ニュース
» 2009年12月01日 07時51分 UPDATE

インターネット接続を人質にするランサムウェア出現

感染するとネット接続が遮断され、携帯メールで指定の番号にコードを送るよう要求されるという。

[ITmedia]

 米CAは11月30日のブログで、インターネット接続を人質に取ってユーザーを脅迫する新手のランサムウェアが見つかったと伝えた。

 CAによれば、このランサムウェア「RansomSMS.AH」は「uFast Download Manager」というソフトにバンドルされており、ユーザーの許可なくシステムにインストールされる。感染すると、ロシア語で「使用許諾違反により、インターネット接続が遮断されました」という内容のメッセージが表示され、携帯メールで指定の番号にコードを送るよう要求される。アンインストールを実行しても、脅迫メッセージを消すことはできないという。

newransom.jpg 見つかった新手のランサムウェア(CAより)

 CAはこのランラムウェアを同社製品で検出できるようにするとともに、感染したユーザーのためにアクティベーションコードを開発したとしている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -