ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「違法ダウンロード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「違法ダウンロード」に関する情報が集まったページです。

「違法ダウンロード対象拡大」法案、文化庁が意見公募 ネット上では「誘導的な質問ではないか」など疑問の声も
違法ダウンロードの規制対象を拡大する著作権法改正案について、文化庁がパブリックコメントを始めた。法案の再提出に向け、国民の懸念事項などを募る考えというが、ネット上では「違法化に賛成するよう、誘導する質問ではないか」など設問内容を疑問視する声も。(2019/10/4)

文化庁が「ダウンロード違法化拡大」巡るパブリックコメントを募集 ネット利用の萎縮招く点について意見あおぐ
国民のネットを萎縮させる可能性があるとして、法改正案の提出が見送られていました。(2019/10/3)

日本学術会議有志、ダウンロード違法化拡大を懸念 「科学者の情報アクセスへの自由を損なう危険」
政府の違法ダウンロード規制拡大法案について、日本の科学者でつくる団体・日本学術会議の有志3人が、懸念する声明を公表した。現行法案は、「科学者の情報アクセスへの自由を損なう危険がある」などと指摘。民事上の違法化の範囲は「原作のまま」「著作権者の利益を不当に害する場合」という要件を加えることを求めているほか、刑事罰は不要だと主張している。(2019/3/15)

ダウンロード違法化拡大の見送りに「大変遺憾」 賛成派のコンテンツ海外流通促進機構が表明
2月には「一部の権利者の意向によってわが国の法的措置の内容が後退することがあってはならない」と意見していました。(2019/3/14)

違法ダウンロード規制見直し、明治大が17日にシンポジウム 「これまでとこれから」考える
違法ダウンロード規制の拡大を盛り込んだ政府の著作権法改正案について、これまでの経緯を検証し、今後の情報収集や著作権制度のあり方について議論する緊急シンポジウムを明治大学知的財産法政策研究所が開催する。(2019/3/14)

違法DL規制拡大見送り「大変遺憾」 権利者団体・CODAがコメント
違法DL規制を拡大する政府の著作権法改正案の今国会提出が見送られことを受け、コンテンツ海外流通促進機構(CODA)は3月13日、「大変遺憾」とする声明を、後藤健郎会長名で公表した。(2019/3/14)

違法ダウンロード規制拡大法案、今国会提出見送り リーチサイト規制も
違法ダウンロード規制を拡大する著作権法改正法案について、自民党は今通常国会での法案提出を見送ることを決めた。法案に盛り込まれていたリーチサイト規制も同時に先送りされる。(2019/3/13)

「ダウンロード違法化」改正案 自民党が国会提出の見送りを決定
「ネットの利用を萎縮させる」などクリエーターや法研究者などから批判を浴びていました。(2019/3/13)

日本建築学会、違法ダウンロード規制拡大に「強く反対」「クリエイティブの土壌が痩せる」
違法ダウンロード規制拡大について、日本建築学会は3月11日、「強く反対する」との声明を会長名で公表した。作品のごく一部のダウンロードも違法とする現在の案は「クリエイティブな活動を行うための情報収集、コミュニケーション等に著しい悪影響を及ぼす」と指摘している。(2019/3/12)

「ダウンロード違法化」に全国同人誌即売会連絡会が反対 海賊版対策として「実質的な意味に欠ける」
ダウンロード違法化の対象範囲を拡大する政府方針に、コミックマーケット準備会やCOMITIA実行委員会などが参加する団体からも反対声明が。(2019/3/11)

違法ダウンロード規制拡大「法案から削除を」 同人誌即売会連絡会が声明
政府が今国会で提出を目指している著作権法改正案で、違法ダウンロード規制拡大が盛り込まれている。コミケ準備会など同人誌関連団体が参加する同人誌即売会連絡会が、法案から違法ダウンロード規制拡大の項目を削除するよう求める声明を出した。(2019/3/11)

「いたずらURL貼って補導」がIT業界の萎縮をまねく理由
JavaScriptのループ機能を使った“ブラクラ”のURLを書き込んだ3人が摘発されて物議を醸している。今回の事件で本当に注目すべき問題は何なのか。同じく問題視されている改正著作権法の共通点についてもまとめたい。(2019/3/8)

「ダウンロード違法化」文化庁資料に「賛成派を水増し」「立法過程で極めて重大な問題」 知財法研究所が批判
自民党に提出した文化庁の資料が、文化審議会で行われた議論の状況を正確に伝えられていないことを検証。レポートが公開されました。(2019/3/4)

コンテンツ海外流通促進機構、ダウンロード違法化拡大に「正当で合理的」と見解
政府案については「ユーザーの表現の自由等が害されないように十分に配慮されています」とコメント。(2019/2/28)

「ダウンロード違法化」に意見表明続く AICJ「日常的な行為が広く違法となりかねない」 note「クリエイティブを阻害する」
アジアインターネット日本連盟(AICJ)や、noteやcakesを運営するピースオブケイクが意見を表明しました。(2019/2/22)

「違法ダウンロード」対象の全面化 弁護士ら87人が緊急声明 「海賊版対策を超える規制を求める声はどこにもない」
違法ダウンロードの対象の見直しについて、海賊版を規制・刑罰化するなら必要な範囲に限定すべきだと訴えています。(2019/2/19)

CloseBox:
スクリーンショットのすべて(iPhone、iPad、Apple Watch編)
iOSデバイスでスクリーンショットを撮る方法について解説する。(2019/2/15)

電子書籍のスクショは合法? 実際に逮捕されるの? 弁護士が解説する「違法ダウンロードの対象拡大」
漫画家の赤松健さんと弁護士の深澤諭史さんが「AbemaTV」のニュース番組に出演。「違法ダウンロードの対象拡大」の問題について解説した。(2019/2/15)

違法ダウンロード対象拡大の疑問に回答 漫画家の赤松健さんがAbemaTVで
漫画家の赤松健さんが、2月14日にAbemaTVのニュース番組「AbemaPrime」に出演。違法ダウンロードの対象拡大に関する疑問に回答すると発表した。(2019/2/14)

「スクショもNG」で広がる混乱、合法と違法の線引きは? “違法ダウンロード対象拡大”の問題点
著作権法の改正案で検討されている「違法ダウンロード対象拡大」は何が問題なのか。合法と違法の条件をあらためて整理してみたい。(2019/2/14)

「誰が頼んだ」違法ダウンロード対象拡大、人気漫画家も懸念
文化審議会で、違法ダウンロード対象拡大の方針が了承されたと朝日新聞が報道。このニュースを受け、違法ダウンロードの被害者であるはずの人気漫画家からも異論が出ている。(2019/2/13)

「意味のない法改正」「イラスト界が壊滅する」 違法ダウンロード対象拡大で漫画家らが“反対集会”
違法ダウンロードの対象拡大について、識者らが実質的な“反対集会”を開催。漫画家の竹宮惠子さんや赤松健さんらが意見を述べた。(2019/2/8)

静止画ダウンロード違法化案「目的を見失っている」──情報法制研究所、懸念と改善案を提言
一般財団法人情報法制研究所(JILIS)は、いわゆる「静止画ダウンロード違法化」について審議している文化審議会著作権分科会小委員会に対し、「保護法益・利益に立ち戻った原理的な考察を欠く」「対象範囲を限定しないことによる副作用の指摘を無視している」と批判した。(2019/2/8)

今日のリサーチ:
デジタル広告の新指標「タイムインビュー」 日本ではデスクトップが8.49秒、モバイルが6.98秒――IAS調べ
IASは、2018年上半期のデジタル広告に関する最新レポートを発表しました。(2018/11/5)

今日のリサーチ:
日本の「アドフラウド」「ブランドセーフティー」「ビューアビリティー」の現状――IAS調べ
せっかく出稿した広告の半分以上がムダ打ちになっている? いいのか、これで(いや、よくない)。(2018/5/28)

「ブロッキングの前にやるべきことある」 ISPや弁護士が考える「海賊版サイト対策」とは
ISPの業界団体や弁護士などが、ブロッキングの問題やそれ以外の海賊版サイトへの対策方法について緊急シンポジウムで説明した。(2018/4/19)

漫画海賊サイトの「海外サーバだから合法」はどこまで通る? 政府の対策について文化庁著作権課に聞いた
2018年に入りますます議論が盛り上がっている漫画の海賊版サイト問題。サイトの違法性、対抗策について文化庁に取材した。(2018/2/23)

散らばったポップコーンをちまちま拾う 「NO MORE 映画泥棒」ポップコーン男の生きづらさを描いた漫画がちょっとつらい
がんばれポップコーン。(2017/12/19)

半径300メートルのIT:
“先生”にすべて頼るセキュリティ対策の危うさ
子供の方が大人よりもネットを使いこなしている時代に、教育現場のセキュリティ対策はどうすればいいのでしょうか。(2017/8/29)

漫画違法サイト「フリーブックス」、出版社が連携して法的措置を進行 「移転先教えます」の詐欺行為も続出
小学館も「海賊版サイトはこれを利用すること自体、著作権を侵害する違法行為に当たります」と注意を呼びかけ。(2017/5/9)

マンガ違法DLサイト「フリーブックス」閉鎖 サイバー攻撃の影響か
本の共有&読み放題サイト「フリーブックス」がサイトを閉鎖した。サイバー攻撃の影響と見られる。(2017/5/3)

インターネット広告に「透明性」を:
「YouTube」広告のブランドセーフティレポートを提供――IASがGoogleと連携
Integral Ad ScienceはGoogleと協業し、「YouTube」上で展開される広告のブランドセーフティレポートを提供すると発表した。(2017/4/17)

ポルノ動画をファイル共有サイトにアップロード、DLしたユーザーを脅す――弁護士が詐欺で有罪認める
自分が権利を持っている動画をダウンロードさせて脅すという手口。(2017/3/7)

「音楽教室から使用料をもらいたいと思わない」――「残酷な天使のテーゼ」作詞者、JASRACの方針を疑問視
音楽教室からも著作権料を徴収するJASRACの方針を、同協会の正会員で作詞家の及川眠子さんが疑問視。(2017/2/3)

違法ダウンロードされたから万引きで仕返し エミー賞受賞監督が投稿した動画が物議を醸す
本当にやるとは……。(2017/1/22)

セキュリティの意識や倫理観は低下するばかり――IPA調べ
IPAが毎年実施している情報セキュリティの意識調査によれば、SNS利用やパスワード設定などの項目で利用者の意識が低下している。(2016/12/20)

「マジコン訴訟」で最高裁が販売業者の上告を棄却 任天堂らソフトメーカーの勝訴が確定へ
損害賠償命は約1億円。(2016/1/19)

海賊版映画のファイル転送をメーカー公式サイトが推奨?
NETGEARがファイル転送の方法を解説したページに、海賊版映画ファイルを例に挙げた形跡が。(2016/1/12)

動画ストリーミングの普及で違法ダウンロードが減少? BitTorrentのシェアが7年で26%も減少
Netflixなど動画ストリーミングサービスの普及によりBitTorrentの利用が減少しているという調査結果が。(2015/12/18)

無線LAN乗っ取りに注意、家庭の機器をチェックして
暗号化しなかったり、認証設定が甘かったりする機器が悪用され、サイバー攻撃の踏み台になる恐れも。(2015/6/12)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

ふぉーんなハナシ:
ソーシャルゲーム時代の“チート”行為は深刻なユーザー離れをもたらすか?
プレイヤーがゲームを有利に進められるように行うチート行為が、スマホゲーム事業者に深刻な被害をもたらしそうです。(2014/11/27)

はてなとフリークアウト、不適切サイトへの広告出稿を制御する「アドベリフィケーション」共同開発
はてなとフリークアウトが広告配信先から不適切サイトを検出するアドベリフィケーション機能「BrandSafe はてな」を開発した。(2014/8/19)

「映画泥棒」のカメラ男が夏コミにやってくる! 日本国際映画著作権協会が企業ブースに出展
カメラ男と記念撮影できるぞ!(2014/7/24)

音楽関係7団体、今年も「STOP!違法ダウンロード」キャンペーンを展開
日本レコード協会など音楽関係7団体は、7月22日から今年度の「STOP!違法ダウンロード」キャンペーンを展開する。(2014/7/22)

冲方丁さん、自作の2次創作“全面解禁”を提案 「グレーゾーン」ではないあり方の模索
小説家・冲方丁さんが自身の作品の2次創作を“全面解禁”すると表明。ファン活動と海賊版の区切りを明確にすることで違法な利用を抑え、作品の宣伝や人材育成にもつながればという。(2014/7/17)

突然始まった国内向けiTunes Match レコード会社は「時代の流れ」
日本では楽曲権利や著作権の問題で同種のサービス提供は難しいのでは――とされていた「iTunes Match」がスタート。レコード会社は「ユーザー動向を踏まえた時代の流れ」という。(2014/5/7)

小室哲哉さんが“マウスのクリック音で作った新曲”を発表 違法ダウンロード防止の啓発で
100台のマウスを使ったライブ映像をご覧あれ。(2014/5/1)

歌いにくいからこそ歌われる――ボカロ曲がカラオケで人気な理由、JOYSOUNDに聞いた カギは「攻略」
「JOYSOUND」で配信されているボカロ曲は全3500曲。その管理を手がける担当者が「ボカロ×カラオケ」を熱く語ります。(2014/3/31)

違法アップロードファイルの削除要請件数が倍増――日本レコード協会
日本レコード協会は、2013年4月から2014年2月末までに行った違法アップロードファイルの削除要請件数を発表した。(2014/3/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。