ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「新聞」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新聞」に関する情報が集まったページです。

新聞広告を自動配置 「AI割付」で天候に即した商品提示も
産経新聞社と電通グループのデータアーティストが、AIを利用して新聞広告を紙面に配置する「AI割付」のシステムを共同開発した。さまざまなルールがある割付作業を学習させ、天候や社会情勢などに合わせた広告掲載などを見込む。(2022/6/28)

'90年代の高級アナログコントローラー「サイバースティック」約30年ぶりに復刻 「メガドライブミニ2」と同時発売
電波新聞社は1990年代に販売していたゲームコントローラー「サイバースティック」を復刻し、セガのミニゲーム機「メガドライブミニ2」と同時に発売する。「アフターバーナーII」などではアナログ操作に対応する。(2022/6/27)

読む頻度は:
「新聞の折り込みチラシ」読まれているのは? 1位「スーパー」、2位は?
新聞の折り込みチラシは、どのような内容がよく読まれているのだろうか。折り込みチラシを読んでいる人に聞いた。(2022/6/13)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
SEや新聞記者は「残業代の支払いが不要」なのか? 労働者の裁量が大きい「専門業務型裁量労働制」とは
当社はコンピュータ関連企業を営んでおり、いわゆるシステムエンジニア(SE)の業務を行う従業員がいます。SEであれば残業代の支払いが不要となる制度があると聞いたことがあるのですが、そのような制度はあるのでしょうか?(2022/5/23)

新聞のダイエット広告を見た1歳息子、ふくよかなおなかを指さし衝撃の一言! 「最高ですね」「声に出して笑った」と10万いいね
爆笑必須!(2022/5/22)

おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
言葉を分かってる!(2022/5/19)

新聞とテレビの接触データを連携:
読売新聞東京本社がSMNと協業し、広告業に進出
読売新聞東京本社は、ソニーグループでマーケティングテクノロジー事業を行うSMNと、デジタルを軸とした広告ビジネスで協業する。(2022/5/2)

マンションの集合ポストを再現できる! 開閉ギミック付きのミニチュアがカプセルトイで登場
ちっちゃい郵便物や新聞なども付属。(2022/4/19)

「全国放送っぽくふるまっていた」――テレビ東京、新聞広告で“謝罪” 「TVer」ネット同時配信に合わせてお詫びキャンペーンも
テレビ東京が「あたかも全国放送かのようにふるまっていた」とする“謝罪広告”を出稿し、話題になっている。翌11日からの民放公式テレビ配信サービス「TVer」での、民放10局の「地上波リアルタイム配信」開始に合わせた取り組みの一環。(2022/4/11)

「全国放送っぽくふるまっていた」 テレビ東京が“お詫び広告”
テレビ東京は10日、一部経済新聞に「全国放送っぽくふるまっていた件に関してのお詫び」を掲載した。「背伸びをしていた」という。(2022/4/10)

「悪い円安」論が花盛り 悪いのは円安効果を潰すデフレと緊縮財政
 テレビも新聞も「悪い円安」論が花盛りだが、無定見も甚だしい。円安は日本企業の設備投資の追い風になってきたのに、政府は財政の緊縮で国内需要を萎縮させ、投資意欲を萎えさせる「悪い」政策で邪魔してきた。(2022/4/8)

新聞業界の収益構造をどう変革する?:
日刊工業新聞、kintoneでCRMを刷新 顧客ごとの最適なコンテンツ配信を支える新基盤を実現
日刊工業新聞は、顧客に最適なコンテンツを最適なタイミングで提供するため、CRMをkintoneで刷新した。社内に散在していた取引情報や顧客接点情報を一元管理、分析し、効果的な営業活動に結び付ける。(2022/4/5)

45周年なのに全国知名度たったの4%!? バンダイの「ガシャポン」、認知度アップのプロジェクト始まる
新聞広告や限定自販機で知名度アップを目指します。(2022/3/21)

「実名報道はなぜ必要なのか?」「報道側の利益のためではないのか?」 日本新聞協会が回答を公開
よりよい社会のためにどうすべきなのか。(2022/3/11)

虚構新聞、“柿の種を抜いた柿の種”が事実になり謝罪 3月7日に「亀田の柿の種 ピーナッツだけ」が全国で発売
記事の執筆者は「ピーナッツだけ」を支持しているもよう。(2022/3/2)

うぉぉ〜楽しそう!! ビジネスバイクの頂上決定戦「CUB-CUP日本GP」富士スピードウェイで開催 「ピザ」「新聞」「おそば」などでクラス設定
はたらくバイクが本気を出すぜ〜!(2022/3/2)

総広告費も2桁成長:
2021年のネット広告費2.7兆円、初の「テレビ・新聞」超え 電通調査
電通が発表した「2021年 日本の広告費」で、21年のインターネット広告費が2兆7052億円(対前年比121.4%)となり、マスコミ4媒体(テレビ・新聞・ラジオ・雑誌)の広告費(2兆4538億円、同108.9%)を初めて上回ったことが分かった。(2022/2/24)

人材流出のリスクは?:
「副業」が課長になる条件!? 有望な人材は「外に出る」時代により高く羽ばたく
日本経済新聞が某大企業の人事政策を報じた。課長になる条件として、出向や副業といった外部の経験を必須とするという。こうした時代にビジネスパーソンはどう生き抜くのか。(2022/2/22)

毎日新聞、記事をAIでラップ調に TikTok投稿で若年層にアプローチ
毎日新聞社と博報堂が、若年層をターゲットとしたメディア施策「毎日新聞×Z世代プロジェクト」を始めた。“AIラッパー”を活用して新聞記事をラップ調にし、動画をTikTokなどのSNSに投稿する。(2022/2/21)

スピン経済の歩き方:
「人口減は技術革新で乗り越えられる」という考え方が、ダメな理由
日本の人口減少に歯止めがかからない。『朝日新聞』が試算したところ、政府が想定していたペースよりも7年も早く少子化が進行しているわけだが、この問題はどうすればいいのだろうか。「技術革新でなんとかなる」という考え方もあるが……。(2022/1/5)

「勉強ばかりしてないで、ゲームしなさい」 香川県地元紙にゲムトレが全面広告 「ゲームの教育的な側面を知ってほしい」
ゲーム条例を強く推していた四国新聞にあえて出稿。(2021/12/21)

「勉強ばかりしてないで、ゲームしなさい」――四国新聞の広告に反響 背景に香川県の“ゲーム条例”、広告の真意は?
四国新聞の12月20日付の朝刊に掲載された「勉強ばかりしてないで、ゲームしなさい」とする広告がTwitterを中心に話題となっている。広告の出稿元の企業は「ゲームが障害ではなく、教育としての魅力があることを伝えたい」としている。(2021/12/20)

製造マネジメントニュース:
「かつてない」原料価格変動に見舞われた鉄鋼業界、今後は脱炭素化対応が課題
A1Aは2021年12月9日、鉄鋼市場の重要トレンドを解説するセミナーを開催した。セミナーでは鉄鋼業界の業界紙である鉄鋼新聞社 取締役 編集局鉄鋼部長の高田潤氏と、同社 編集局鉄鋼部 記者の黒澤広之氏が登壇し、2021年の業界を振り返るとともに、今後重要になる脱炭素化への対応などについて解説した。(2021/12/20)

「これは有益」「ほんとに見やすい!」 業界紙「食品産業新聞社ニュースWeb」が食品福袋の検索に便利だと注目集まる
意外だけど納得!(2021/12/15)

「ワンコイン反社チェック」サービス開始 取引先の黒い交流を500円で調査
指定した企業を専門調査会社のデータベースでチェック。プラス500円で新聞記事とも照会できます。(2021/10/27)

元保護猫「るる」ちゃんの前に新聞を置いたら…… “ねこ背の本”について熟読するような表情がかわいい
何か気になることでもあるのかな。(2021/10/20)

「権利意識が強い社員はいませんか?」 毎日新聞社のパワハラ防止ウェビナーが物議、告知内容を変更
毎日新聞社が10月15日に開催予定のパワハラ防止ウェビナーの告知内容がTwitterを中心に物議を呼んでいる。ネット上などの反応を受け、主催者の同社は告知内容の一部を修正した。(2021/10/12)

PR:1ページ丸々QRコードだと……! ロート製薬が新聞から離れないと読めない「目に優しすぎる新聞広告」を掲載
10月10日は目の愛護デー×デジタルの日。(2021/10/10)

劇場版「鬼滅の刃」地上波初放送で新聞各紙が心を燃やす 「ちょっと待って」「新聞見たら煉獄さんがいたのでわあってなった」
さすが400億の男……!(2021/9/25)

虚構新聞が事実を報じて謝罪 6年前に報じた架空のお酒「かぼちゃワイン」、本当に存在していた
エルはLoveのエル、そしてLipのエル。(2021/8/19)

18〜19世紀の新聞データ100万ページを英国企業が無償公開 商用利用は条件付きで可
データ化した古い新聞のサブスクリプションサービスを提供する英国の企業が、大英博物館が保存する18〜19世紀に刊行された新聞約100万ページのデータを無償公開した。同社に問い合わせた上で許可が出れば商用利用も可能という。(2021/8/12)

10月から朝刊に統合:
熊本日日新聞、夕刊を休刊
熊本日日新聞社は8月10日、9月30日付で夕刊を休刊し、10月から朝刊に統合すると発表した。(2021/8/10)

金鳥の「いま、いいよね。一方通行の新聞広告」、続きはWebにあった
「金鳥」ブランドで知られる大日本除虫菊の新聞全面広告がネットで話題になっている。ネット広告へのアンチテーゼと見せながらネットに誘導するユニークな広告だ。(2021/7/6)

KINCHOが新聞広告でネット広告を盛大にディス→一転「インターネット大好き」 ツンデレ過ぎる宣伝が人気
「新聞広告は、(ネットみたいに)あこぎなことしないから安心だよ」とか言っといて……。(2021/7/5)

スピン経済の歩き方:
「安いニッポン」の本当の恐ろしさとは何か 「貧しくなること」ではない
新聞やテレビなどで「安いニッポン」に関するニュースが増えてきた。「このままでは日本は貧しくなる」といった指摘があるが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしていて……。(2021/6/30)

中日新聞、個人情報14万件漏えいか 委託先のサーバに不正アクセス
中日新聞が、委託先企業のサーバが不正アクセスを受けたとして、14万3000件の個人情報が漏えいした可能性があると発表した。(2021/6/25)

オリックスファンの自虐漫画が切ない セ・パ交流戦優勝したのに「喜び方忘れた」「新聞一面は阪神」
こんなときぐらい、はしゃいで!(2021/6/22)

朝日新聞が27年ぶり値上げ デジタル版のプラン改定に続き
朝日新聞社は10日、月ぎめ購読料を値上げすると発表した。7月1日から朝夕刊セットは現在の4037円から4400円に。価格改定は1993年12月以来、27年7カ月ぶり。(2021/6/10)

エレンが異世界転生する「進撃の巨人」全面広告、新聞朝刊に 諫山先生の描き下ろし
週刊少年マガジン編集部は9日、「進撃の巨人」最終34巻の発売に合わせて朝日新聞の朝刊に全面広告を掲載した。作者の諫山創さんが描き下ろした。(2021/6/9)

SBSさん何やってるんですか 静岡新聞・SBSテレビ・SBSラジオ公認VTuber「木乃華サクヤ」爆誕
そのうちイワナガヒメも出てこないかな。(2021/6/8)

古田雄介の週末アキバ速報:
グラフィックスカードの購入は月1回まで――新たな転売対策を立てるショップも
半導体不足が年末まで続く予測と、ビットコイン高騰の記事が新聞などで踊る中、アキバでは今日もグラフィックスカードが枯渇している。その対策として、より強力な打開策を打ち出すショップも出てきた。(2021/4/17)

要約する条件を5種類から選択できる:
「長文を要約するAI」、朝日新聞社がAPIとして公開
朝日新聞社は長い文章を要約するAIを開発した。過去30年分の朝日新聞記事のデータなどをディープラーニングによって学習させた。文字数や割合を指定して、長い文章を入力すると、要約文を得られる。AIの機能をAPIとして公開しており、評価用途に限って無償で利用できる。(2021/4/5)

朝日新聞社、長文を要約するAPIを無償公開 500字→200字に圧縮、重要事項の自動抽出も
朝日新聞社が指定した字数や割合に長文を要約する「長文要約生成API」を開発。評価用途に限り、無償で利用できる。会議の議事録や、採用活動で受け付けるエントリーシートの速読に役立てられるという。(2021/4/2)

コンプラ上の問題:
社長職は辞任するが「代表取締役顧問」に 不倫報道を受け、静岡新聞社と静岡放送が新人事を発表
静岡新聞社と静岡放送は3月9日、不倫疑惑を報じられた大石剛氏が両社の社長職を辞任すると発表した。新しい人事は……。(2021/3/10)

大きなダメージ:
「社長は不倫してないが、コンプラ上の問題があった」 写真週刊誌の報道を受け、静岡新聞社と静岡放送が謝罪
静岡新聞社と静岡放送はおわび文を発表した。写真週刊誌が大石剛社長と同局のアナウンサーの不倫疑惑を報じたことを受けての対応。取材に対して担当者は不倫関係を否定したが、コンプラ上の問題があったと認めた。(2021/3/5)

不本意型の非正規雇用を減らすには:
ブラックジョークでは済まない「ハロワ職員1万人雇い止め」問題 非正規雇用の「使い捨て」を解決するために求められるもの
ハローワーク職員の「雇い止め可能性」が一部新聞で報道され、話題になった。一部では非正規雇用を単なる「調整弁」や「使い捨て」としてしまっているケースもあるが、今後はそうした不本意型の非正規雇用を減らしていく必要がある。では、具体的に、どうすればいいのか。(2021/2/25)

新聞3紙、ニュース動画サイト公開 朝日、毎日、産経が共同運営
産経デジタルは、朝日新聞社、毎日新聞社と共同でニュース動画サイト「NewsVideo」を始めた。3社が取材、編集したニュース動画を毎日30本から40本掲載する。(2021/1/26)

静岡新聞「マスコミやめる」宣言 新聞・テレビも「一人一人と向き合う」
「静岡新聞SBSは マスコミをやめる。」静岡県の地元紙・静岡新聞と、放送局・SBSが、“マス向け”のコンテンツ作りを脱し、県民一人一人に向き合う「ユーザーファースト」を掲げるという。(2021/1/12)

なぜ「こたつ記事」は増えたのか 10年前に作った言葉がにわかに注目を集めた理由
新聞報道を機に注目を集めた「こたつ記事」。この言葉はちょうど10年前に筆者が造語したものだった。(2021/1/7)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
1月1日付の新聞の全面広告は、「550万人」にどう届いたのだろう
あなたもきっと、550万人のうちのひとり。(2021/1/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。