ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2009年12月04日 07時59分 UPDATE

AdobeがFlash Playerのアップデートを予告、Illustratorには脆弱性発覚

Flash Playerのアップデートが米国時間8日にリリースされる予定だ。一方、Illustrator CS4には未修正の脆弱性が報告された。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは12月3日、Flash Playerの深刻な脆弱性に対処するセキュリティアップデートを米国時間の8日にリリースすると予告した。これとは別に、Illustrator CS4に関する未修正の脆弱性情報についても調査中だという。

 8日のアップデートの対象となるのは、Flash Player 10.0.32.18までのバージョンと、AIR 1.5.2までのバージョン。深刻度は4段階で最も高い「critical」となっている。一方、Illustrator CS4の脆弱性については、ローカルのユーザーがIllustratorで不正な「.eps」ファイルを開くと悪用される恐れがあるようだとAdobeは伝えている。

 セキュリティ企業のSecuniaも同日、この脆弱性に関するアドバイザリーを公開し、.epsファイルを解析する際のエラーが原因でメモリ破損を引き起こし、任意のコード実行に利用される恐れがあると指摘した。脆弱性はCS3 13.0.0とCS4 14.0.0で確認され、ほかのバージョンも影響を受ける可能性があるとしている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.