ITmedia NEWS >
ニュース
» 2010年02月23日 07時00分 UPDATE

マイクロソフト、Azureを国内で本格展開

マイクロソフトは「Windows Azure Platform」を日本市場で本格展開すると発表した。

[ITmedia]

 マイクロソフトは2月22日、クラウドコンピューティングプラットフォーム「Windows Azure Platform」を日本市場で本格展開すると発表した。

 開発者支援サイト「MSDN」で関連コンテンツを拡充するほか、一定量のサービスを無償で利用できる「導入特別プラン」を7月31日までの期間限定で実施するなどして導入を支援する。

 同社によると、すでにパートナー企業50社がAzure採用や対応アプリケーション開発を表明。ソフトバンククリエイティブがWebメディア用のコンテンツマネジメントシステムに活用したり、グーモが動画配信サービスに採用するなど、導入や検証も進んでいるという。

 Azure Platformは、アプリケーションをホスティングするクラウドOS「Windows Azure」、クラウド向けデータベース「SQL Azure Database」、Windows ServerとWindows Azure向け.NETアプリの開発を助ける技術「AppFabric」などで構成される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.