ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Y

「Yahoo! BB」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Yahoo! BB」に関する情報が集まったページです。

ソフトバンク、「Yahoo! BB ADSL」など終了へ 20年3月から順次
ソフトバンクがADSLサービスの提供を2024年3月末で終了すると発表した。保守部材の枯渇や設備の老朽化によって安定的なサービス提供が困難になるとしている。20年3月以降、一部の地域から順次終了する。(2019/5/10)

“迷探偵”ハギーのテクノロジー裏話:
IT事件簿 日本最大の個人情報漏えい事件をひも解く
2004年に発生した「Yahoo! BB」での個人情報漏えい事件は、日本最大規模として記憶されている人も多いだろう。当時の事件ではすぐに被疑者が特定されたが、なぜなのか。(2012/8/31)

1契約でWindows PCもAndroid端末も――マルチデバイスセキュリティサービス登場
Windows向けのセキュリティサービスを利用していれば、追加料金なしでAndroidでもセキュリティを受けられるマルチデバイスサービスが開始。「Yahoo! BB」と「SoftBank ブロードバンドサービス」会員向けに提供される。(2011/8/1)

村井純氏、荒俣宏氏らの講義が無料に――Yahoo!BB会員に、生涯学習講座の受講資格を提供
ソフトバンク BBは「Yahoo!BB」ユーザーを対象に、サイバー大学の学習講座「e-カレッジ」の受講資格を無料で提供する。(2009/4/28)

「ホワイトプラン」がYahoo!BBにも 基本料金980円からの2段階制
基本料金980円の「ホワイトプラン」がADSLにも。2段階定額制の「Yahoo!BBホワイトプラン」が始まった。(2008/12/1)

NEWS
ソフトバンクBB、HPの自動故障切り分けシステムでYahoo! BBのNOCを強化
Yahoo! BBを運営するNOCは、新サービス対応のため自動故障切り分けシステム「ATiS」を構築。故障対応の工数削減、復旧までの時間短縮など障害対応を効率化した。(2008/6/12)

Yahoo!BBで6年にわたり過剰請求
「Yahoo!BB ADSL」で、一部顧客に対し6年間にわたって料金を過剰請求していたことが分かった。(2008/4/10)

Y!BBユーザー以外にもBBフォンを ソフトバンクBBが新サービス
ソフトバンクBBは、ISPに関わらず利用できるIP電話サービス「myBBコミュニケーター」の試験運用を始めた。月額315円で050のIP電話番号を利用でき、BBフォンユーザーと無料で通話できる。(2007/6/18)

5月16日から回線限定解除、サービス開放へ――「真・三國無双BB」
ELEVEN-UPとコーエーは、従来の「Yahoo! BB」および「SoftBank ブロードバンド サービス」を利用のユーザー専用サービスであった一騎当千MMOアクション「真・三國無双BB」の回線限定を解除して、誰でも遊べるようサービスを開放すると発表した。(2007/4/25)

「mixiを追いかけても意味がない」――ヤフーSNS、会員向けに開放
ヤフーのSNSが、Yahoo!BBとプレミアム会員なら招待なしで利用可能になった。「今からmixiを追いかけても意味がない」とし、ポータルでもmixi型でもない、独自の道を探る。(2006/7/31)

日本はブロードバンド最安――ITU報告書
日本の情報社会の発展指数は韓国に次いで2位、ブロードバンド料金は日本のYahoo! BBが最も安かった。(2006/7/6)

Yahoo!BB情報流出で1人6000円の賠償命令
ユーザー1人当たり500円分の金券を贈って謝罪したYahoo!BBの情報流出事件をめぐる裁判で、運営企業に対して1人当たり6000円の損害賠償の支払いを命じた。(2006/5/22)

ソフトバンクBB、2社に分割
「Yahoo!BB」事業を行うソフトバンクBBは、ADSL専業の「BBテクノロジー」と、FTTHや流通などADSL以外を手がける「ソフトバンクBB」に分割される。(2005/10/14)

「Yahoo!BB中心に垂直統合」――304円無線LANの戦略
無料で誰でも利用できた「Yahoo!BB モバイル」が、Yahoo! BB会員専用の有料サービスに生まれ変わる。会員向けサービスに無線LANを組み入れ、ユーザー囲い込みにつなげる。(2005/9/15)

Yahoo!BB進ちょく状況、開示ペースなど変更を検討
(2005/9/12)

短期集中ロードテスト「M1000」 No.3:
「コネクションマネージャー」で無線LAN利用が快適に
いよいよ、公衆無線LANエリアでのインターネット接続を自動化するソフト、コネクションマネージャーを導入。ホットスポットやYahoo!BB モバイルのサービスエリアで使えるでしょうか?(2005/9/2)

月額304円で無線LAN Yahoo!BBと日本テレコムがAP統合
「Yahoo!BBモバイル」と「モバイルポイント」両方のアクセスポイントを利用でき、月額304円の無線LANサービスが始まる。(2005/8/29)

3GとYahoo!BB無線LANのハンドオーバーに成功
BBモバイルは3Gの実験で、「Yahoo!BB ADSL」の無線LANネットワークとのハンドオーバーに成功したと発表した。音声、映像データ通信をハンドオーバーできる。(2005/7/26)

BB GamesからYahoo! BB 光 TV packageを申し込むとリネージュIIが90日間無料に
(2005/7/6)

「Yahoo!BB モバイル」の試験サービス、10月に終了 商用化へ
全国682のホットスポットを無料で利用できた「Yahoo!BB モバイル」の試験サービスが終了する。(2005/7/1)

BBTV、7月から全国展開
Yahoo!BB会員向け映像配信サービス「BBTV」のエリアが全国47都道府県に広がる。(2005/6/21)

Yahoo!BB出張サポート委託スタッフが顧客情報を流用
(2005/5/24)

MCJ、Yahoo! BB契約者向けに2万円台デスクトップPCを販売
MCJは、Yahoo! BB回線契約者を対象に同社デスクトップPC「Lm-i203」を「DoIt!ステーション」にて低価格で提供するキャンペーンを開始した。価格は2万9800円より。(2005/3/29)

「Yahoo!BB 光」に「BBTV」「無線TVパック」セット 料金据え置き
FTTH「Yahoo!BB 光」に、映像配信「BBTV」用STBと、地上波TV放送を無線電送できる「無線TV BOX」がセットの新メニュー。料金は回線のみの契約と同等に抑えた。(2005/2/23)

Yahoo!BBがIPv6対応へ
特別な機器の設置不要で、簡単にIPv6環境を利用できるようにする計画だ。(2005/2/10)

「Yahoo!BBスタジアム」契約終了へ
(2004/12/20)

Yahoo!BB会員情報9213件、一時ネットに掲載
15日にNHKからの連絡を受けて確認した。現在は削除されている。(2004/12/16)

Yahoo!BB会員情報? 週刊誌が持ち込み
週刊新潮と週刊フラッシュが持ち込んだ。11月に日経BPから持ち込まれたデータと同じ特徴があるという。(2004/12/13)

新潮社と光文社からYahoo! BBの顧客情報とみられる合計6,500件のデータ
ソフトバンクBBは、10日と13日にYahoo! BBの顧客情報とされる合計6,500件の名簿が持ち込まれたことを明らかにした。(2004/12/13)

「ポルシェ当選」に注意、Yahoo!BBのキャンペーンを騙ったフィッシング詐欺が発生
Yahoo!BBキャンペーン事務局を騙り、「ポルシェが当選した」などの名目で個人情報を詐取するフィッシング詐欺が発生した。情報を入力した人物には不審な電話も。(2004/12/6)

Yahoo!BB光のオーダー処理システムにVitria BusinessWare
ビトリア・テクノロジーは、ソフトバンクBBが光ファイバーを利用した新サービス「Yahoo!BB光」のオーダー処理システムに、同社のEAI/BPMプラットフォーム「Vitria BusinessWare」を導入したと発表した(2004/12/2)

Yahoo!BB会員情報?900件が外部から持ち込み
(2004/11/30)

モバイルポイント、ローミング先にYahoo! BBモバイルを追加
日本テレコムが提供する無線LAN接続サービス「モバイルポイント」は、ローミング先にYahoo! BBモバイルを11月18日に追加する。(2004/11/17)

「ADSLビジネスモデルは確立」 ソフトバンク、赤字大幅圧縮
最終赤字は713億円縮小。9月単月では営業黒字を達成した。「おとくライン」や「Yahoo!BB 光」でもADSL型のユーザー獲得戦略を採り、売り上げを拡大する目論見だ。(2004/11/10)

ハドソンのMMORPG、Yahoo!BB限定配信
ハドソンとBBサーブが共同開発したMMORPGのオープンβテストがスタートする。無料テスト時はISPに関わらず利用できるが、有料化後はYahoo!BB会員限定配信となる。(2004/10/21)

「Yahoo!BB 光」などFTTHサービス、導入のネックは利用料金
C-NEWSの調査によれば、FTTHサービス「Yahoo!BB 光」に関心を持つ人は少なくないが、利用料金が高いこともあり、実際の利用意向は低いようだ。(2004/10/14)

地上アナログ放送をPCにワイヤレス伝送――「Yahoo!BB 光」専用サービス
TV放送をWebブラウザで視聴できる「無線TVパック」を提供。孫社長は「光ファイバーでTVを変える」と意気込む。(2004/10/4)

「Yahoo!BB 光」スタートへ 1Gbpsを共有
ソフトバンクBBがFTTHサービスへの参入を正式発表。10月5日から受け付けを開始する。最大1Gbpsのアクセスラインを最大32ユーザーで共有する仕組みで、既存サービスに比べ高品質で安定しているという。(2004/10/4)

おとくライン専用「Yahoo!BB 8M」登場
NTT回線を使った場合よりも84円安くなる。(2004/10/1)

Yahoo! BB、レンタル提供している一部のADSLモデムの所有権を関連会社に譲渡
ソフトバンクBBは、Yahoo! BBでレンタル提供しているADSLモデムや無線LANカードなどの機器の所有権をBB Modem Rental PLCに譲渡すると発表した。BB Modem Rental PLCは、ソフトバンクBBが設立した会社。(2004/9/22)

コーエーとソフトバンクグループ、「真・三國無双BB(仮称)」で提携。Yahoo! BB独占提供など
コーエーとソフトバンクBB、ビー・ビー・サーブは、多人数オンラインアクションゲーム「真・三國無双BB(仮称)」の開発・提供に関する業務提携をおこなった。発売およびサービス開始予定は2006年春。(2004/9/13)

JTB、ビジネスホテルへYahoo!BBモバイル導入を推進
ヤフーとソフトバンクBBのソフトバンク・グループ2社は、大手旅行代理店JTBと共同で、公衆無線LAN「Yahoo! BBモバイル」を全国ビジネスホテルへ拡充して行くと発表した。(2004/9/13)

Yahoo!BBお助けツールでユーザー満足度を向上
ユーザーの満足度を高めながらコールセンター費用も削減できるという新ソフトを導入する。(2004/9/9)

「総務省に意見を」ソフトバンク、ユーザーに異例の呼びかけ
ソフトバンクが、携帯事業の早期参入に向けさまざまな手段を講じている。9月4日には、Yahoo!BBユーザーおよびODNユーザーに「総務省へ意見を表明するよう」求める異例のメールを配信した。(2004/9/4)

Yahoo! BB、ソフトがストリーミングで利用できる「BBソフト」を開始
ソフトバンクBBは、Yahoo! BBの会員を対象にソフトウェアの配信サービス「BBソフト」を開始した。ダウンロードではなくストリーミングで配信するという形を採用しているのが特徴だ。(2004/9/1)

インターネットユーザーの4分の1が自宅でIP電話を利用
ネットアンドセキュリティ総研のレポートによると、インターネットユーザーの26.9%が自宅でIP電話を利用しており、自宅利用におけるIP電話事業者のシェア1位は「Yahoo!BB」であることがわかった。(2004/8/26)

Yahoo! BBを迎え撃つ、CATV事業者の地域密着戦略とは?
CATVを解約し、FTTHやYahoo! BBに乗り換えるユーザーが増えている。今回は、ここに来て特に強さを発揮しているYahoo! BBへの乗り換えの「理由」と、迎え撃つCATV側が採るべき「対応策」について検討してみることにしよう。(2004/8/12)

Yahoo! BB、8/12から順次45Mサービスを下り50Mbps/上り3Mbpsに増速
Yahoo! BBは、「Yahoo! BB 45M」の通信速度を8月12日から順次、下り50Mbps/上り3Mbpsに増速する。(2004/8/11)

Yahoo! BB、「続々投入」する新サービスをカンフル剤に
Yahoo!BBは回線増加数で伸び悩んでいるが、孫社長は「近い将来、続々と発表予定の新サービス」によって「ユーザー数は大幅に伸びる可能性がある」と語る。(2004/8/11)

Yahoo! BBの月間増数は7.3万回線に。7月末現在の進捗状況
ソフトバンクBBは、Yahoo! BBにおける7月末の進捗状況を発表した。これによると、前月比7.3万契約増の435.5万契約になった。(2004/8/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。