ニュース
» 2010年01月18日 16時20分 UPDATE

495グラム・ポケットサイズのWindowsマシン 富士通「LOOX U」

富士通は1月18日、個人向けPC「FMV」シリーズの春モデルを発表した。重さ約495グラムでWindows 7を搭載した超小型モバイルPC「FMV-BIBLO LOOX U」のコンセプトは「いつも持ち歩いて使えるライフパートナー」。紳士服売り場でジャケットの内ポケットのサイズを測り、本体サイズを決める参考にしたという「ポケットサイズPC」だ。

[ITmedia]

 富士通は1月18日、個人向けPC「FMV」シリーズの春モデルを発表した。重さ約495グラムでWindows 7を搭載した超小型モバイルPC「FMV-BIBLO LOOX U」のコンセプトは「いつも持ち歩いて使えるライフパートナー」。紳士服売り場でジャケットの内ポケットのサイズを測り、本体サイズを決める参考にしたという「ポケットサイズPC」だ。

photophoto

 LOOX Uは、204(幅)×106.5(奥行き)×23.8(厚さ)ミリの超小型モバイルPC。重さも約495グラムと、ミニペットボトル入り飲料1本分と同程度以下になっている。オープン価格で、実売予想価格は10万円前後。

 OSはWindows 7 Home Premium(32ビット版)、CPUはAtom Z520/1.33GHz。2Gバイトメモリと30GバイトSSDを搭載し、液晶ディスプレイは、タッチパネル対応5.6インチ(1280×800ピクセル)のワイド型。操作はキーボード(キーピッチ16ミリ、75キー)とポインティングデバイス、タッチパネルで行える。無線LANとBluetoothのほか、WANとしてWiMAX通信機能を内蔵する。

CPU Atom Z520/1.33GHz
液晶ディスプレイ タッチパネル式5.6インチワイド(LEDバックライト、スーパーファイン液晶)、1280×800ピクセル
メモリ 2Gバイト(DDR2 PC2-4200)
ストレージ 30GバイトSSD
通信 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n準拠)、WiMAX、Bluetooth、100BASE-TX
インタフェースなど USB2.0、SDメモリーカードスロット、Webカメラ
OS Windows 7 Home Premium 32ビット
バッテリー駆動時間 約4時間
サイズ 204(幅)×106.5(奥行き)×23.8(厚さ)ミリ
重さ 495グラム
カラー ルビーレッド、ヴィンテージゴールド、モカブラック
発売 1月21日
実売予想価格 10万円前後
photophoto 小型・軽量設計により主さは500ミリリットルペットボトル飲料以下に。塗装も高品位

 先代のLOOX Uもコンバーチブル型としては世界最小・最軽量だったが、新LOOX Uはさらに小型化し、同社は「Real Pocket size PC」と呼ぶ。紳士服売り場で内ポケットを実測した結果、「PC本体の奥行きと厚さの合計が130ミリであれば、9割のジャケットの内ポケットに入る」ということが分かったという。厚さ5ミリの超薄型リチウムイオンバッテリーを開発するなどし、LOOX Uの奥行きと厚さの合計は約130ミリに抑えた。「かばんなしでもポケットに入れて持ち歩ける」のが売りだ。

 重さも「持ち歩くものと持ち歩かないものとの境になる」という500グラム未満をターゲットに開発。デジタル一眼レフボディ&レンズ(約750グラム)や週刊少年漫画誌(約600グラム)より軽い、ミニペットボトル以下の軽さに仕上げた。常時携帯することを考え、内部に耐圧強化のためにマグネシウム板を実装するなどして堅牢化しているという。

photophoto 独自のタッチ操作パネルから各種機能を操作できる

 両手持ちスタイルでもキーボード上部のポインティングデバイスを使って快適に操作可能。タッチパネルはWindows標準機能に加え、独自のタッチ操作用アプリケーションも用意。Webブラウザのタブ操作や、予測変換機能月のソフトウェアキーボード、画面をメモできるキャプチャー機能などをタッチして呼び出せる。

 本体は、天板から裏面まで塗装した「360度デザイン」。「ルビーレッド」など3色のカラーバリエーションから選べる。またアパレルブランド「A BATHING APE」とコラボしたモデルを富士通WEB MART限定で販売する。WEB MARTでは仕様の選択が可能だ。

photo LOOX Uを披露する齋藤本部長

 「ポケットに入れてどこにでも持ち歩ける」というキーボード付きPCのコンセプトは、ソニーの「VAIO P」やシャープの「NetWalker」(Windowsではないが)などに続くものだ。富士通の齋藤邦彰パーソナルビジネス本部長は「携帯電話は高機能化しているが、Webブラウジングなどにはまだまだユーザーの不満があることが分かった。携帯とは補完できる形で成長していきたい」と話す。徹底して小型軽量化を図ったモバイルモデルとして、コストパフォーマンスが求められるNetbookとも一線を画していく考えだ。

photo LOOX Mは液晶解像度が上がり、本体はラウンドフォルムに

 春モデルでは、Netbook「LOOX M」の液晶ディスプレイが従来の1024×600ピクセルから1366×768ピクセルに大型化したほか、オールインワンデスクトップ「FMV-DESKPOWER」では、デジタル3波放送のダブル録画に対応した液晶一体型モデル「F/G90D」などをラインアップ。同社の佐相秀幸常務は「製品にはスーパーコンピュータによるシミュレーション結果なども取り入れている。技術に裏打ちされた作り込みによる『メイドインジャパン』にこだわりたい」と話している。

関連キーワード

FMV-BIBLO LOOX U | FMV | 富士通 | BIBLO | FMV-BIBLO LOOX M | DESKPOWER


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -