ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「内閣」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

政府「ハンコ不要」の見解を表明 「テレワーク推進の障害となっている」
内閣府、法務省、経済産業省が、民間企業が行う契約について「契約書への押印は不要」とする見解を発表した。テレワークの推進に向け、はんこ文化の見直しを促したい考え。(2020/6/22)

新型コロナでテレワーク3割超実施、23区内は5割越す 内閣府初調査
 内閣府は21日、新型コロナウイルス感染症の影響で全国の3割以上の人がテレワークを行い、実施者のうち、仕事より生活重視に意識が変化した人が約6割、地方移住に関心が高まった人が約2割となるといった変化がみられたとする調査結果を明らかにした。(2020/6/22)

テレワークを継続利用するために:
「当初と違う使われ方をしているならリスクの再評価を」 内閣サイバーセキュリティセンター
内閣サイバーセキュリティセンターは、新型コロナウイルス感染症に対する緊急事態措置の終了後にも、テレワークや遠隔会議システムを継続的に活用するに当たって、セキュリティ上留意すべき点を公表した。(2020/6/15)

男性ベビーシッターの一律活動停止に批判の声 ベビーシッター手配サービス「キッズライン」、性犯罪への対応に波紋
キッズラインは内閣府の割引券取扱事業者でもありました。(2020/6/5)

政府、RPAを新型コロナ対策へ活用 UiPathが協力
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ツールを手掛けるUiPathが、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室と、感染症対策関連業務の人的負担の軽減を目的とした、RPAやAIなどの活用で協力する。(2020/5/25)

10万円給付のオンライン申請、負担大で中止する団体も 総務省は申請確認ソフト提供
政府が国民に一律10万円を支給する特別定額給付金のオンライン申請は、5月22日の時点で97.5%の市区町村が始めている。一方、申請の確認作業の負担が大きいことからオンライン申請を中止する団体も現れた。総務省と内閣官房は負担軽減のため申請確認用ソフトの提供を始めた。(2020/5/25)

日本マイクロソフト、新型コロナ対策の官民連携プロジェクトで内閣官房と協定 効果的な対策推進を支援
日本マイクロソフトは、新型コロナウイルス対策の官民連携プロジェクトで内閣官房と協定を締結した。効率的かつ効果的な対策の推進や、収束後の新しいIT技術活用モデルの提示に向け、IT活用による関連機関との連携強化や「新型コロナウイルス感染症対策」Webサイトによる情報提供の拡充などを支援する。(2020/5/22)

新型コロナの情報をAIで自動検索、内閣官房のWebサイトにチャットbot実装
日本マイクロソフトは、内閣官房のWebサイトに「新型コロナウイルス対策FAQチャットbot」を実装した。「Azure QnA Maker」を活用して開発した。AIによる自動応答で新型コロナウイルス感染症に関する情報を検索できる。(2020/5/1)

安倍首相の「うちで踊ろう」動画、”事前確認なし”は問題か?
星野源さんの「うちで踊ろう」動画とコラボした安倍晋三内閣総理大臣の動画が批判を浴びた。首相が投稿したのは星野さんのオリジナル動画を使った動画で、著作権侵害だとの声もある。法的にはレッドカードが出そうな案件だが、今回の投稿に問題はあったのだろうか。(2020/4/23)

ITmedia DX Summit 2020年春・ITサービス編:
「政府が作ったSaaS」で行政をデジタル化 内閣官房IT総合戦略室の狙いとは
お役所のシステムは古く、使いにくく、分かりにくい――そんな声は「中の人」にとっても同感のものだった。内閣官房IT総合戦略室は現在、ユーザー中心のインターフェース構築とAPIを利用した民間サービスの利用による「デジタル・ガバメント」の実行を目指している。政府のDXを支えるべく宣言された「クラウド・バイ・デフォルト宣言」が具体的に何を進めているのか。第一線に立つ政府CIO補佐官が語った。(2020/4/23)

AIが新型コロナ受診の目安を教えてくれる相談サービス、内閣府のプロジェクトで開発
内閣府のAIホスピタルプロジェクトは、AI技術を活用して、熱などの症状を基に医療機関を受診するべきかアドバイスするシステムを開発した。(2020/4/2)

Microsoft Security Forum 2020:
DXに必要な“リアルタイム型”セキュリティを阻む、日本企業の課題5つ
DXに向けたセキュリティのニーズが高まる中、その流れに追い付けていない日本企業の“典型的な症例”5つとは――内閣サイバーセキュリティセンターの副センター長が、目指すべき4つのポイントとともに明かした。(2020/4/1)

東京五輪延期、4連休がなくなる可能性「ゼロではない」 内閣府に取材「これから調整・検討していく」
どうなる……?(2020/3/25)

企業による新型コロナ対策支援サービスを一覧できる特設サイトを政府が公開
内閣官房と総務省、経済産業省は「#民間支援情報ナビ」プロジェクトとして、さまざまな企業から提供される新型コロナウイルス感染症対策支援サービスをまとめた特設サイトを公開した。支援情報は各企業からの提供があり次第、順次更新していく。(2020/3/11)

厚労省をかたる偽サイトに注意 アクセスすると被害の恐れ 閲覧時にはアドレス確認を
厚生労働省と内閣サイバーセキュリティセンターは、厚生労働省をかたる偽のWebサイトが現れているとして注意を呼びかけた。アクセスすると何らかの被害を受ける可能性もある。Webサイト閲覧時にはアドレスを確認するよう注意喚起している。(2020/3/10)

セキュリティ対策時に参照すべき法制度を網羅:
「サイバーセキュリティ関係法令Q&Aハンドブック」全文を公開 NISC
内閣サイバーセキュリティセンターは「サイバーセキュリティ関係法令Q&Aハンドブック」を発表した。参照すべき関係法令をQ&A方式で解説。同センターのWebサイトで全文を公開している。(2020/3/9)

マスク転売に罰則 最高で5年以下の懲役、300万円以下の罰金も検討
安倍晋三内閣総理大臣は、新型コロナウイルスの感染拡大により品薄状態が続いているマスクについて、転売を禁止する対策を指示した。ネットオークションでのマスク出品自粛の要請に加え、より厳しい規制を行い、品薄解消を狙う。(2020/3/6)

製造マネジメントニュース:
日本オープンイノベーション大賞で「知能ロボットコントローラ」が内閣総理大臣賞
内閣府は、国内のオープンイノベーションの模範的なプロジェクトを表彰する、「第2回日本オープンイノベーション大賞」の受賞者を発表した。内閣総理大臣賞は、MUJINらの「汎用的『知能ロボットコントローラ』の開発」が受賞した。(2020/2/28)

東京五輪「中止」なら、日本経済はどうなる? 世界が日本に“不信感”
内閣府が発表した2019年10−12月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動を除く実質で前期比1.6%減、年率換算で6.3%の大幅減になった。(2020/2/27)

政府、「ソードアート・オンライン」と再びコラボ サイバーセキュリティ月間で
内閣サイバーセキュリティセンターと、アニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」がコラボ。登場キャラを起用したポスターを作成する他、イベントも開催する。(2020/1/23)

抜群の「嵐」効果 景気が良くなる“指標”に
令和2年末で活動を休止することになった人気アイドルグループ「嵐」。実は内閣府の景気ウォッチャー調査にも、嵐関連の記述が散見されるなど、景気動向を分析する上で無視できない存在となっている。(2020/1/14)

「エヴァ」作中組織がモチーフの防災アプリ「特務機関NERV」専用災害対策車輌が初公開 三菱自動車、スカパーJSAT、内閣府がバックアップ
かっこいい。(2020/1/11)

電子ブックレット(BUILT):
橋の内部を可視化する、NEXCOのMR技術をひも解く
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。今回紹介するのは、インフォマティクスが2019年7月に都内で開催した「空間情報シンポジウム2019」でのネクスコ・エンジニアリング北海道と内閣府の講演記事まとめです。(2019/12/27)

新連載・地域ビジネス、ここがカギ:
失敗続きの「地域活性化」に財務省がテコ入れ 他省庁との違いを示せるか
内閣府や総務省が成果を出せていない「地域活性化」に、財務省が力を入れ始めた。各地域の出先機関を通じて、スタートアップ企業の発掘や支援に乗り出している。財務省の取り組みは成果を挙げられるのか。これまでの施策との違いを解説する。(2019/11/5)

天皇即位祝賀パレード延期の場合、祝日も延期になるの? → 内閣府に聞いてみた
祝日は10月22日のまま動かず。(2019/10/17)

今年最強クラスの台風、日本列島接近の恐れ 内閣府が対策をTwitterで呼び掛け
10月6日に発生した台風19号が、「非常に強い」勢力で今週末の3連休(12〜14日)に日本列島へ接近する恐れがある。内閣府政府広報オンラインは事前の対策を呼び掛けている。(2019/10/7)

「ニュース速報はどれも内閣改造。その度に落胆」 千葉南部在住の花田虎上、不十分なテレビ報道に失意
富津市に在住する花田さん。(2019/9/12)

空間情報シンポジウム2019:
ICT建機にも活用される準天頂衛星システム「みちびき」開発の道のり
内閣府は、ICT建機などでも活用が見込める準天頂衛星「みちびき」の機能や効果について認知拡大を推進している。(2019/9/5)

再開発:
関西万博開催が決定した大阪ベイエリアに、総戸数330戸の大規模分譲マンション「大阪ベイレジデンス」誕生
2012年に、内閣府の政令で、都市の国際競争力の強化を図る上で、特に有効な拠点として、特定都市再生緊急整備地域に指定された大阪府の咲洲/コスモスクエア地区。2021年9月に同地区では大規模分譲マンション「大阪ベイレジデンス」が竣工する。(2019/8/30)

アニメに潜むサイバー攻撃:
巨大SNS企業が、国家を滅ぼす――アニメ「ルパン三世 PART5」は“官僚の教科書”だった
そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さんが対策を解説します。第9回は「ルパン三世 PART5」を再び取り上げます。(2019/8/23)

人とくるまのテクノロジー展2019:
人が見る地図から機械が見る地図へ、ダイナミックマップが持つ可能性とは
「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」(2019年5月22〜24日、パシフィコ横浜)の主催者企画講演に、三菱総合研究所 次世代インフラ事業本部主席研究員の中條覚氏が登壇。「ダイナミックマップへの今後の期待」をテーマに、内閣府の「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」における検討などを踏まえて実用フェーズに入ったダイナミックマップについて、国内外の最新動向とともに、自動運転をはじめとする多用途展開など地域での活用可能性などを紹介した。(2019/7/9)

検査・維持管理:
東急建設がインフラ新技術の開発を本格化、初弾でトンネル自動点検システムを順次適用
東急建設は、インフラ点検における新技術の開発へ本格的に乗り出す。初弾では、内閣府主導で府省・分野の枠を超えて開発されたトンネルの自動点検システムを実施工物件に適用を進め、社会実装を目指す。(2019/6/19)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(38):
IoTセキュリティの強い味方はハンドブックの形で現れる
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は、内閣サイバーセキュリティセンターが先ごろ発行した「情報セキュリティハンドブック」を紹介します。(2019/6/14)

アニメに潜むサイバー攻撃:
篠原重工は行政指導が必要? 劇場版「機動警察パトレイバー」で学ぶ「内部犯行」リスク
サイバー攻撃は、時代に合わせ、攻撃の対象や手口が変化してきました。そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さんが対策を解説します。第7回のテーマは「機動警察パトレイバー the Movie」です。(2019/6/7)

「令和」の墨書PDF、個人利用も許諾が必要? 「印刷して家に飾るのは問題ない」と内閣府
5月1日の新元号発表の記者会見で、菅義偉官房長官が掲げた「令和」の墨書のPDFデータが公開された。内閣府は、データの使用を厳しく制限する注意書きを添えているが、個人の私的な利用も制限されるのだろうか? 内閣府に聞いてみた。(2019/5/17)

アニメに潜むサイバー攻撃:
「笑い男」事件は実現可能か 「攻殻機動隊 S.A.C.」好きの官僚が解説
そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さんが対策を解説します。第6回のテーマは「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」です。(2019/5/24)

菅官房長官が掲げた「令和」墨書がPDFデータで公開中 内閣府Webサイトにて
墨書データの使用については条件に該当し、大臣官房総務課長が使用を認めた場合のみ可能です。(2019/5/16)

「令和」の墨書、内閣府WebサイトでPDF公開中
5月1日の新元号発表の記者会見で、菅義偉官房長官が掲げた「令和」の墨書のPDFデータが、内閣府のWebサイト内の「元号について」で公開されている。178KBのデータで、ダウンロードして閲覧できる。(2019/5/16)

政府、中小企業向けに「セキュリティ」学べるハンドブック公開 かわいいイラストで解説
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が「小さな中小企業とNPO向け情報セキュリティハンドブック」を公開。解説にかわいらしいイラストを添えたフランクな内容が特徴だ。(2019/4/19)

「ノートルダム大聖堂への寄付」を装った詐欺の恐れ NISCが注意喚起
内閣サイバーセキュリティセンターが、ノートルダム大聖堂への寄付金募集を装ったフィッシング詐欺が起こる可能性を指摘した。(2019/4/17)

「令和」のアクセントは「栄華」と同じ? それとも「平和」? 内閣官房に聞いた
ローマ字表記は「REIWA」が正しいとのこと。肝心の発音はというと……。(2019/4/1)

「Yahoo!しごと検索」でU/I/Jターン向け求人検索が可能に 2019年10月から――ヤフーと内閣府、地方就業を支援
ヤフーと内閣府地方創生推進事務局は、UIJターンによる地方移住・就業推進で連携を発表。2019年10月開始をめどに、Uターン、Iターン、Jターンを検討する求職者が全国の中小企業などの求人情報を「Yahoo!しごと検索」で検索できるようにする。(2019/3/29)

コンパクトカーが人気:
若者の“クルマ離れ”は本当か 保有率が増加
クルマを買える世帯は減少しているとしか思えないが、内閣府の消費動向調査を見ると、2017年度はなんと20代(29歳以下)のクルマ保有率が、47.9%から56.6%に増加しているらしい。(2019/1/10)

戦後最長の74カ月:
景気「いざなぎ」超えと内閣府正式認定、14年増税後も回復継続と判断
内閣府は13日、景気動向指数のあり方を検証する景気動向指数研究会(座長:吉川洋立正大学教授)を開催し、2012年12月から始まる現在の景気回復が2017年9月時点で、高度成長期に57カ月続いた「いざなぎ景気」を超え戦後2番目の長さとなったと正式に判断した。(2018/12/13)

アニメに潜むサイバー攻撃:
空想と現実の狭間に 「電脳コイル」で考える近未来の脅威
そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さん(上席サイバーセキュリティ分析官)がセキュリティ対策を解説します。第5回のテーマは「電脳コイル」です。 (2018/11/30)

規制改革会議が「分離プラン推進」答申を発表 その中身について考えた
内閣府の「規制改革会議」が、「規制改革推進に関する第4次答申」を取りまとめた。その中にモバイル(携帯電話通信)市場に関する提言があるので、解説しつつ私見を述べてみようと思う。(2018/11/23)

@ITセキュリティセミナー2018.6-7:
経営陣の危機意識の改善、人材不足/スキルアップはどうすればいい?――セキュリティ人生相談
@ITは、2018年7月24日、札幌で「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿では、内閣サイバーセキュリティセンターと金融ISACの講演「セキュリティ人生相談」の内容をお伝えする。(2018/10/18)

加齢による「身体感覚」の劣化:
「空気を読めない」高齢者にならないために!
内閣府の調べによると、団塊世代が後期高齢者になる2025年には認知症患者数が700万人程度にのぼるという。認知症に至らずとも、60代以降になれば、加齢にともなう認知力の低下は多くの高齢者にみられる。物事の理解・判断が遅くなったり、記憶力が低下したりする上に、空間認識力が衰え始めるのだ。(2018/10/12)

スピン経済の歩き方:
新しく就任した大臣が「失言」を繰り返す、3つの理由
内閣改造の風物詩ともいうべき、「大臣の首を取りましょうキャンペーン」が本格化している。それにしても、なぜ新たに就任した大臣は「失言」を繰り返すのか。筆者の窪田氏の分析によると……。(2018/10/9)

アニメに潜むサイバー攻撃:
「敵とは何か」 SNSの未来を描く「ガッチャマン クラウズ」のメッセージを解く
そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さん(上席サイバーセキュリティ分析官)がセキュリティ対策を解説します。第4回のテーマは「ガッチャマン クラウズ」です。 (2018/10/12)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。