ニュース
» 2010年01月21日 08時12分 UPDATE

Apple、Mac OS Xのセキュリティアップデートを公開

セキュリティアップデート「2010-001」では計6項目の脆弱性に対処した。

[ITmedia]

 米AppleはMac OS Xのセキュリティアップデート「2010-001」を1月19日付で公開し、計6項目の脆弱性に対処した。

 アップデートの対象となるのはMac OS X 10.5とMac OS X 10.6。CoreAudio、CUPS、ImageIO、Image RAW、OpenSSLなどのコンポーネントに存在する脆弱性を修正したほか、Adobeが12月にリリースしたFlash Playerの更新版を提供している。

 これら脆弱性は、細工を施した画像やオーディオファイルなどを使って悪用される恐れがあり、アプリケーションが突然終了したり、任意のコードを実行されたりする原因になる。アップデートはアップルメニューの「ソフトウェア・アップデート」から入手できる。

関連ホワイトペーパー

脆弱性 | Apple | セキュリティアップデート


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -