ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「行政」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!行政→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で行政関連の質問をチェック

毎年6月30日にIPv6移行状況を公開予定:
チェコ政府、IPv4での行政サービス提供を2032年6月6日に終了へ IPv6完全移行を目指す
チェコ政府は、「国家行政におけるDNSSECおよびIPv6技術導入の再開」と題した決議案を承認した。決議案には2032年6月6日をもってIPv4での行政サービス提供を終了し、IPv6への完全移行を目指すことが盛り込まれている。(2024/2/8)

霞が関からも消えるフロッピーディスク 記録媒体も世代交代 経産省が除外
行政手続きの現場から、フロッピーディスク(FD)やCD−ROMが名実ともに消える。(2024/2/1)

地方自治体のクラウド引っ越し術
待ったなしのガバメントクラウド接続 自治体や地場SIerが検討すべきこと
各自治体では、行政システムのガバメントクラウドへの移行が2025年度末に迫っている。ガバメントクラウド接続ではネットワーク接続の課題だけではなく、セキュリティや運用管理の面も考慮する必要がある。どう対処すればいいのか。(2024/1/24)

Weekly Memo:
ユーザー企業の連携は生成AIの活用を促進するか? 宮田裕章氏の発言から考察
ユーザー企業を主体とした産学連携の新団体「Generative AI Japan」が発足した。日本の企業や行政の生成AI活用に大きなインパクトをもたらす存在になるか。(2024/1/22)

海外医療技術トレンド(103):
米国政府のAI駆動型保健医療DX推進策とDFFTの関係性
本連載第23回や第65回で米国保健医療行政当局のIT戦略やDXを取り上げたが、データ駆動型からAI駆動型への進化に向けた動きが本格化している。さらに、日本が提唱してきたDFFT(信頼性のある自由なデータ流通)をも取り込もうとしている。(2024/1/19)

サンシャインシティ45周年、池袋の街はどうなった?
今年開業45周年を迎えたサンシャインシティ。超高層ビルがそびえる大型複合施設というかつてない再開発は、池袋の街に大きな影響を及ぼした。オフィス、ホテル、商業、文化施設などさまざまな楽しみを提供する一方、街の顔として地域や行政と連携し、今後も魅力を磨くべく奮闘している。(2023/12/21)

スマホ市役所:
行政手続きの「めんどくさい」をゼロへ 生成AI用いた「スマホ市役所」の実力は
自分も給付金がもらえる対象になる自治体の事業を耳にしたとき、調べる手間や申請の手間を考えて嫌気がさした経験はないだろうか? そんな不条理をデジタルや生成AIの力で解消しようとする自治体が増えている。(2023/11/30)

神奈川県相模原市で猫74匹の多頭飼育崩壊 行政・大学・獣医師会・ボランティアが一丸となり命を救う姿に反響
官民、学生たちが一体となって協働しています。(2023/11/29)

可用性・コストパフォーマンス・拡張性に優れたDC
地方自治体に寄り添うSIerが財政にも環境にもやさしいDCを東北に新築した理由
自治体は予算や人材の不足から、DXがなかなか推進できないことに苦慮している。東北のIT企業アイシーエスが、小規模な市町村の行政機関でもDXを推進できるサービス提供を目指した“新たな挑戦”とは。(2023/11/15)

持続可能な街作り:
行政に任せるな 伝説の経営者に聞く「寂れた街の再生術」
熱海の「ホテルニューアカオ」や「寺田倉庫」、「台湾のコングロマリット企業2社の百貨店部門」の経営改革を手掛け、「伝説の経営者」とも呼ばれるACAO代表取締役・CEOの中野善壽さんに、民間主導の地方創生について聞いた。(2023/10/28)

これまで約7万6000人が受講:
無料で「実践的なデータサイエンス」を学べるオンライン演習を開講 総務省
総務省は、データサイエンスのオンライン講座「社会人のためのデータサイエンス演習」を開講した。行政やビジネスでの活用を想定しており、業務やビジネス上での分析事例を中心に実践的な統計分析手法を解説する。(2023/10/12)

「みんなにめちゃめちゃ嫌がられた」 “データドリブン行政”に向け庁内のあらゆるデータを棚卸 三重県のDX担当者に聞く苦悩と希望
業務のデジタル化やデータ活用を進める「行政DX推進プロジェクト」を進める三重県。実現に向けては庁内データの棚卸など「みんなにめちゃめちゃ嫌がられた」こともあったという。詳細を担当者に聞く。(2023/10/12)

個人情報保護委「生成AI利用に注意」 事業者・行政機関向けにポイント解説
個人情報保護委員会が生成AIサービスの利用に関する注意点をまとめたパンフレットを公開した。事業者や行政機関などに向けて、各提供サービスの利用者が入力した情報を、AIの学習データとして利用する予定がある場合に注意すべきことなどを記載している。(2023/8/21)

“アプリストア解放”法案に識者2人が警告 縦割り行政による偏った立法が子供たちを危険にさらす理由
デジタル市場競争会議から出された「モバイル・エコシステムに関する競争評価」の最終報告を受けて、林信行氏が識者に話を伺った。(2023/8/10)

岸田総理「日本はデジタル後進国」 マイナ保険証への理解を求める会見、何を語ったか【全文】
岸田文雄内閣総理大臣は8月4日、“マイナ保険証”への不安を払拭するとして会見を実施。マイナ保険証や行政デジタル化への思いを語った。岸田総理はどのように国民に理解を求めたのか。本記事ではその全文をまとめた。(2023/8/4)

厚生労働省で行政文書データ1100万件誤削除 システム仕様策定時の確認不足で保存期間にミス
厚生労働省は、システム開発時に策定した仕様が不適切だったことが原因で、保存期間の経過していない行政文書データ約1100万件が削除されたと発表した。(2023/8/1)

ネッツトヨタ熊本、「店舗前の街路樹が枯れている」SNSの指摘に説明 「行政の検査で異常の検出なし」
ビッグモーターの問題を受けて、ネッツトヨタ熊本にも疑惑を向ける声が上がっていました。(2023/7/30)

大阪市「行政経営」で自動化プラットフォームを採用 ローコードで変化に対応
大阪市は、市の予算編成システムにServiceNowのクラウドプラットフォーム「Now Platform」を採用する。アナログ運用だった職員の業務負担を軽減し、業務の可視化と進捗管理、業務品質の向上を図る。(2023/7/31)

ChatGPT導入 横須賀市が「全国で一番乗り」できた納得の理由
全国の自治体に先駆けて業務にChatGPTを取り入れ「生成AI開国の地」を名乗る横須賀市。新たな技術の導入に慎重で、お堅いイメージが付きまとう行政現場で、いかにして新技術の導入を進めたのか。(2023/7/10)

ジブリパークがある:
愛知県の「住みここちランキング」 3位「東区」、2位「昭和区」、1位は?
大東建託は、愛知県に住む男女を対象に行った居住満足度調査の結果を発表。「住みここちランキング」TOP10には、名古屋市の行政区が7つランクインした。(2023/6/29)

デジタル庁が無料で使えるイラスト、アイコン素材を公開 商用利用も可能で「素晴らしい」「すごい量!」と反響
マイナンバーカードなど行政手続きに関する素材が多数。(2023/6/29)

スタートアップシティーつくばの可能性(2):
筑波大発スタートアップQoloの挑戦にみる、今つくばに足りないもの
筑波研究学園都市としての歴史を背景に持つ茨城県つくば市のスタートアップシティーとしての可能性を探る本連載。第2回は、筑波大発スタートアップであるQoloへのインタビューを通して、行政によるスタートアップ支援の取り組みの成果と課題を検討する。(2023/6/28)

「行政のためのプロンプト・エンジニアリング入門」無償公開 note深津さんが作成
生成AIに関する資料「行政のためのプロンプト・エンジニアリング入門」が無償公開中だ。AIチャットbot「ChatGPT」などの生成AIの利用を検討する全国の自治体や組織向けに公開したもので、noteの深津貴之CXOが資料を作成した。(2023/6/26)

デジタル庁、誰でも利用できるイラスト素材を配布へ マイナンバー関連の行政手続きを分かりやすく
自治体や民間企業のコストも削減できるとしています。(2023/6/13)

デジ庁がイラスト素材を無料配布へ マイナカードのイメージなど Web・アプリ開発で活用OK
デジタル庁が、Webサイトやアプリケーションの開発で利用できるデザイン素材を無料配布する。行政手続きに関するイラストやアイコンなどを、6月中に公開する予定。(2023/6/12)

神戸市、チャットAI活用規定を条例に追加 個人情報・機密の入力を禁止
兵庫県神戸市が「神戸市情報通信技術を活用した行政の推進等に関する条例」を改正し、市職員に対してChatGPTなどのチャットAIに機密情報を入力しないよう規定する項目を追加した。(2023/5/25)

GIS:
インフラ分野横断の3次元地理空間情報プラットフォーム「TerraVerse」 PLATEAUやBIM/CIMのデータを一元管理
パスコは、都市計画やインフラ、BIM/CIM統合モデルのシミュレーションなどの用途で、行政や組織を横断する3次元地理空間情報のデータ配信プラットフォーム「TerraVerse」の提供を開始した。(2023/5/24)

富士通、相次ぐコンビニ交付サービス不具合に謝罪 「行政サービスへの信頼損ねた」 再発防止策を開示
富士通は、富士通Japan製システムで相次いで発生しているコンビニ交付サービスの不具合などについて謝罪した。一連のトラブルについて「住民が利用する行政サービスへの信頼を損ねた」と述べ、再発防止策を明かした。(2023/5/19)

1万人が選んだ:
全国住みたい街ランキング 3位「福岡市」、2位「札幌市」、1位は?
地域・行政のデータを網羅する「生活ガイド.com」を運営するウェイブダッシュ(東京都千代田区)は、サイト会員1万9106人を対象とした「全国住みたい街ランキング2023」を発表した。1位は神奈川県横浜市、2位は北海道札幌市、3位は福岡県福岡市がランクインした。(2023/5/18)

行政DX 見えてきた課題と対処法:
いまだに紙のやりとりが残る「3つの業務」 行政のDXを阻む“壁”
海外に比べてなかなか進まない日本の行政DX。筆者はいまだに紙のやりとりが残る業務の存在をDXが進まない理由として指摘します。高齢者や障害のある人にも使いやすい住民サービスを提供するために、行政機関が取り組むべきこととは。(2023/4/27)

ChatGPTの行政専用環境「行政GPT」 業務効率化に一役 機密情報の入力を抑止する機能も
AIチャットbotなどを提供するギブリーは、行政機関専用のChatGPT環境を提供するサービス「行政GPT」をリリースした。「GPT-4」を標準搭載している。(2023/4/24)

AI:
建設法規の疑問に「ChatGPT」の建設特化モデル「chact」が回答 「東京都でトンネル工事の規制は」に何と答える?
mignがChatGPTの言語モデルに建設関連法規を学習させた「chact」の提供を開始した。建築基準法などの法令に関する質問をチャットで投げると、AIが即時に回答するため、これまで手間だった法規の制限や解釈に関する行政への問い合わせや提携事業者とのやりとりなどが解消される。(2023/3/22)

親世代に聞いた:
84%が子育てに「地域間格差」を実感 求める支援策は?
トラストバンクは「子育て世代への政策と税金に関する意識調査」を実施した。84%が行政の子育て支援策を含む「子育て環境」に地域間格差を感じていた。求めている支援策は?(2023/3/13)

品質不正問題:
グリコ子会社工場で排水データ97回改ざん、「アイスの実」生産への対応不備で
江崎グリコは、生産子会社であるグリコマニュファクチャリングジャパン 千葉工場において、2019年5月〜2022年12月にわたり、水質規制値の基準値を上回る排水をのべ50件行い、その行政報告において、水質分析データを、のべ97件書き換えていた事実を確認したと発表した。(2023/3/10)

個人情報保護委、行政機関向けの研修資料を無償公開 HDD流出、USBメモリ紛失などの事例紹介も
個人情報保護委員会が行政機関向けの研修資料を公開した。個人情報保護法の基礎や、行政機関が講じるべき安全管理措置、漏えい事案が発生した場合の対応法などをまとめている。(2023/2/28)

行政DX 見えてきた課題と対処法:
「ハンコの神聖化」「東アジア諸国に立ち遅れ」 日本の行政DXはなぜ進まないのか問題を考える
なかなか進まない日本の行政DX。筆者は、進まない理由として日本固有の「ハンコの神聖化」を挙げます。さらに、行政DXを阻むのはハンコだけではありません。ハンコ以外の3つの要因とその背景にも迫ります。(2023/3/7)

レガシーシステムが抱える課題【前編】
英行政機関が“古過ぎ”な「レガシーシステム」を維持する危険な代償
英国の環境・食糧・農村地域省(Defra)は、ITサービスを提供することで各種の手続きをオンラインで実施できるようにしている。そのために同省が利用するレガシーシステムの老朽化が問題になっている。(2023/2/24)

金融行政の視点で分析:
“黒幕”は金融庁? 横浜銀が「今さら」神奈川銀の統合を受け入れた深刻な地銀事情
地銀トップの横浜銀行が同じ神奈川県の第二地銀「神奈川銀行」を完全子会社化する。浜銀が預金残高ベースで40分の1程度の小規模地銀を経営統合するということ自体は大した話ではないが、金融行政の観点からはニュースバリューがある。(2023/4/16)

Weekly Memo:
東京都と日本マイクロソフトが連携――「行政DXのロールモデル」になるか?
東京都と日本マイクロソフトが東京都のDXに向けて連携・協力する協定を結んだ。いわゆる「行政DX」の象徴的な動きで、東京都のみならず全国の自治体へも大きなインパクトがあるのではないか。両者による記者会見から探ってみたい。(2023/2/13)

東京都と日本マイクロソフトが連携協定を締結 行政DXを進める「4つの取り組み」
「GovTech東京」を掲げ官民協働によるDX推進を打ち出してきた東京都が、日本マイクロソフトと連携協定を締結した。既にLAN整備などで協働してきた両者が今後取り組む内容とは。(2023/2/10)

Sansan、名刺管理サービスの自治体向け展開を加速 行政ネットワーク環境下でも使える形に
Sansanが、行政機関が使う閉域ネットワーク「LGWAN」環境下で使える名刺管理サービスの提供を始める。自治体による導入の難易度を下げるという。(2023/2/7)

小寺信良のIT大作戦:
給食費無料の“条件”にする自治体も──マイナンバーカード、インセンティブの考え方が間違ってない?
マイナンバー制度は、「社会保障や税制度の効率性を高め、国民に利便性の高い行政サービスを提供するための社会基盤」と説明されることが多い。政府は普及になりふり構わぬ手段を使ってきたが、2022年12月には普及のために費やした事業総額が合計で2兆円超に上ることがわかった。(2023/1/27)

インシデント対応にかかる費用はいくら? IPAがセキュリティ費用を可視化するツールを公開
サイバーセキュリティリスクは企業にとって無視できないレベルになっている。IPAは、サイバー攻撃によってもたらされる金銭的損失(事故対応費用、賠償費用、利益損害、金銭損害、行政損害、無形損害など)を試算するツールを公開した。(2023/1/24)

DXで協力する日英政府の狙いと歩み【前編】
デジタル庁と英国の“先輩IT機関”GDSが「DX」で協力 その狙いは?
行政サービスや政府機関のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進に向けた協力協定を結んだ日本政府と英国政府。デジタル庁と英国GDSの連携を核とした、その協力の内容と狙いは。(2023/1/24)

小寺信良のIT大作戦:
「フロッピーで提出」「目視が必要」 進む“アナログ規制”見直し、地方は追随できるか?
2021年に「デジタル社会形成基本法」をはじめとする、いわゆるデジタル改革関連六法が成立した。その中には、「地方公共団体情報システムの標準化に関する法律」も含まれており、地方行政も国とともにDX化を推進することとなったのはご承知の通りだ。(2022/12/22)

東武動物公園、鳥インフルエンザ発生の疑いで臨時休園 「今後は関係行政機関の指導のもと対応」
コブハクチョウが鳥インフルエンザに感染している疑い。(2022/12/22)

オランダ政府「クラウド解禁」の裏事情【後編】
“クラウド解禁”のオランダが悩む“あの国”のリスクと「出口戦略」とは?
オランダ政府は行政機関に対して、パブリッククラウドを含むクラウドサービスの利用を許可する。この政策を推進する上で、オランダ政府が直面する“あるリスク”とは。(2022/12/12)

デジタル庁、初心者向け「Webアクセシビリティー」導入ガイド無償公開 非技術者向け、専門用語は少なめに
デジタル庁は、Webサイトへのアクセスしやすさ「Webアクセシビリティー」の解説資料「ウェブアクセシビリティ導入ガイドブック」を公開した。技術者ではないデザイナーや行政人材など初心者を対象にした資料という。(2022/12/6)

オランダ政府「クラウド解禁」の裏事情【前編】
オランダ政府はなぜ“クラウド解禁”に踏み切ったのか
行政機関に対して、パブリッククラウドなどのクラウドサービスの利用を禁じていたオランダ政府が方針を変える。その背景には何があるのか。オランダ政府デジタル化省の副大臣の話から探る。(2022/12/5)

全国4万人から回答:
全国住み続けたい街ランキング 3位「群馬・桐生市」、2位「愛知・瀬戸市」、1位は?
地域・行政のデータを網羅する「生活ガイド.com」を運営するウェイブダッシュ(東京都千代田区)は、サイト会員約4万人を対象とした「全国住み続けたい街ランキング2022」を発表した。1位は福岡県福津市、2位は愛知県瀬戸市がランクインした。(2022/11/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。