ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2010年02月24日 07時00分 UPDATE

ソフトバンクグループが「IPv6 for Everybody!」

ソフトバンクグループのBBIXとソフトバンクBBが、IPv6普及を推進する「IPv6 for Everybody!」構想を発表した。

[ITmedia]

 ソフトバンクグループのBBIXとソフトバンクBBは2月23日、IPv6の普及を進める「IPv6 for Everybody!」構想を発表した。インターネットエクスチェンジのBBIXはISP向けにIPv6ローミングサービスを、ソフトバンクBBはYahoo!BBユーザー向けにIPv6サービスを提供する。

 BBIXは、ネイティブ方式か、6rd(IPv6 rapid deployment)技術によりローミングサービスを提供。6rdによるソフトバンクグループ以外へのローミングを2010年度中に、ネイティブ方式で全ISPに対応するローミングを11年度内に順次提供する計画。

 ソフトバンクBBはBBIXのローミングを利用し、4月から「Yahoo!BB 光 with フレッツ」「Yahoo!BB 光 フレッツコース」のユーザーに、6rd技術によるIPv6サービスを無料で順次開始する。6rdによるIPv6サービスは国内ISPとしては初という。今後、Yahoo!BB ADSL向け提供も予定している。

関連キーワード

IPv6 | ソフトバンクBB | Yahoo! BB | ローミング


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.