ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年11月30日 21時08分 UPDATE

内外タイムスが自己破産へ

大衆娯楽紙発行の内外タイムスが11月30日、自己破産を東京地裁に申請した。負債総額は約26億7700万円。

[ITmedia]

 帝国データバンクによると、大衆娯楽紙発行の内外タイムスが11月30日、自己破産を東京地裁に申請した。負債総額は約26億7700万円。

 1972年、内外タイムズ(1952年設立)の事業を承継する形で設立。事件記事やスポーツ、風俗記事などを中心とした大衆娯楽新聞「内外タイムス」の発行を手掛けたが、93年に和議を申請。00年に弁済を終了したが、不安定な経営が続いていた。

 09年6月には媒体名を「リアルスポーツ」に変更。だが読者のネットへのシフトや景気低迷などで新聞販売が低迷し、風営法改正で主要広告クライアントからの出稿が激減、広告収入も伸び悩み、自己破産の申し立てを決めた。

関連キーワード

破産 | 新聞 | 帝国データバンク | 倒産


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.