ニュース
» 2010年02月04日 16時41分 UPDATE

PCエンジンやメガドラで遊べる福井市営“ゲーム図書館”

福井市が、レトロゲームで遊べる市営の「TVゲーム図書館」をオープン。PCエンジンやNEO-GEOなど5機種を用意した。

[ITmedia]
photo まちなかTVゲーム図書館

 レトロゲームで遊べる無料の市営施設「まちなかTVゲーム図書館」が、福井市の中心街のビル1階にこのほどオープンした。駅前の活性化が狙いで、「親子で楽しんでもらいたい」としている。

 50平方メートルほどのエリアに、PCエンジンとメガドライブ、NEO-GEO、セガサターン、ドリームキャストをそれぞれ1台ずつ用意。図書館で本を読むように、ゲームソフトを借りてその場で遊べる。

 「ボンバーマン」や「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」「餓狼伝説」など130種類のソフトを用意。ハードとソフトは市の職員から募ったもので、製造・販売が終わり、メーカーから許可が得られたものを提供している。

 小さいころからゲーム好きという市職員が発案した。友人同士や親子のコミュニケーションの活性化につなげたいという。

 JR福井駅前にあるビル1階の市民ギャラリー「えきまえKOOCAN」内で、3月31日まで開催。えきまえKOOCANで別の展示がある場合には“休館”するという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -