ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2010年01月25日 13時28分 UPDATE

Google、検索結果の概要表示に2つの新機能

検索結果に質問の答えそのものがある場合はその答えが強調表示されるようになり、「Rich Snippets」がイベント情報に対応した。

[ITmedia]

 米Googleは1月22日、検索結果に表示する概要部分(スニペット)に関し、検索の答えに当たる部分を強調表示する機能と、イベント情報を表示する機能の追加を発表した。

 スニペットでは、これまでは検索語およびその同義語が強調表示されていた。今回の機能追加で、事実に基づく答えが用意できる検索については、その答えの部分も強調表示されるようになった。例えば「empire state height(エンパイアステートビルの高さ)」に対しては、1250フィートあるいは381メートルの部分が強調表示される。この技術は同社の実験的検索サービス「Google Squared」の技術を応用したものという。向こう数週間でこの機能を英語版に追加していく計画だ。

snippets 1

 イベント情報の表示は、2009年5月に実験的に立ち上げた「Rich Snippets」の新機能。Rich Snippetsは、Webパブリッシャーが構造化データをGoogleに提供することで、そのWebサイトの製品情報やレビュー、会社概要などを検索結果に表示できる機能だ。今回の機能追加で、イベントの名称、日時、場所を表示できるようになった。構造化データの提供方法はWebパブリッシャー向けページで説明されている。

snippets 2

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.