ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年02月14日 17時28分 公開

違法ダウンロード対象拡大の疑問に回答 漫画家の赤松健さんがAbemaTVで

漫画家の赤松健さんが、2月14日にAbemaTVのニュース番組「AbemaPrime」に出演。違法ダウンロードの対象拡大に関する疑問に回答すると発表した。

[ITmedia]

 漫画家の赤松健さんは2月14日、著作権を侵害する違法ダウンロードの対象を拡大する政府方針について、ネット上に寄せられた疑問の回答をネット番組で解説することを明らかにした。インターネットテレビ局「AbemaTV」のニュース番組「AbemaPrime」で、同日の午後9時から放送する。

 番組内で「Twitterのアニメアイコンはどうなるか」「アニメや漫画の感想Webサイトは今後どうすればいいか」といった内容を弁護士と議論するという。

photo 「AbemaPrime」

 違法にアップロードされたものであることを知りながらコンテンツをダウンロードする行為は、映画や音楽では2012年から親告罪として刑事罰化されている。近年は「漫画村」などの海賊版サイト対策として、静止画などへの対象拡大も議論されている。2月13日には文化審議会著作権分科会で漫画、小説、雑誌、写真、論文、コンピュータープログラムなど、あらゆるネット上のコンテンツに対象を拡大することが了承されたと朝日新聞が報道。これを受け、違法ダウンロードの被害者である漫画家から反対意見が続出していた。

 赤松さんも13日に「このままだとネットが『嫌がらせ天国』になる」と自身のTwitterアカウントで懸念を表明。14日以降、弁護士や法学者とともにネット番組やネットニュースに出演し「『これは合法で、これは違法になる。これは今も違法だが〜』みたいな解説をしつつ、心構えを論じます」と予告していた。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.