのプログラムを開発できるコアライブラリをオープンソース化した。開発者がコアライブラリを使って自由にAI関連の機能を開発できるようになる。スマートフォンやIoTデバイスへの移植も可能。(2017/6/27)

社外の力が新たな価値を生む
Uberの知られざるデータ見える化ツール「deck.gl」、OSS化の本当の狙いとは?
自社開発したデータ視覚化ツールのオープンソース化に踏み切ったUber Technologies。その狙いは、イノベーションを自社に環流させることにある。(2017/5/11)

オープンソースに不可欠なもの
Red Hatいわく「ライセンスだけでは本物のオープンソースとはいえない」
Red HatのホワイトハーストCEOが、一部の組織が行っているオープンソースは「有名無実」だと主張。ソースコードを公開してライセンスを定めただけでは足りないと言う。何が足りないのか?(2017/5/11)

共同創業者でCEOのMarietti氏に聞いた:
APIマネジメントの世界で急速に成長する、Kongという存在
買収の続くAPIマネジメントの世界において、オープンソースかつ独立企業として注目を集めつつあるのがMashapeだ。2015年にオープンソース化した「Kong」は、200万以上ダウンロードされたという。CEOのAugusto Marietti氏に、同社の戦略を聞いた。(2017/4/27)

LinuxKitは壇上でオープンソース化:
米Docker、DockerConでMoby ProjectとLinuxKitを発表
米Dockerは2017年4月18日(米国時間)、同社のイベント「DockerCon 2017」で、新たなオープンソースプロジェクト「Moby Project」を発表。一方で軽量Linux構築ツールキット「LinuxKit」をオープンソース化した。(2017/4/19)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「オープンソース vs. Windows」の最前線だったミュンヘンの現在
なぜ2000年代にオープンソース化を大胆に進めたミュンヘンは、今になってWindows 10へ移行しようとしているのだろうか。(2017/3/20)

GitHubで公開:
インテル、Spark対応の分散型ディープラーニングライブラリ「BigDL」をオープンソース化
インテルがデータサイエンティストのディープラーニング活用を支援する「Apache Spark」対応分散型ディープラーニングライブラリ「BigDL」をオープンソース化。GitHubで公開した。(2017/2/10)

モニタリングに特化:
米フェイスブック、時系列データベースBeringeiをオープンソース化
米フェイスブックは2017年2月3日(現地時間)、同社が開発したインメモリ時系列データベース「Beringei」をブログポストで説明、同ソフトウェアを最近オープンソース(BSDライセンス)で公開したことを紹介した。(2017/2/6)

Google、iOS版Chromeをオープンソース化
Googleが、iOS版Chromeを他のプラットフォーム同様にオープンソース化した。これによりiOS版の開発スピードが上がるとしている。また、サードパーティー製の新たなiOS向けブラウザを開発できる。(2017/2/1)

太田智美がなんかやる:
タレント内山信二さんの公式Twitter、オープンソース化計画始動 採用されれば本人のアカウントでツイート可能に
内山くんのTwitter botに皆が参加できることになりました。(2016/12/21)

イーロン・マスク氏のOpenAI、人工知能学習プラットフォーム「Universe」をオープンソース化
非営利の米AI(人工知能)研究企業OpenAIが、ゲームなどの環境内でAIエージェントを訓練できるAI学習プラットフォーム「Universe」をGitHubで公開した。(2016/12/6)

DeepMind、3DゲームのようなAI開発プラットフォーム「DeepMind Lab」をオープンソース化
Alphabet傘下のDeepMindが、ファーストパーソン3Dゲームのような人工知能(AI)研究開発プラットフォーム「DeepMine Lab」をオープンソースで公開すると発表した。OpenAIの「Universe」は2Dだが、こちらは3D環境だ。(2016/12/6)

ヤフー、高次元データの高速検索技術「NGT」をオープンソース化 企業に“眠る”ビッグデータを分析しやすく
ヤフーが、高次元データの高速検索技術「NGT」をオープンソースで公開。(2016/11/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。