ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「オープンデータ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オープンデータ」に関する情報が集まったページです。

AIを導入すればデータドリブン企業になれる? 企業が直面する課題と解決策を聞いた
データを活用するためにAIを導入するのは自然な流れだ。一方でAIを導入しても失敗するケースもある。企業が直面しやすい課題とその解決策を知ればデータドリブン企業に近づける。(2022/8/5)

データとアナリティクスのガバナンスに不可欠な7つの要素、ガートナーが発表
ガートナーは、データとアナリティクス(D&A)のガバナンスの取り組みに不可欠な7つの要素を発表した。日本企業にはD&Aのガバナンスにそもそも取り組んでいない企業が多く、ガートナーは「経営層を巻き込んで適切な基盤を整備しなければならない」と指摘する。(2022/8/3)

スマートニュース、国会議案データベースを無償公開 過去20年分をGitHubで
国会の過去20年分以上の議案データを収集・整理し、オープンデータ化した国会議案のデータベースを、スマートニュースがGitHubで無償公開した。(2022/7/1)

Go AbekawaのGo Global!〜Hugh Chiou(前):
学校は3つ、学科は4つ 人生の4分の1を大学にささげた男の話
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はフリーランスエンジニアのHugh Chiou(ヒュウ・チョウ)さんにお話を伺う。高校時代はアルバイトと部活に明け暮れ、大学時代は幾つもの大学と学科を渡り歩いたヒュウさんのモチベーションの源とは。(2022/7/5)

ITワード365:
【ITワード365】ブロックチェーン/DX/オープンデータ/データレイク/Arm/Windows 365/フェムテック
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語でけむに巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。(2022/5/19)

数値解析技術で広がる建築手法:
「PLATEAU」でも採択、CFDの耐風設計など幅広い建築シミュレーションを可能にするアルテアの製品群
ここ数年で、建築物の耐風設計に、その精度の高さが認められ、数値流体解析(CFD)のシミュレーションを採り入れるケースが増えてきている。従来の風洞試験に比べると、耐風設計に要する工数が削減され、設計全体の大幅な時間短縮が期待されている。CFDソフトウェアの1つとして国内外の著名建築物で用いられているのが、アルテアの数値流体解析ソリューション「ultraFluidX」だ。(2022/4/26)

スマートシティー:
NTTアーバンソリューションズが「ISO 37106」国内初取得、「東桜街区」スマートシティー実現までの“プロセス”評価
ICTを活用したスマートな街づくりを実現させるため、2019年に設立されたNTTアーバンソリューションズは、スマートシティーの戦略策定と管理運用のプロセスを評価する国際規格「ISO 37106」を国内で初めて取得した。(2022/4/15)

Tech TIPS:
【Excel】生データの分析にはこれを使え! −− 「データ分析」と「スライサー」の使い方
アクセスログの生データなどを集計、分析するのは意外と面倒だ。Excelの「データ分析」や「スライサー」を利用すると、簡単に集計が行える。その方法を紹介しよう。(2022/4/15)

DX教育プログラム:
「ふらのワイン」の販売不振をどう解決する? 北大博士課程の学生が奮闘
4年連続で赤字になる見通しで、なんとか売り上げを伸ばしていきたい「ふらのワイン」。販売不振に北大の博士課程の学生が奮闘した。彼らはリピーターの購入商品に着目し、ある提案をしたのだが……。(2022/4/5)

ICT:
オープンデータを用いた公共施設アセットマネジメント支援システムを開発、鹿島建設ら
鹿島建設は、グループ会社のアバンアソシエイツなどとともに、地方自治体の公共施設アセットマネジメントを支援する分析システム「KCITY-M」を開発した。今後は、KCITY-Mを活用して、公共施設の維持・再編や防災・BCP対策など、地方自治体への支援サービスを展開し、地域社会の課題解決に貢献していく。(2022/4/1)

AIなどを活用したデータの自動生成やOSS化など:
国土交通省主導の都市データ3D化プロジェクト、2022年度の開発内容を発表
国土交通省は2022年3月29日、現実の都市を3Dデータに落とし込む「Project PLATEAU(プロジェクト プラトー)」で2022年度に取り組む内容を発表した。(2022/3/31)

GIS:
AIGIDが地下埋設物を3Dで可視化、地下工事に伴う埋設照会や立ち合いを省力化
AIGIDは、国土交通省のオープンデータ「国土交通データプラットフォーム」と、自治体広域エリア(千葉県柏市、静岡県三島市、大阪府富田林市)を対象に地下埋設物の3Dデータを可視化する実証実験を行った。(2022/3/31)

「AI」エンジニアになるための「基礎数学」再入門(16):
”美しい仮定”は精度を向上させる――「回帰分析」には対数(log)変換が有用な理由
AIに欠かせない数学を、プログラミング言語Pythonを使って高校生の学習範囲から学び直す連載。今回は「回帰分析」には対数変換を用いるとよい理由について解説します。(2022/3/11)

ヤフーの検索ビッグデータの使い道 AWS消費財事業のキーパーソンが説く「商売のタネ」の見つけ方
サードパーティーデータが使えない中で、オンラインマーケティングの品質を高めるにはどんな方法が考えられるだろうか。検索ビッグデータを公開するヤフーは、個人情報を提供しない一方でさまざまな消費者ペルソナの嗜好や行動を探るヒントとなるデータを公開している。これらのデータはどう稼ぐ力に反映させればいいのか。ヒントを紹介する。(2022/3/8)

動き出した日本の「契約・決済のデジタル化」検討はどこまで進んだか、これからどうなるか
2021年発足したデジタル庁が縦割りの壁を解消する活動を本格化させている。商取引や契約、決済手続きは企業から見ると一続きのプロセスだが、今までそれぞれの監督省庁が異なったり別の法律に縛られたりといった事情からなかなか一元的に合理化できなかった。今、この問題を抜本から解消しようとする検討が進んでいる。(2022/2/21)

導入を阻む「複数の壁」を解消:
PR:インフラのスマート化を支える「デジタルツイン」 多様なデータを取り込む基盤
「デジタルツイン」の用途が製造業だけでなく社会インフラの整備、オフィス空間の管理などに広がりつつある。なぜ今、デジタルツインの重要性が増しているのか。デジタルツイン導入を成功に導くために必要なものとは。(2022/2/21)

伊勢の「昭和」な食堂が店舗DXで生産性爆上げ その時社長は何をしたのか
デジタルをうまく活用すれば地方の昭和な食堂の経営はここまで変わる。平均客単価3倍、従業員のスキル向上と事業拡大も実現、海外ITベンダーとも取引する地方の老舗食堂のビジネスはITでどう変わったか。代表の講演から具体的な施策を見ていく。(2022/2/1)

東京メトロが導入:
公共交通の「密」を回避 AI使った混雑予測サービス、日立が開始
日立は、列車やバスなどの乗客需要や混雑度合いを分析する公共交通事業者向け「人流予測情報提供サービス」を発表した。運行計画・管理や保守業務などに活用できる他、公共交通利用者の「密」を回避した快適な移動を支援し、顧客サービスの向上に貢献する。(2022/1/27)

商用利用も可能:
13億パラメーターを持つGPT言語モデルをrinnaが公開、日本語に特化
rinnaは13億パラメーターを持つ日本語に特化したGPT言語モデルをMITライセンスで公開した。性能は約14パープレキシティー。一般的な日本語の特徴を持つ文章を自動生成できるという。(2022/1/27)

3回目接種割合も一目瞭然 ワクチンダッシュボード更新 デジタル庁、オープンデータ提供
デジタル庁は、新型コロナワクチン接種状況をまとめたダッシュボードとオープンデータを刷新して公開した。(2022/1/24)

Linux Foundationが年次報告書を公開:
カーネルの開発開始から30年を迎え、Linuxはどうなったのか
Linux Foundationは、年次報告書の最新版「Annual Report 2021: New Horizons for Open Source」を公開した。世界のトップ100万ドメインの95%以上が、Linuxを利用しており、クラウド対応企業の75%以上が、クラウドのメインプラットフォームにLinuxを使っているなど、Linuxの採用が進んでいることを挙げている。(2022/1/19)

総務省「誰でも使える統計オープンデータ」無料オンライン講座スタート
総務省が「誰でも使える統計オープンデータ」を開講。統計オープンデータを活用したデータ分析の手法を解説する無料講座だ。(2022/1/11)

過去を分析するだけのCFO組織に未来はない:
PR:「未来を見通す経営」の右腕になる CFO組織を導くデータ活用の新しい仕組みとは
市場変化に対応した迅速な将来予測など、企業の経営に必要なデータ活用は複雑化している。中でもCFO組織には現場と経営層のニーズに寄り添い、過去と現在の状況を把握し、未来を予測する役割が求められる。その実現にはどのような変化が必要か。(2021/12/16)

製造マネジメント 年間ランキング2021:
半導体供給網はいつ落ち着くのか、品質不正問題にも注目が集まった2021年
MONOistの年末恒例企画である年間ランキングの発表企画。製造マネジメントフォーラムにおいて、閲覧数の多かった記事を順番に紹介していきます。(2021/12/24)

PR:エンジニアへの依頼不要! 社内外のデータ収集ツール
(2021/12/16)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
接種証明書アプリ、ちゃんと使えた? iPhoneとAndroidで感じてしまう“格差”
実際にワクチン接種証明書アプリを2人で試しながら語り合いました。(2021/12/21)

何分後にバスが来るかリアルタイム表示するミニ液晶が便利そうで話題に 「無料化より利用者増えそう」
端末本体は5000円で買えます。本体だけは。(2021/12/19)

未経験でも社内データサイエンティストになるための4つの指針
DX組織立ち上げの機運が高まる中、まったく異なる業務で活躍されていた方々が社内データサイエンティストの候補となることも多いでしょう。データサイエンティスト候補として選ばれた方々の視点に立ち、データサイエンスのスキルを身に付ける方法について紹介します。(2021/12/8)

IBMとAWS、エネルギー業界向けにデータプラットフォームを提供
IBMとAWSは、エネルギー業界向けのOSDUデータプラットフォームの提供で協業する。データレジデンシー要件に準拠しつつ、アプリケーション開発やデータ活用のためのデータ活用基盤をAWS上で利用できる。(2021/11/25)

BIM:
日本設計とAutodeskがBIM本格普及に向け包括契約、BIMプロセス確立や設計BIMの省エネ検討などで協業
日本設計と米Autodeskは、国内のBIM本格普及に向けた3度目となる包括契約を更新した。両社の協業では、次の段階として、BIMワークフローの確立、高品質化・高性能化に寄与するBIMの構築、ビッグデータ活用の3本柱を掲げる。(2021/11/24)

日本でのMaaS普及、“ラストワンマイル”はデータ連携? Uberや国交省などが議論
国交省が旗振り役となって進めている“日本版MaaS”。交通事業者やデジタルプラットフォーマー、自治体が参加して進めるが、“日本版”たる日本特有の事情から、各プレイヤーが共通して抱える課題が明らかになってきた。(2021/11/15)

イノベーションのレシピ:
パナソニックの「とがったアイデア」を展示、蔦屋家電+でプロトタイプ展開催
パナソニックは2021年11月8日〜14日にかけて、同社が展開するデザインスタジオ「FUTURE LIFE FACTORY」が制作したプロトタイプを紹介する「未完成の未来 FUTURE PROTOTYPE展」を「蔦屋家電+」で開催中だ。(2021/11/10)

Tech TIPS:
構造化Excelテク:印刷を考慮して複数に分けた表を1つにまとめて集計可能にする
Excelで表を作成する際、印刷を前提に表を分割することがある。表を分割してしまうと、集計や並べ替えが行えなくなり、せっかくのデータが活用できない。そこで、分割された表を1つにまとめて集計可能にする手順を紹介しよう。(2021/10/29)

“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト(6):
【第6回】GISや点群などAI発展のカギ“データ利活用”、インフラ維持修繕のデジタルツイン
連載第6回は、AI発展のカギとなる多種多様なデータ活用の在り方に関して、首都高や阪神高速などの事例をもとに解説していきます。(2021/10/28)

GIS:
「PLATEAU」が新たな実証4件を開始、デジタルツインで自動運転や工事車両シミュレーションなど諸課題を解決
国土交通省が進めているフィジカル空間の都市をサイバー空間に3次元で再現する都市空間情報プラットフォーム「Project PLATEAU」は、2021年度の新たな実証実験として、社会的要請も高い自動運転やカーボンニュートラルの新テーマに加え、エリアマネジメントの可視化や工事車両の搬入経路シミュレーターといった合計4件のプロジェクトを選定した。(2021/9/18)

3000人のAI人材を育てたプロが語る、AI活用と人材育成の肝:
DXが「PoC止まり」に陥る3つのパターンと脱却の術を知る
DXの一環として始めたAI活用プロジェクトがPoCで止まるという話をよく耳にする。約3000人のデータサイエンティストを育てたデータ活用のスペシャリストが、PoC止まりに陥る3つの「あるある」パターンと成功の指針をお伝えする。(2021/9/17)

製造IT導入事例:
鹿島建設が社内外データ一元管理のためのデータマネジメント基盤を運用開始
NTTコミュニケーションズが提供するデータプラットフォーム「Smart Data Platform」を、鹿島建設がデータマネジメント基盤として採用した。約1年半のPoCを経て、2021年9月から全社で運用を開始した。(2021/9/10)

スマートシティーとの連携も視野に:
オープンデータの活用を促進する「データプラットフォーム」の提供を開始 オープントーン
オープントーンは、オープンデータを有効活用し、データ収集から活用までにかかる時間を短縮できるデータプラットフォームの提供を開始した。(2021/9/9)

「家の掛け軸が読めた」「祖父の遺作を解読できそう」 くずし字を“読める形”に変換するAIアプリ「みを」に反響
国文学科や史学科の学生に朗報。(2021/9/2)

「疾患を対象とした大規模なオープンデータは限られている」:
MRI画像のAI解析などで利用できる「脳画像ビッグデータ」を公開 国際電気通信基礎技術研究所ら研究グループ
ATR脳情報通信総合研究所の研究グループは「複数疾患の脳画像ビッグデータ」を一般公開した。多くの施設で統一のプロトコルで撮像した複数精神疾患のfMRIデータと旅行被験者データを合わせてデータベース化したもので、オンラインプラットフォームでダウンロードの申請ができる。(2021/9/1)

Snowflakeで何ができる? 基礎情報解説(1):
Snowflakeは何がすごくて何ができるのか ITアーキテクトが見た技術的特性と可能性
近年データ活用基盤を語る際、話題に上ることが増えたソリューションの1つにSnowflakeが挙げられます。単なるクラウドDWHではない先進的な設計思想やデータ処理の特徴に加え、既存の企業情報システムの課題解消にどう生かせるかを見ていきます。(2021/9/10)

AIで“くずし字”を解読するスマホアプリが無料公開 コンペ1位の認識モデル採用
古文書の「くずし字」をAIが現代の文字に変換するスマホアプリ「みを」を、人文学オープンデータ共同利用センターが公開した。古文書に慣れてない人でも書いてある内容を推測できるようになるという。(2021/8/31)

PR:見えていなかった“データの因果関係”を可視化 「なんとなく」から脱却するには? NECワークショップで学ぶ
(2021/8/30)

「活用したことがない」企業は約8割:
「活用したいが、欲しいデータがなかなか見つからない」 コネクトデータがオープンデータに関する調査結果発表
コネクトデータが実施した「オープンデータの活用に関する調査」によると、オープンデータを活用したことがない企業が約8割を占めることが分かった。活用している企業では、欲しいデータが見つからないことが課題だった。(2021/8/23)

「情報量が濃すぎて胸焼けしそう」──個人が作った温泉マップに大反響 趣味で始めて7年間、開発に「5500時間以上」
個人が約7年かけて全国の温泉施設やバス路線情報をまとめた地図サイトが話題だ。約3万6000カ所の宿、約1万5000カ所の温泉、約25万カ所のバス停を網羅。作者のjohndoeさんによると、もともとは「趣味の登山で使うバスを探すために作ったもの」だという。(2021/8/20)

車載ソフトウェア:
ソフトウェア部品表はセキュリティ対策で不可欠に、構成解析ツールに最新版
ブラックベリー(BlackBerry)は2021年8月6日、オンラインで説明会を開き、サプライチェーン全体を対象としたソフトウェア構成解析ツールの最新版「Jarvis 2.0」を発表した。(2021/8/16)

「データと分析ツール」だけでは不十分:
PR:データドリブンビジネスを実現する「Web検索のような分析環境」の実現方法
ビジネスの成長に欠かせない「データ活用」のニーズは高まる一方で、活用できるスキルを持った人材は少ない。Web検索ライクなUIを持ち、シームレスな分析によって意思決定を支援する「モダン・アナリティクス・クラウド」とは。(2021/8/24)

Weekly Memo:
欧米との比較で見えた、日本企業のDXが抱える最大の“矛盾”とは――最新の「情報通信白書」から読み解く
ニューノーマル時代に向けてDXの取り組みが急がれる日本企業。DX先進国の企業と比べてどのような課題があるのか。最新の「情報通信白書」から読み解きたい。(2021/8/10)

分析と意思決定はなぜ分断するのか? 「データピープル」「データカンパニー」の条件
いくら優秀なデータ分析ツールがあっても、データソースやビジネスプロセスが旧態依然の混沌の中では組織は変わらない。ヤフージャパンにおけるサービス開発でのデータ活用の実践例から、これから求められる「データピープル」「データカンパニー」の条件を読む。(2021/8/6)

モビリティサービス:
東京のデジタルツイン化へ、2030年にリアルタイムデータを活用できる環境目指す
東京都が都内のデジタルツイン化に向けて動き出した。西新宿や都心部、湾岸エリア、八王子市南大沢、島しょ地域からモデル化をスタート。社会実装は、防災や街づくり、モビリティ活用、エネルギーの効率化、自然環境との共生、ウェルネス、教育、働き方の多様化、産業振興の9分野を対象とし、地域特性に合わせてデジタルツイン活用を始める。(2021/7/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。