ニュース
» 2009年12月17日 08時10分 UPDATE

Adobe ReaderとAcrobatの脆弱性、修正パッチは1月12日にリリース

ゼロデイ攻撃も発生しているReaderとAcrobatの脆弱性が解決されるのは1月12日になる。

[ITmedia]

 Adobe ReaderとAcrobatに新たな脆弱性が見つかった問題で、Adobe Systemsはこの脆弱性を解決するためのアップデートを米国時間の1月12日までにリリースすると発表した。

 Adobeが12月15日付で公開したアドバイザリーによると、脆弱性はReader/Acrobat 9.2までのバージョンに存在し、OSはWindows、Mac、UNIXが影響を受ける。悪用された場合、クラッシュを誘発し、攻撃者にシステムを制御される恐れがあることから、深刻度は最も高い「critical」となっている。

 この脆弱性を突いたゼロデイ攻撃の発生も伝えられており、Adobeではアップデートが公開されるまでの一時的な回避策として、JavaScriptを無効にする方法を紹介。Reader/Acrobatのバージョン9.2と8.1.7ではJavaScript Blacklist Frameworkが利用できるとしている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -