ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「au」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
au(by KDDI) - ITmedia Mobile
質問!au→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でau関連の質問をチェック

「au PAY」のキャンペーン、なぜ郵便局は対象外に? “不当な利用”は還元対象外の場合も
コード決済「au PAY」向け「誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーン」が好調だ。一方、第2週にさしかかった2月17日から、KDDIはキャンペーンの条件を変更した。その中で気になったのが、「郵便局での利用はキャンペーンポイントの付与対象外になる」というものだ。(2020/2/19)

au PAYの20%還元キャンペーン、第2週は1日で終了 前日に終了条件の変更も
予想通りの結果に。(2020/2/17)

auが端末の残価設定型分割払い「かえトクプログラム」を開始 2月21日から
auが、スマートフォンの購入時における残価設定型の分割払いを導入する。従来の「アップグレードプログラムNX」から対象端末が拡大した他、au回線の契約がなくても利用できるようになった。(2020/2/17)

「au PAY」の10億円還元キャンペーン、2週目は初日で終了
KDDIが、2月17日週の「au PAY」向け「誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーン」を、2月17日23時59分に終了する。次回は2月24日0時に開始する。当日に終了する場合、17時までに告知する。(2020/2/17)

20%還元のau PAY、2週目は初日で還元終了
毎週10億円を上限とした20%還元を実施しているau PAYの2週目の還元が、初日で終了になる。次回の還元は2月24日からとなる。(2020/2/17)

au PAYの毎週10億円還元、第2週は1日で終了
スマホ決済「au PAY」で2月17日、決済額の20%を還元するキャンペーン(第2週)がスタート。利用者が殺到し、還元総額が10億円相当に達するため、初日で終了する。(2020/2/17)

KDDI、縦折りスマホ「Galaxy Z Flip」を2月28日に発売 税込17万9360円
KDDIが「Galaxy Z Flip」を2月28日に発売すると発表。価格は税込17万9360円。18日午前9時から、au取扱店と「au Online Shop」で予約受付を始める。同端末は、韓国Samsung Electronicsが開発した、縦に折りたためるAndroidスマホ。(2020/2/17)

auの「Galaxy Z Flip」は2月28日発売 直営店価格17万9360円(税込み)
国内ではau独占販売となる「Galaxy Z Flip」の発売美と販売価格が判明。2月18日から販売予約も受け付ける。【更新】(2020/2/17)

au PAYの20%還元キャンペーン条件が変更 最短1日で終了する可能性も
より“早い者勝ち”感……?(2020/2/16)

古田雄介の週末アキバ速報:
パーツの値上げに品不足といろいろあるけど、週明けに盛り上がっているアキバ自作街
2月10日からスタートしたau PAYの「誰でも! 毎週10億円! もらえるキャンペーン」がPCパーツショップでも大反響となっている。長期的な品薄の懸念もあるけれど、いろいろなことが起きているようだ。(2020/2/15)

第2週は2月17日から 「au PAY」の毎週10億円還元キャンペーンをおさらいする
KDDIが、コード決済「au PAY」を対象に、毎週10億円を還元するキャンペーンを2月10日から3月29日まで実施している。第2週のキャンペーンは2月17日にスタートする。改めて、このキャンペーンのポイントをおさらいしよう。(2020/2/14)

全国のラオックスが「PayPay」と「au PAY」に対応
ラオックスは、2月13日に全国のラオックス店舗でQRコード決済「PayPay」「au PAY」を導入。なお銀座EXITMELSA、関西国際空港店は除く。(2020/2/13)

今回は全販路で購入可能:
auが折りたたみスマホ「Galaxy Z Flip」を2月下旬に発売 予約は2月18日から
Samsung Electronicsの新型縦折りフォルダブルスマートフォン「Galaxy Z Flip」が、日本でも発売される。「Galaxy Fold」に続き、au独占販売となる。(2020/2/12)

mineoで通信障害が発生 データ通信が利用できず【復旧】
MVNOサービス「mineo」で通信障害が発生。データ通信が利用できない状況となっている。au、ドコモ、ソフトバンクの全てのプランが該当する。(2020/2/11)

「au PAY」の毎週10億円還元キャンペーン、初週は2月11日で終了
KDDIが2月10日週の「誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーン」を、2月11日23時59分に終了する。同キャンペーンでは、2月10日〜3月29日の7週に分けて開催。第1週目のキャンペーンはわずか2日で終了となった。(2020/2/10)

「auじぶん銀行」誕生 KDDIの金融事業の旗振り役 総額1億円還元で攻勢へ
じぶん銀行が、行名をauじぶん銀行に変更。KDDIが推進する「スマートマネー構想」をより強く打ち出す。金融商品の認知度向上などを目的に、総額1億円の大規模な還元キャンペーンも実施する。(2020/2/10)

新生「auじぶん銀行」始動 2020年の事業戦略や大型キャンペーンを整理する
auじぶん銀行が2月10日、戦略説明会を開催。臼井朋貴社長が、今後の事業戦略や、同日から実施している「auじぶん銀行、はじまる。行名変更キャンペーン」などについて説明した。KDDI、auフィナンシャルグループとの連携を進め、貯蓄から資産形成へのサポートを加速させていく。(2020/2/10)

au PAYの20%還元キャンペーン、第1週はわずか2日で終了へ 初日に利用者が殺到か
第1週は2日しかもたなかった。(2020/2/10)

最大9万円相当のポイント&現金をプレゼントする「auじぶん銀行行名変更記念キャンペーン」
2月9日付で「株式会社じぶん銀行」は「auじぶん銀行株式会社」へ行名を変更。これを記念し、2月10日に新規口座開設や各種商品の取引でポイントや現金をプレゼントする「auじぶん銀行、はじまる。行名変更キャンペーン」を開始した。(2020/2/10)

名称変更したauじぶん銀行 2020年の戦略はポイント経済圏
auが掲げる「スマートマネー構想」の下、ポイント経済圏をハブとして金融サービスを訴求していく。au WALLETポイントはPontaとの統合を発表しており、ユーザー基盤は1億人超、年間付与ポイントは2000億超まで拡大している。この基盤を元に、ユーザーとのエンゲージを高めていく。(2020/2/10)

スマホ決済2月のキャンペーンまとめ au PAYは毎週10億円還元、d払いはコンビニ、PayPayは飲食店がお得
2月もコード決済のキャンペーンが盛り上がっている。その中心は、やはり3キャリア陣営の「PayPay」「d払い」「au PAY」だ。特に目立つのが、PayPayの飲食店での40〜50%還元と、au PAYの毎週10億円を還元する大型キャンペーンだ。(2020/2/9)

販売はiPhone 7が1位、iPhone 8が上昇 ゲオの中古スマホ1月ランキング
ゲオは、1月1日〜1月31日までのデータを集計した「ゲオ中古スマートフォン1月月間ランキング」を発表した。販売総合ランキングではauのiPhone 7が1位に。買取総合もiPhone 7が1〜3位を独占したが、NTTドコモの「GALAXY A20 SC-02M」がランクアップした。(2020/2/8)

石川温のスマホ業界新聞:
ペイメントサービスで求められる「継続的なポイント発行」――QRコード決済戦争は4キャリア陣営に収束か
KDDIが2月10日から、毎週10億円ずつ還元するau PAYのキャンペーンを開始する。最近のコード決済サービスのキャンペーンとしては比較的大盤振る舞いだが、いわゆる「スーパーアプリ」化をにらんだ顧客の囲い込みの一環だと思われる。(2020/2/7)

au Wowma!で「ブックパス」の取扱開始 50%オフクーポンも
au Wowma!で、2月6日からau公式電子書籍サービス「ブックパス」の取扱を開始。コンテンツを購入した全ての利用者を対象に、次回購入時に利用できる50%オフクーポンもプレゼントする。(2020/2/5)

auオンラインショップでiPhoneやXperiaなどが最大2万2000円引き
KDDIは2月1日から、auオンラインショップで対象機種を最大2万2000円割り引くキャンペーン「auオンラインショップお得割」を開始した。iPhone XR(64GB)やXperia 8などが2万2000円(税込み)引きに。キャンペーンの終了時期は未定。(2020/2/3)

auの初心者向けスマホ「BASIO4 KYV47」が2月7日に発売 約4万円
KDDIと沖縄セルラー電話は、京セラ製Androidスマートフォン「BASIO4 KYV47」を2月7日に発売する。auオンラインショップでの販売価格は4万1760円(税込み)。BASIO3と同等の横幅約71mmを維持しながら、シリーズとしては初めて有機ELディスプレイを採用した。(2020/2/3)

セブン銀行がスマホ決済のキャンペーン 1万円以上のチャージで5万人に1000円相当が当たる
セブン銀行は、2月3日にスマホ決済サービス5社との合同キャンペーンを開催。PayPay、au WALLET(au PAY)、LINE Pay、d払い、メルペイを対象に、1度に1万円以上を現金でチャージすると抽選で5万人に1000円相当をプレゼントする。(2020/2/3)

Mobile Weekly Top10:
スマホ決済アプリ、目指すは「スーパーアプリ」化?/「Rakuten Mini」の実力をチェック
KDDIが、決済に関連するサービス(一部を除く)とeコマースサービスのブランドを「au PAY」に統一します。ヤフーとソフトバンクの合弁企業が展開する決済サービス「PayPay(ペイペイ)」への対抗のためと思われます。(2020/2/3)

石野純也のMobile Eye:
dポイントかPontaか 決済事業でドコモとauの戦いが激化――2社の決算を読み解く
NTTドコモとKDDIの第3四半期決算が出そろった。2社とも、料金値下げや純増数の低下に伴い、通信料収入は減少傾向にある。好調なのは非通信事業で、ポイントも含む金融・決済事業で、2社の戦いが激化しつつあることがうかがえる。(2020/2/1)

Airペイがau Payに続きdポイントにも対応 残るは楽天対応
リクルートライフスタイルが、店舗向け決済サービス「Airペイ」の決済手段を強化している。2020年1月にはUnionPay(銀聯)に、1月30日からはau PAYにも対応した。また4月からはdポイントの取り扱いも開始する。(2020/1/30)

PR:世の中スマホ決済めちゃくちゃあるけど「au PAY」ってどうなの? 解説してみた
キャッシュレス決済ありすぎてお困りのみなさ〜〜ん!!(2020/2/1)

事前予約で24時間490円から――auの「世界データ定額」に早割コースが登場 2月1日から
auの国際ローミング用オプションサービス「世界データ定額」に、事前予約することで割り引きとなるコースが新設される。一部の国・地域における通常コースと比較した場合、最大で半額の24時間490円から利用できる。(2020/1/29)

auの「AQUOS zero2」、1月31日に発売 9万7200円(税込み)
KDDIは、1月31日にシャープ製スマートフォン「AQUOS zero2」を発売する。約141gの軽量ボディに約6.4型の有機ELディスプレイを搭載し、描画回数を毎秒120回(120Hz)に向上させたことで毎秒240回(240Hz)の高速表示を可能にした。(2020/1/28)

「Ponta」と「スーパーアプリ」でポイントがたまりやすい仕組みを au PAYの戦略
KDDIが1月28日に「au PAY発表会」を開催し、決済や金融にまつわる戦略を披露した。「au WALLET」アプリを「au PAY」アプリに変更し、日常生活の入口になる「スーパーアプリ」化を目指す。キャンペーンに加え、共通ポイントのPontaや他の金融サービスとの連携によってポイントをたまりやすい仕組みも強化する。(2020/1/28)

auのタフネススマホ「TORQUE G04」がアップデート トランシーバー通話が可能に
auのタフネススマホ「TORQUE G04」にソフトウェア更新が配信された。適用すると、側面の「ダイレクトボタン」を押すとワンタッチでトランシーバー通話できる機能が追加される。(2020/1/28)

来た! au PAYが20%還元の大盤振る舞いキャンペーン 家電量販店など全店舗対象、最大7万円分ポイント付与
auユーザー以外でも利用できます。(2020/1/28)

KDDI、PayPay対抗の「au PAYアプリ」発表 請求書払い、お釣り投資など搭載 毎週10億円還元で“真っ向勝負”
KDDIが「au WALLETアプリ」をリニューアル。2月4日に名称を「au PAYアプリ」に変更する。公共料金の支払いなどの新機能を追加する他、毎週10億円相当のポイントを還元する大規模キャンペーンも実施。「PayPay」が先行する中で、競争力の向上を目指す。(2020/1/28)

じぶん銀行からau PAYにオートチャージ、決済で10万ポイントを抽選で還元
KDDIとじぶん銀行がキャンペーンを実施。じぶん銀行の口座から「au PAY 残高」にオートチャージしてau PAYで買い物をすると、毎週、抽選で50人に10万ポイントを還元する。au以外のユーザーも対象。(2020/1/28)

「au PAY」で20%還元キャンペーン 全加盟店対象、最大7万円分のポイントを付与
KDDIは、スマホ決済サービス「au PAY」を利用すると、20%のポイントを還元するキャンペーンを実施する。2020年2月10日から3月29日までの7週間で、毎週最大10億円を還元する。ユーザー1人あたりの還元額は最大7万円相当。(2020/1/28)

auの決済サービスブランドは「au PAY」に アプリやカードの名称を変更
KDDIが、2020年2月4日に「au WALLET」アプリを「au PAY」アプリに名称を変更する。同日以降、au PAYアプリのトップ画面にコード決済用のバーコードを表示する機能を追加する。カードやECサービスなどの名称も変更する。(2020/1/28)

au UENO、古い携帯から写真を取り出す「おもいでケータイ再起動」2月14日から開催
KDDIは、2月14日から2月16日まで直営店「au UENO」で「おもいでケータイ再起動」を開催。過去に使用していた携帯電話を充電・再起動して思い出の写真をプリントするというイベントで、au以外の契約者・携帯電話でも参加できる。(2020/1/27)

Airペイが「au PAY」を導入 全28種の決済手段に対応
リクルートの提供する決済サービス「Airペイ」が、1月30日からKDDIのスマホ決済サービス「au PAY」を取扱開始。これにより全28種の決済手段に対応となった。(2020/1/23)

Mobile Weekly Top10:
“不適切なメモ”でドコモが謝罪/「auデータMAXプランPro」が値下げ
とあるドコモショップで店員がやりとりしたメモが波紋を呼んでいます。しかし、そのメモに書かれたことは、ドコモに限らず全キャリアの販売店で長年問題になっていることでした……。(2020/1/21)

石野純也のMobile Eye:
春商戦と楽天対抗 KDDIが「auデータMAXプランPro」の値下げに踏み切った理由
KDDIが、「auデータMAXプランPro」を、2月1日から1500円値下げする。ドコモとソフトバンクの大容量プラン、また春に本格参入を控えた楽天モバイルに対抗するという狙いがみてとれる。一方で、バンドルプランである「auデータMAXプラン Netflixパック」より安くなるという逆転現象が起きた点は気になる。(2020/1/18)

端末単体で容量無制限の「auデータMAXプランPro」が1500円値下げ テザリング時などのデータ容量も増量
auのデータ無制限プランが値下げした上で、無制限対象外通信の月間容量制限を緩和する。既存ユーザーも含めて、2月1日から適用される。(2020/1/17)

au、データ容量無制限の通信プランを1500円値下げ 5Gサービスや楽天参入に備え
KDDIはと沖縄セルラーは、「auデータMAXプランPro」の月額使用料を1500円値下げすると発表した。春から始める予定の5G移動通信サービスや、楽天のMNO事業参入に備える狙いがある。(2020/1/17)

au初のシャープ製モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W07」、法人向けに3月発売
KDDIと沖縄セルラー電話は、シャープ製のモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W07」を2020年3月以降に発売する。4000mAhの大容量バッテリーを搭載する他、下り最大958Mbpsで通信できる。(2020/1/16)

auの「Galaxy S10/S10+」、Android 10へアップデート
KDDIは、1月15日にサムスン電子製のAndroidスマートフォン「Galaxy S10 SCV41」「Galaxy S10+ SCV42」のOSアップデートを実施。Android 10ではクイックパネルやアプリフォルダ、壁紙などの設定が変更となる。(2020/1/15)

サミットがコード決済を拡大、新たに「d払い」「au PAY」「J-Coin Pay」「ゆうちょPay」を導入
サミットは、1月15日からQRコード決済を拡大。新たに「d払い」「au PAY」「J-Coin Pay」「ゆうちょPay」へ対応し、9種の決済サービスを利用可能となった。(2020/1/14)

スマホ決済1月のキャンペーンまとめ PayPay、d払い、au PAYで“20%還元”が続く
12月に続き、1月もコード決済を中心にキャンペーンが盛り上がっている。20%還元の大盤振る舞いをしているところも多い。PayPay、au PAY、d払い、じぶん銀行スマホデビットのキャンペーンをまとめた。(2020/1/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。