ニュース
» 2010年02月24日 17時19分 UPDATE

Twitter上で日本語は2番目に多い言語

Twitterでは英語のつぶやきが最も多く、次いで日本語のつぶやきが多いという調査結果を仏Semiocastが発表した。

[ITmedia]
photo Twitterで使用されている言語

 フランスでリアルタイムWebのデータ抽出・研究に取り組む仏Semiocastの調査によると、Twitterで最も使われている言語は英語、次いで日本語だった。

 2月8〜10日のあいだに投稿された280万のつぶやきを、41言語を識別できる同社のツールで分析した。

 最も使われていたのは英語で50%。Twitterが英語圏で浸透していること、母語でなくても英語でつぶやく人が多いためだというが、英語のつぶやきが全体の約6割を占めていた昨年上期に比べ、割合は減少した。

 2位は14%の日本語で、「Twitterの国際発展の第一ステップは日本だったと証明した」としている。

 3位以降には、ポルトガル語(9%)、マレー語(6%)、スペイン語(4%)が入った。ポルトガル語はソーシャルネットワーキングがブラジルで成功しているため、マレー語はマレーシアとインドネシアの携帯電話会社がTwitterと提携したため、スペイン語は世界で話者が多いことから上位に入ったとしている。

関連キーワード

Twitter


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -