ニュース
» 2010年01月29日 19時27分 UPDATE

KDDIが損保参入へ 「必要な時にその場で」auユーザーに販売

KDDIが損保に参入へ。あいおい損保と共同で展開し、携帯電話から「必要な補償に必要な時にその場で」加入できる新損保サービスを提供する。

[ITmedia]

 KDDIは1月29日、新損保会社の設立に向け、あいおい損害保険と共同で準備会社を設立すると発表した。携帯電話から「必要な時に必要な補償にその場で加入できる」新しい損保をauユーザーに提供する。当局の認可を受けた上で2011年度上半期の営業開始を目指す。

 2月に「モバイル損保設立準備株式会社」を資本金3億円で設立する予定。あいおい損保が66.6%、KDDIが33.4%を出資する。

 新損保は、携帯電話ユーザーのライフスタイルにマッチした損保商品を販売。au向けコンテンツと傷害保険を組み合わせるなど、「auだからこそできる新しい保健サービスの実現を目指す」という。損保運営に必要な事務やシステム、コールセンター、商品開発などはあいおい損保が支援し、早期の立ち上げを目指す。

 KDDIは携帯ユーザー向けの「じぶん銀行」を三菱東京UFJ銀行と折半出資で設立し、昨年末時点で85万3000口座が開設されている。

関連キーワード

保険 | KDDI | au


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -