ニュース
» 2009年11月30日 07時10分 UPDATE

個人情報をさらすマルウェア、Shareを通じて日本で流通

ポルノゲームに見せかけたこのマルウェアは、ユーザーに個人情報を入力させ、その情報をWebサイトで公表してしまうという。

[ITmedia]

 米Symantecによると、ポルノゲームに見せかけて個人情報を盗み出すマルウェアが、ファイル共有ソフトの「Share」を通じて日本で出回っている。同社が11月27日のブログで伝えた。

 それによると、問題のトロイの木馬「Kenzero」は、ポルノゲームのインストールファイルを装って流通している「setup.exe」という名称のファイルに仕込まれているという。

 ユーザーがゲームだと思ってこのファイルを展開すると、氏名、住所、電話番号、社名、メールアドレス、パスワードなどの入力を促す画面が表示される。ここでだまされて情報を入力すると、自分のPCのシステム情報やデスクトップのスクリーンショットなどと併せて、Webサイト上で公表されてしまうという。

 今回のマルウェアは、ファイル共有ネットワークを通じたゲームの違法ダウンロードに対する新たな教訓といえるかもしれないとSymantecは述べている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連ホワイトペーパー

マルウェア | トロイの木馬


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -