ニュース
» 2010年01月19日 15時07分 UPDATE

「ハトミミ.com」内閣府ドメインでスタート 同名の風刺サイトも

行政に対する国民の意見を募集する「ハトミミ.com」が内閣府のドメインでスタートした。「ハトミミ.com」ドメインでは、同名の政治風刺サイトを個人が運営している。

[ITmedia]
photo ハトミミ.com

 内閣府の行政刷新会議事務局は1月18日、行政に関する国民の意見を受け付けるサイト「ハトミミ.com」を、内閣府ドメイン「cao.go.jp」下でスタートした。予算や国の制度などに関する意見を専用フォームで受け付け、行政刷新会議の議論に反映させる。

 ハトミミ.comという名称ながら、「hatomimi.com」「ハトミミ.com」などのドメインにしなかったのは、「政府のガイドラインで、政府関連サイトには『.go.jp』ドメインを利用することが義務付けられているため」という。「hatomimi.go.jp」のドメインは取得済みで、投稿フォームに使っている。

 サイトは、インターネットイニシアティブ(IIJ)が自社のクラウドサービス「IIJ GIO」で構築。受注からサイトオープンまで3週間と短かく、多くのアクセスが予想されることから、短期間でシステム構築でき、アクセスが集中した場合にも柔軟に拡張できるクラウドサービスを採用したという。


photo 個人が開設したサイト「ハトミミ.com」

 昨年12月には、サイトの構想を知った個人が日本語ドメイン「ハトミミ.com」を取得し、同名のサイトを開設。投稿フォームで“国民の声”を募集し、集まった意見をサイトで公開している。鳩山政権を風刺した4コマ漫画も掲載しているほか、「@hatomimicom」というアカウントでTwitterで今後の運営方針などをつぶやいている。

関連キーワード

内閣 | 行政 | IIJ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -