ニュース
» 2010年01月21日 20時42分 UPDATE

ねとらぼ:しゃべる「CEREVO CAM」開発中 メカな兄にツンデレ妹、擬人化キャラ公開

撮影した写真を自動でWebにアップする「CEREVO CAM」限定モデルとして、シャッター音の代わりに擬人化キャラが“しゃべる”モデルを開発中。声優が妙に豪華だ。

[ITmedia]
photo CEREVOT特設サイト

 動作に合わせてカメラがしゃべる――ベンチャー企業のCerevoは、撮影した写真を自動でWebにアップロードするデジタルカメラ「CEREVO CAM」の限定版として、シャッター音や起動・終了音の代わりに、擬人化キャラがしゃべるモデルを開発中だ。キャラのセリフを1月22日まで募集している。

 擬人化キャラは「CEREVOT」と呼ばれ、兄で試作1号機の「大戸あげる」と、妹で試作2号機の「飯津シェア」の2人。兄の声はサザエさんの「アナゴさん」などで知られる声優の若本規夫さんが、妹は、アニメ「かんなぎ」のナギ役などを務める声優の戸松遥さんが担当する。


photo 大戸あげる(左)と飯津シェア

 兄はブラックボディのCEREVO CAMからメカメカしい手足が生えたキャラで、「妹のシェアにはめっぽう弱い」「人間で言うと30歳くらいのユーモラスのある渋い男性」という設定だ。妹は、頭にゴーグルを装着し、白いワンピースを着た青い髪の生意気そうな少女だ。普段は強気な態度をとるが「電池が無くなるとデレる」、いわゆるツンデレだという。

 カメラがしゃべるセリフ案をTwitterで募集中。シャッターを切ったときのセリフ、Wi-Fi接続中のセリフ、カメラを起動したときのセリフなどを募っている。セリフ案は、特設サイトで公開しているルールに基づき、Cerevoのアカウント「@cerevo」への返信(リプライ)としてつぶやけば応募できる。

関連キーワード

Cerevo | 擬人化 | 声優 | デジカメ | かんなぎ | 戸松遥


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -