ニュース
» 2010年01月26日 19時35分 UPDATE

Shareで入手したアニメを無断上映 ネットカフェを家宅捜索

P2Pで入手した「ガンダム」などのアニメを客にPCで見せていたとして、千葉県のネットカフェを警察が家宅捜索。

[ITmedia]

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)の発表によると、千葉県警は1月26日、「機動戦士ガンダム」などのアニメを無断上映していたとして、著作権法違反の疑いで同県市川市のインターネットカフェ「まんがランド本八幡店」などを家宅捜索した。

 発表によると、同店は今年1月13〜15日ごろの間、店内で「機動戦士ガンダム」(サンライズ)や「メジャー」(小学館集英社プロダクション)、「ドラゴンボール」(東映アニメーション)を客2人に対しPCを通じて上映した疑い。

 無断上映していたアニメは「Share」や「Perfect Dark」などのP2Pファイル共有ソフトを使って入手していたという。店舗内のサーバにアニメ動画ファイルを置き、客用のPCからアクセスさせることで不特定多数の客が上映・閲覧できる状態にしていた。

 昨年12月に一般から県警に情報提供があり、市川署が事実確認した上でACCSを通じて著作権者に連絡した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -