ニュース
» 2023年07月28日 14時15分 公開

大手キャリアが孤独・孤立対策Webサイト「あなたはひとりじゃない」を案内 料金未払い者を対象にソフトバンクは先行実施中

NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、楽天モバイルの4社が料金未払い者への告知に孤独・孤立対策Webサイトへの案内をつけ加える取り組みを開始する。内閣官房の要請に応じたもので、ソフトバンクでは既に2月から同様の取り組みを行っている。

[井上翔ITmedia]

 NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、楽天モバイルの4社は7月28日、内閣官房の孤独・孤立対策Webサイト「あなたはひとりじゃない」の告知に協力することを発表した。各社が8月以降に料金未払い者に送付する案内文章(ハガキ、封書、SMSなど)に同サイトのURLを記載することで、孤独や孤立で困難を抱える人の支援/相談につなげる狙いがある。

 なお、ソフトバンクは2月からこの取り組みを実施している(参考リンク)。

告知 NTTドコモからの告知

本告知の狙い

 昨今、あらゆる年齢層における「孤独」や「孤立」は社会問題化している。日本政府では、内閣官房が「孤独・孤立対策」としてこの問題に取り組んでおり、2024年4月1日には「孤独・孤立対策基本法」も施行される。

 「あなたはひとりじゃない」は、政府の孤独・孤立対策の一環として開設されたWebサイトだ。

あなたはひとりじゃない 「あなたはひとりじゃない」の概要。未成年者(18歳未満)に特化したサイトも用意されている

 しかし、日常や社会生活で孤独や孤立を抱えている人は、自らの抱える問題を緩和/解消するための公的支援制度に“自力で”たどり着けないことが多い

 そこで内閣官房は、“プッシュ”形式で支援を告知する方法の1つとして、大手キャリア各社に「あなたはひとりじゃない」の告知に協力するよう要請。まず、ソフトバンクが2月から告知を開始し、他社も8月から告知を開始することになった。

 携帯電話・スマートフォンは広く国民に普及しており、その料金に未払いのある人は、何らかの困難を抱えている可能性がある――そのような観点から、内閣官房は「携帯電話料金に未払いのあるユーザー」へのプッシュ告知を考案したものと思われる。

あなたはひとりじゃない あなたはひとりじゃないでは、チャットボット形式で公的支援制度や相談窓口を探せる。一部の表記以外は多言語化もされている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー