ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「擬人化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「擬人化」に関する情報が集まったページです。

CAEニュース:
Ansys、衝突テスト用の擬人化試験装置プロバイダーとのパートナーシップ拡大
Ansysは、BridgepointからHumaneticsの少数株主持分を取得する最終契約を締結した。パートナーシップを拡大し、ヒューマンセーフティエンジニアリングのエコシステムを強化する。(2024/2/26)

なぜ「IKEAのサメ」「コストコのクマ」が人気? 大人がこぞってぬいぐるみに熱中する理由
家具関連の小売各社がぬいぐるみを販売し、人気を博している。また、ぬいぐるみを旅行に連れていくサービスや、ぬいぐるみ向けの病院も開院するなど関連市場が活況だ。少子化の今、なぜぬいぐるみに注目が集まっているのだろうか。(2024/1/29)

元司書みさきの同人誌レビューノート:
漫画家×絵描きのタッグが生み出す 地球のIFを描いた水生生物たちの擬人化マンガ『水棲のエデン』
ファンタジーな世界観に引き込まれます。(2024/1/21)

AWSが美少年に? とあるユーザーコミュニティーから生まれた“擬人化スライド”がすごかった
女性中心のAWSユーザーコミュニティー「クラウド女子会」を取材。その活動内容や、創設期の奇抜な取り組みを聞いた。(2024/1/19)

セリアの「鳥獣戯画」クッキー型で作ったのアイシングクッキー話題に カラーで焼き上がったカエルたちに「天才」「素晴らしい」の声
抜き型も作例も良すぎる……。(2024/1/19)

ネコチャンはワンチャンを許さないのだ:
お悩みその21 アプリを作って一発当てたい(29歳 男性 情シス)
かわいいボイスで脳内再生してくれたまえ。にゃははっ!(2023/12/18)

「ゆで太郎」や「びっくりドンキー」をAIで画像化したら……? 生成画像から飲食チェーン名を当てるクイズが駄じゃれ状態
ラスト2枚はクイズ形式です。(2023/11/26)

商標バーチャルアイドル「TMB45」誕生、商標区分の45分類をすべて擬人化
GMOブランドセキュリティは13日、商標区分の45分類をそれぞれ擬人化した仮想アイドルグループ「Trademark Boys45」(以下、TMB45)を発表した。(2023/11/13)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
「AIもロボットも友達」が日本の国民性か?
ポップカルチャーが与える影響はあなどれないものだと感じます。(2023/11/13)

Z世代が選ぶ「勉強になる漫画」 2位『【推しの子】』、1位は?
日本語入力・きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ日本法人は、Z世代が選ぶ「勉強になる漫画TOP10」を発表した。(2023/11/7)

「町内会に出席する甲冑を着た騎士」をAIに描かせたら? オーダー以上におかしな仕上がりが「すごい」「なんとも言えない味がある」と好評
さすがAI……。(2023/10/23)

男子大学生が出掛けたら公園にドラゴンが立っていて…… ちょっぴりファンタジーな日常生活にほっこりするマンガ「ドラゴン養ってください」
人型に変身できないドラゴンかわいい……。(2023/10/22)

グッドパッチとUXの話をしようか:
100年続く「ディズニーアニメ」の変化 子どもより大人がハマる秘められたメッセージ
10月16日、ウォルトディズニーカンパニーは創立100周年を迎えた。ミッキーマウスの人気に伴い、その地位を確固たるものにしてきた同社だが、最近手掛けるアニメ映画のテイストに変化が見られる。一見子ども向けに見えるアニメにハマる大人が増えてきたのだ。どのようなメッセージが隠されているのかというと……(2023/10/16)

「鳩サブレー」箱の片隅に“母親に修学旅行のおみやげを渡す不良” 限定パッケージがいとおしい
「本当は優しい子だって、母さんだけは分かってるんだからね……」パターン。(2023/9/29)

外国人の友だちとスシローに行ったところ…… まさかの結果を描いた漫画が人気 スシロー公式もリポスト
作者は日本で誰もが行くような飲食店へひと通り連れて行きましたが……。(2023/9/22)

日刊MONOist火曜版 編集後記:
アップルに見る「脱炭素はうさんくさい」から目を背けない大切さ
きれいな話だけでは信用されなくなっています。(2023/9/19)

コクヨの子供見守りIoTは家族コミュニケーション活性化に着目 スマホと連携する画面付き卓上型デバイスも登場
保護者のスマートフォンに音声やメッセージなどを送信できる子供向けのIoTデバイス「はろもに」「はろぽち」の2製品をコクヨが発表した。(2023/9/12)

AIがファストフードチェーンを擬人化すると? 王様の雰囲気ただよう“バーガーキング”などキャラ立ちがすごい結果に
それぞれのお店の雰囲気が反映されてるかも?(2023/8/28)

山手線駅員アイドルプロジェクト、キャスト30人による新テーマ曲に最高が詰まっていた
「STATION IDOL LATCH!」にお乗り遅れのなきようご注意ください!(2023/8/22)

“万能ソース”のCMをAIが生成するとこうなる ソースまみれの謎ダンスなど不気味すぎる映像が完成
混沌としている……。(2023/8/12)

サントリーが「C.C.レモン」をAIで擬人化したら…… 少年漫画の主人公のように「レモンパワー全開の俺が現れた!」と元気いっぱい
金髪の青年が出力されました。(2023/7/28)

サントリー、生成AIで「C.C.レモン」を擬人化 期間限定でプロモーションに利用
サントリー食品インターナショナルは、炭酸飲料「C.C.レモン」を擬人化したキャラクターを生成AIで制作したと発表した。利用した画像生成AIサービスは明かしていない。(2023/7/27)

子どもがいる家でロボット掃除機を稼働→悲劇が起こって…… クレヨンと共に“お散歩”してしまった様子に「心中お察しします」の声
これはきれいにするの大変だ。(2023/7/21)

Google、PixelとiPhoneの仲良しストーリー動画を一挙公開 なつかしの「Macくんとパソコンくん」のよう
Pixelシリーズの売り上げが好調なGoogleが、5本のCM動画をYouTubeで公開した。往年の「Macくんとパソコンくん」のように、仲良しなiPhoneとPixelが会話する。その会話を日本語化してみた。(2023/6/22)

Z世代トップロックバンド「マネスキン」が『BEASTARS』と再コラボ 日本アニメの大ファンだけに「ついに実現して、すごくハッピー!」
板垣巴留先生「日本の美味しいものを食べて下さいね」(2023/6/20)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
マリオ映画も全世界で大ヒット 「任天堂が愛される理由」 をChatGPTはこう考える
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「任天堂が愛される理由」です。(2023/6/17)

職場で聞こえてきた「1、2、3で貼り付けてね」の正体は…… Excel初心者向けの表現に「そんな言い方があるのか」「かわいい」
息を合わせて貼り付けている光景を想像しちゃう。(2023/6/13)

伊藤みどり、爆イケなスケート衣装姿に反響「似合ってて可愛い」 華麗な演技でシニア大会優勝も
5月のシニア大会で優勝した伊藤さん。(2023/6/11)

オーストラリアで「ルマンド」売ってる! →全然違うものだった 日本人みんな見間違えそうなパッケージに「これはズルい」
デザインがあまりにもルマンド。(2023/5/31)

東北ずん子プロジェクトの投稿作品だけで作り上げるテレビアニメ「ずんパラ」、ドワンゴとSSSが作るのだ!
ニコ動をテレビで放送しちゃうのだ!(2023/5/26)

協議するも決裂:
『ウマ娘』が特許侵害? コナミがCygames提訴、40億円賠償求める
人気ゲーム『ウマ娘』が特許権を侵害しているとして、コナミが開発元のCygamesを提訴。損害賠償として40億円と遅延損害金、ウマ娘の提供差し止めを求めている。Cygamesなどは「特許権を侵害している事実はない」としている。(2023/5/18)

人気ゲーム「艦これ」 なぜ10年も続く
人気ゲーム「艦隊これくしょん―艦これ―」が、サービス開始から10周年を迎えた。基本利用料無料の競争はスマホゲームを中心に激しく、人気作でも淘汰される時代だが、「艦これ」はなぜここまで続いているのか。(2023/5/18)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(18):
ChatGPTは怖くない 〜使い倒してラクをせよ
ある日突然登場し、またたく間に世間を席巻した生成AI「ChatGPT」。今や、ネットでその名を聞かない日はないほどです。このChatGPTとは、一体何なのか。既に数百回以上、ChatGPTを使い倒している筆者が、ChatGPTの所感をエンジニア視点で語ってみたいと思います。(2023/5/15)

IT産業のトレンドリーダーに聞く!(VAIO 後編):
VAIOは成長フェーズへ PC事業への回帰で周辺デバイスやリファービッシュ品も投入 VAIO Pの後継モデルも!?
コロナの5類感染症変更など、世の中の環境、経済状況や社会情勢が激変する昨今。急激な円安に伴う物価の上昇が続く中で、IT企業はどのような手を打っていくのだろうか大河原克行氏によるインタビュー連載のVAIO 後編をお届けする。(2023/4/28)

ROLAND、“デブは甘え”を訂正 「体重は自分で決める」「君は何キロ?」のツイートに称賛の声
さすがです。(2023/4/21)

アース製薬“商品総選挙”のポスターが本格的! 自噴党「御鬼十飛(ゴキジェット)」などが並び「センスの塊」「投票しにいかないと」と好評
「Gをゼロに」を目指す自噴党を応援したい。(2023/4/20)

AI・機械学習の用語辞典:
イライザ効果(ELIZA effect)とは?
用語「イライザ効果」について説明。コンピュータプログラム/AIモデルの動作が人間の動作に類似していると無意識に想定する傾向のこと、つまり例えばチャットボット/チャットAIを「擬人化」して感情移入することを指す。(2023/4/17)

カスハラ解決も:
配膳ロボット、1台より2台で謝罪したほうが「許せちゃう」のはなぜ? 実験結果がおもしろい
人はロボットによる謝罪を受け入れることができるのか。1台ではなく、複数台のロボットに謝られたら、感じ方はどう変わるのか――。飲食店などで人の代わりに給仕する配膳ロボットの導入が進む。とはいえ人が作った以上、ロボットにも失敗はつきものだ。給仕中のロボットが料理を落として謝罪するケースを想定したユニークな実験が行われた。人工物のロボットの謝罪に、人はどんな反応を示したのか。(2023/4/15)

「金の方? 銀の方?」ってリアルに聞くことあるんだ 母に“湖の女神”のような質問をしてしまった娘に「的確」「めちゃくちゃ笑った」
こんな日がくるとは。(2023/4/14)

引退馬協会、「ウマ娘」に感謝 「たくさんの方が引退馬支援に興味」
「ウマ娘をきっかけに、多くの人が引退馬支援に興味を持ってくれた」。引退馬協会が「ウマ娘」に感謝。(2023/3/28)

「はたらく細胞」まさかの“実写”映画化で細胞役のエキストラ大量募集中 監督は「翔んで埼玉」の武内英樹さん
ワーナー・ブラザースは20日、まんが「はたらく細胞」を実写映画化すると発表した。「日本映画界最大スケール」の映画の撮影準備は着々と進んでいるようだ。(2023/3/22)

アニメ「はたらく細胞」スギ花粉回が無料配信中 くしゃみや涙、鼻づまりのメカニズム解説
アニメ「はたらく細胞」の5話「スギ花粉アレルギー」が無料配信中。スギ花粉症が起きる原因や、薬がどんな仕組みで作用するのか説明している。(2023/3/13)

花粉症の人は見ちゃダメだ! 杉の木がランウェイで優雅に花粉を散らすGIFアニメに「見るだけで鼻がムズムズする」「人の心ないんか」
おしゃれでかわいいのが腹立たしい。(2023/3/6)

「アカウント乗っ取りを疑うレベル」「公式が病気」 ソフトバンクと森永乳業「ピノ」が狂気のコラボ お父さん犬とピノがまさかの“イケメン高校生化”
これもう実質「ピノ恋2」じゃん?(2023/2/17)

“はたらく細胞実写化”報道にSNSでツッコミが入りまくり大喜利化 「それはもうただの人体」「エキストラ1億人ぐらい必要」
実写の細胞なら顕微鏡でいつでも見られるんだけどな。(2023/2/16)

映画「シャイニング」をガンプラで再現したジオラマが笑えるほど迫真 ザク(ニコルソン)がヒートホークでドアをぶち破る……!
おびえるシェリー・デュヴァルはジムで表現。(2023/2/18)

「インターネットやめろエリアに来た」 携帯電話禁止の天文台が話題 やめなきゃいけない事情を聞いた
野辺山宇宙電波観測所に詳細を聞きました。(2023/2/14)

駐日トルコ大使館が直接義援金を送れる口座を公開 駐日ジョージア大使などから義援金が続々集まる
支援したい人はぜひ。(2023/2/8)

アニメ「はたらく細胞」のインフルエンザ回が無料配信中 Blu-ray Disc BOX発売を記念して
スギ花粉アレルギー回の配信も予定されています。(2023/2/5)

「SFプロトタイピング」で“未来のイノベーション”を起こせ!:
ベンチャーが「SF」に頼るワケ SaaS企業カミナシが2030年のビジョンを小説化 CEOが語る“物語の力”
SaaSベンチャーのカミナシがSF小説を作りました。2030年のビジョンを描いています。「SFプロトタイピング」という思考法を活用した理由をCEOに聞きました。(2023/2/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。